148

エピソード文字数 984文字

 多恵は目を丸くし、特攻服を見上げた。
 黒い生地は色褪せてはいたが、背中の刺繍は色鮮やかなままだった。

「紅殿……それは南蛮のお召しものですか……?」

「これは特攻服だ。俺の勲章」

「……勲章?でございますか?」

 あたしは着物を脱ぎ捨て、ズボンに足を通し特攻服を羽織る。黒い服の背中には、色鮮やかな赤い牡丹の花に戯れる黒い蝶と紫色の蝶が刺繍され、赤い文字で黒紅連合と書かれていた。

 特攻服のポケットには黒い口紅と携帯電話。千円札が数枚。

「それは何でございますか?」

「これは携帯電話だよ。未来の通信機器だ。この時代には使えないが、これさえあれば何処にいても話ができ、写真も動画も撮れる。インターネットで世界中の人と繋がることも出来る」

「……未来?通信機器?インターネットとな?わたくしにはさっぱりわかりませぬ」

「この国の未来だ。2016年、日本は(いくさ)のない平和な世になっている」

「……はて、2016年とな?戦のない平和な世とは、紅殿、ご冗談を。今は1582年天正10年でございますよ」

「多恵、よく聞くがよい。於濃の方様は帰蝶様ではない。於濃の方様は帰蝶様の身代わりなのだ」

 多恵はコロコロと笑い転げた。

「何を仰有います。わたくしはご幼少の頃より帰蝶様にお仕えしております。身代わりだなんて、そのようなおふざけを。このわたくしが見間違うわけがございませぬ」

「それほどまでに似ているのか。斎藤道三が謀るはずだな。上様に輿石れした帰蝶の本当の名は美濃。俺の実の姉だ。俺と於濃の方様は姉妹だったんだよ」

「な、なんと。紅殿と帰蝶様が姉妹!?」

「多恵、於濃の方様の行方を問われても、知らぬ存ぜぬで押し通すがよい。於濃の方様はもうここには戻らぬであろう。明智光秀殿と添い遂げられるはずだ」

「……光秀殿と」

 ――美濃、そうだよね。
 美濃は、その覚悟で安土城から飛び立った。

 蝶が夜空に羽ばたくように……
 愛する人のもとへ……。

「紅殿、わたくしにはさっぱりわかりませぬ。狐につままれているようじゃ」

「そうだな。到底理解なんて出来ないよな。多恵、俺は上様と必ずここに戻ってくる。待っておるがよい」

「はい」

「その携帯電話は多恵にあげるよ」

「それはそれは、有難き幸せ。我が家宝に致します」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み