4 ✿ ハゲふたり

エピソード文字数 2,403文字

大人の部の決着がついた。


次は、いよいよ子どもの部だ。

いよいよだわ

崖の上に設けられた観客席からは、合戦フィールドを遠くまで見渡せる。


合戦開始まで、選手の子どもたちはもちろん、大人もフィールドへ立ち入り禁止だ。


フィールドの境界線には「黄色黒文字立入禁止テープ」が張られている。

子どもたちは準備運動をしたり、最後の作戦会議を開いたりしている。
さて。最終チェックや

武器はどれも受付で検査をしたので、安全性はOKだ。


他に心配なのは、合戦フィールドに設置した、落とし穴やワナだ。

いくつ、仕掛けが残っているかな?
発は、端末に表示した【MAP】と、実際のフィールドを見て、心配そうにつぶやく。

「MAP」を開くと、からくりワナの数・位置が表示される。


鋼が、表示をカスタマイズしてくれたのだ。

いくつ残っているかは分からんけど…。


それより、自分たちのワナやからくりの扱いを、十分に注意すること。


からくりモードを使う時は、必ず連絡を取り合って「1人」が操作


たとえば「仕掛け役」がね。2人が同時に操作して、バグが起こったりせんように。

状況により1人で「攻撃」も「仕掛け」もしなきゃいけない時もあるよね…

そうやね。その時は1人でやらんといかん。


でも蝉籠流は「グループ」を組むことが前提の忍道や。

「おとり」は「おとり」に、「攻撃」は「攻撃」に任せる。


仲間がいる限り、お互いに助け合い、与えられた「役」に徹することが重要や

りょーかい! チームワークが大事!

あっ、それから。


万が一、俺や発の端末が奪われて、なりすまされた時には、必ずブロックをしてね。


大将の萌栄ちゃんの端末には「ブロックのボタン」を追加したやろ?

うん! これよね?

なりすまされた、と分かったら、すぐにブロックや


萌栄ちゃんが「ブロック」を押せば、通信が遮断されるのはもちろん、奪われた端末は「操作」ができなくなる。


ブロックされたら他のメンバーと通信がとれなくなり「メンバーの位置情報」や「からくりの場所」がのってる地図も見られない。コントロールモードも使えない。


ブロックは、最後まで生き残らなければならない、大将の萌栄ちゃんだけができる操作や。

「大将」が最後まで生き残ったチーム籠目になる。これが「合戦」のルールだ。


副将、三将の端末が奪われても、大将の端末通信傍受妨害を受けず、最後まで安全に使えれば良い。


逆を言うと、副将と三将に、この「ブロック機能」がついていると、ややこしいことになる。

生き残れたとしても、試合中、私の端末を奪われたりしたら大変ね。気をつけなくちゃ。


…ん? なんだか観客席の方から…

騒がしい声が聞こえる。

萌栄ちゃ――ん!! 雲水おじいちゃんが、応援に来たよー!!
萌栄ちゃ―――ん!! 海斗おじいちゃんだよー!!

雲水だけでなく、となり村に住むもう1人の祖父・日高海斗も応援にかけつけてくれたのだ。

萌栄ちゃん、がんばれ! ファイトじゃ――――!!
そげん、しわがれ声じゃ届かんが

おまえん声も、しわっしわやが。


大丈夫やからね、萌栄ちゃん! 


わしの優秀な遺伝子がついとるからな、大船に乗ったつもりで行くんじゃ

萌栄ちゃんを泥舟に乗せてたまるか。


わしん遺伝子の方が気高い。そこをどけい

なんじゃとぉ――!? このハゲ
ハゲって言った方がハゲー
(どっちも、つるぴかじゃないの…)
もぉ、お父さん、子どもっぽいマネはやめて。はずかしいじゃない
まぁまぁ、二人とも。そのくらいでやめましょう。
地平、止めるな! 今日こそ、枯れ木ジジィに引導をくれてやるんじゃ!
だから、やめろって! わあ!? ひっかくな、ひっかくな!
兄ちゃん、1人じゃ無理だ! このじいさんたちは暴れ出したら、止まらん!

祖父たちは、観客席をぴょんぴょんとカエルのように跳び回り、手裏剣を打ち合う。

やっぱり、あの二人すっげー!! 今の手裏剣さばき、かっけぇ! 

おおっ、やりよる、やりよる。いつのものやな!

子どもも大人も観戦にまわり、あっという間に人だかりができていた。
超はずかしぃ

わかります、もえさん。


ぼくもはじめは、たにんのふりをしていました。

イトコの日高(そら)が、萌栄の横に立っていた。となりには彼の母・明理(あかり)もいる。

(そら)くん! 明理(あかり)さん! 応援に来てくれたの!?

はい! もえさんのデビューせんとききましたので。

がんばってね、萌栄ちゃん!

はい! がんばります!応援よろしくお願いします

選手の皆さんは、合戦フィールドへご入場ください。


観戦される皆さんは、手裏剣、クナイを仕舞い、着席を願います。

宙と明理は、観戦席へ移動した。


萌栄は、鋼、発といっしょに、合戦フィールドへ入場した。

がんばれ――!!
旭チーム、ファイト―――!!
気合い入れて、いけ―――!!
たくさんの声援が、観客席からかけられる。
なんだか嬉しいな、無限大の勇気がわいてくる

そうやね。


天気も晴れ、コンディション全員問題ナシ。忍戦日和や!

めざすは、籠目!! ファイトッ、オォ――!!

萌栄が空に拳をかかげると、鋼と発もそれにならった。

選手の皆さんは、フィールド中央にお集まりください。

森のあちこちにつけられたスピーカーから、アナウンスが流れた。


48人の子どもたちは、チーム同士微妙な(あいだ)を開けて、フィールド中央に集まった。


どの子もイヤフォンや、小型のマイク、カチューシャ形のヘッドセットをつけている。


腕の端末以外は、各チームで使いやすいものをカスタマイズしているようだ。

ひと通り、チームのご紹介をします

クジの順番で紹介が始まる。


紹介が終わると、選手達は「よろしくお願いします!!」と声をそろえ、互いに礼をした。

カウントを開始します。10、9、8…

萌栄は目を閉じ、森の音や、子ども達のざわめきに耳をすませる。


意識を集中させ、深呼吸をした。

3…2…1… 合戦開始!!
パァン!! と一発の花火が上がった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色