第五十一幕!凱旋、そして始まり

文字数 11,735文字

寒い冬は、まだ折り返しにすら差し掛かっていない。道東で熾烈な戦争が繰り広げられる中で、札幌も徐々にその影響を受け始めた。約200万人近い市民は、年越しを楽しみながらもいつAIMが攻めてくるのか心の奥で不安に思う日々が続いている。
道庁には、青森、仙台から駆けつけた約10万の官軍将校が駐屯している。数日後には旭川へ出兵して、戦争をしなければならない。呑気に年末を楽しめない彼らは常にピリピリした雰囲気を醸し出していた。だが、北海道知事の京本宗男の執務室は、そんなものとは比べ物にならないくらい緊張感で溢れかえっていた。
道東での敗戦の報に苛立ちを隠せない京本。その異様な雰囲気に、その場にいる将軍たちは息を潜めていた。
そんな彼の前に土方が進みでる。


「知事。今回の敗戦は、松前大坊の私欲にまみれたやり方による失態。決して官軍が弱いから負けたわけではございません。」



京本は、指で机をコツコツ叩いている。普段は自身に溢れている彼が、ここまで焦りをあらわにしているのは珍しい。


「帯広に網走、紋別までが攻略されたとなると、いつまでも冷静ではいられん。」


「安心してください。私も、そして美咲も健在です。必ずやAIMを討伐いたします。」


「お前たちは頼みの綱だ。なんとしてもAIMを押さえ込んで欲しい。」


「お任せください。」


京本は、少し間をおいて冷静を保つ。それからメールをチェックしつつ話を続けた。


「次の作戦だが。美咲とうまいこと連携を組んでやってもらう。」


「その策はいかなるものでしょうか?」


「諸葛真を消す策だ。奴がいなければAIMなど敵ではない。」


土方は目を見開いた。


「なるほど。美咲を使って内側からAIMを崩壊させる作戦ですか。」


「そうだ。だが、AIMも猿の群れではない。考える隙を与えれば、すぐに我らの策に気づくことだろう。そこでお前には、奇抜な策で奴らを翻弄して欲しい。」


「かしこまりました。AIMを愕然させるような策で、美咲の策を使う間も無く帯広を落としてみせましょう。」


「その息だ。頼んだぞ、札幌三将軍筆頭よ。」


話を終えると、土方は他の将軍を引き連れて外へ出た。雪がしんしんと振り続けている。
AIMを滅ぼさねば、日本の秩序が完全に崩れ去るだろう。土方はそう考えていた。それ故に負けられない戦が始まるのだ。
この雪が桜に変わる時、花を見ながら酒を飲んでいられるのは一体どちらになるのか。土方は、新しい時代の訪れをうっすらと感じながらも、秩序を守るための戦争に身を投じていくのだった。





美幌町。あの日から2週間の時が流れた。
俺たち革命団は、道東の果てにあるこの街で療養生活を送っていたが、本日ようやく帯広へ帰ることになった。
俺は支度を整えて部屋を出る。見慣れたトイレや階段の横を通り、病院の入り口のベンチに差し掛かった。すると、灯恵がベンチに座ってコーラを飲んでいる。
俺が声をかけると、彼女はコーラを置いた。


「また始まるんだな。」


「ああ。身体は大丈夫か?」


彼女は脇腹をさする。


「まだ脇腹に違和感があるよ。」


それもそうだろう。 腹を牛刀で貫かれたのだ。傷が癒えてもあの感覚は忘れられない。


「思い出して辛いよな。」


彼女は、相変わらず尖っている。


「別に。こんなことでへこたれてたら何もできないだろ。」


無茶して言っているのかと思ったが、彼女の顔は清々していた。
俺は、当時の状況が気になった。


「その時のこと、聞いても大丈夫か?」


「おう。私も話そうと思ってたとこだった。」


それから彼女は、当時の話を鮮明に語ってくれた。甚平のこと、銀髪の女のこと、その女が言っていたメンターと黒の系譜という単語のこと。


「甚平とは、俺も遭遇した。奴の狙いは俺だったようだ。」


彼女は、興味深そうにこちらを見る。


「なんで蒼を狙うんだ?」


俺は首を横に振る。


「わからん。だがどうやら、裏で糸を引いているのはリンと教団だ。」


彼女の顔が曇る。


「あいつらは、私たちの動向を常に監視しているということか。」


「教団は日本政府を牛耳っている。反社会勢力の俺たちを狙うことは必然なのかもしれない。」


「なんかめんどくせえな。」


彼女は、自分らに執着してくるクズどもにうんざりしているようだ。
病院の外を眺めると、長閑な田舎町が広がっている。しかし、甚平や教団のことが頭をよぎると、この風景ですら気味が悪く感じてしまう。


「だが、もう少しの辛抱だ。 樺太に渡ってしまえば、あいつらも追っては来ないだろう。」


彼女は、深呼吸をした。


「いつになることやらって感じだけどな。」


そうは言いながらも、彼女の横顔は凛としている。 きっと心の中では、早く樺太へ行こうぜと前向きなのだろう。
それから話を戻す。


「そんで一番気になったのが銀髪の女だ。顔は覚えているのか?」


彼女は、首を振った。


「甚平に刺されてから意識がまともじゃなかった。だからハッキリ覚えていないんだ。 でもシルエットは長身の細身、銀髪のミディアムショートだったような気がする。」


心当たりがないわけではない。だが、おそらく別人だろう。


「甚平と対等にやりあうとは、相当の腕利きなんだな。」


「そうかもな。でも、あの鬼畜に1人で挑んでいく女ってカッコ良いよね。」


彼女の目が、若干生き生きしている。


「ああ。是非とも青の革命団に入団してもらいたいよ。」


「蒼は、メンターとか黒の系譜ってなんのことかわかるのか?」


「知らない。ただ、リンも甚平も、俺を黒の系譜だと言った。何かの隠語なのだろうか...。」


「これはあくまでも推測なんだけど、黒の系譜とメンターは対になる存在なのかな。」


「どうしてそう思った?」


「うーん、なんていうかさ、勘だよ。」


「その勘。案外的を射ているかもしれないな。」


彼女は首を傾げている。


「謎の女が灯恵を助けたのは偶然だ。甚平を追っていたところ、たまたまその場面に出くわした。そう考えたら、黒の系譜とメンターが対立関係にある存在だと言えるだろ。」


「まあ確かにな。ただどちらにせよ、会って感謝の気持ち伝えたい。」


銀髪の女。そいつに会えば、黒の系譜と俺の関係、そしてリンのことが何かわかるかもしれない。今まで以上に周囲に目を光らせる必要がありそうだ。





話が丁度良く切れた時、革命団のメンバーが続々と集結した。
紗宙もカネスケも結夏もサクも典一も、この戦いで各々が深い傷を負った。本来なら、肉体的にも精神的にもまだ療養が必要なのだろう。しかし、そんなことを感じさせないくらい、いつもの5人に戻っていた。
カネスケのテンションが妙に高い。


「おい聞いたか!帯広に戻ったら盛大な慰労会が開かれるらしいぞ! 」


結夏は、カネスケの元気な声が久々に聞けて嬉しそうだ。


「そうやって調子に乗って、傷口が開いても知らないんだから。」


カネスケは笑った。


「大丈夫大丈夫!このくらいの方が、早く元気になるさ!」


すると灯恵が鋭くツッコム。


「二日酔いで足引きずんなよ!」


「うっせーよチビ。中学生はオレンジジューチュでも飲んでなしゃい。」


「うっざ!」


相変わらず騒がしい。でも、俺はこの3人の乗りが好きだった。
すると、サクが灯恵の肩を叩いた。


「灯恵!俺は約束忘れてないぞ!」


彼女は、とぼけた顔をした。


「ん、なんのことだっけ?」


「え、ちょっと。マジか...。」


すると、灯恵はニヤっと笑う。


「手料理、楽しみ!!」


それを聞いたサクの顔は、安堵感で溢れかえっていた。


「くっそー驚かせやがって!絶対に美味いもん食わせてギャフンと言わせてやるよ!」


灯恵は、サクの反応をみて笑いを堪えている。
紗宙と典一は、俺の隣で4人のやり取りを微笑ましく眺めている。
俺は紗宙に言う。


「ここまで本当にありがとな。」


「言われなくてもって感じ。まだこれからなんでしょ?」


「ああ。こっからが勝負の時だ。」


「じゃあ、まずは慰労会を楽しんで活力つけないとね!」


なんだかんだで、彼女は慰労会が楽しみなようだ。
典一も負けてはいない。


「リーダー。早く美味いもん食いたいっすね!」


どうやら今の彼の頭は、慰労会のことしかないようだ。
そんな仲間たちに俺は声をかける。


「よし、そうと決まれば一刻も早く帯広へ帰ろう!」


6人は、今日一番の清々しい返事を発した。





青の革命団および美幌に残っていたAIMの部隊が帯広へ凱旋した。すると、AIMだけではなく、多くの民衆から大歓声で迎えられた。
俺が一番驚いたことは、一般市民たちが俺たち革命団メンバーの名前をそれぞれ覚えてくれたことだ。まるで英雄になった気分である。
それから、意気揚々とAIM司令部へと帰着。真っ先に出迎えてくれたのは、やはりこの3人だった。先生と龍二とイソンノアシである。
先生は、真っ先に声をかけてくれる。


「リーダー、おかえりをお待ちしておりました。」


「心配かけたな。」


「だいぶ痩せましたか?」


「病院では、まともに飯が食えなかったからな。」


すると龍二が、らしくないウキウキした顔をしている。


「今夜は死ぬほど食べてやろうぜ。」


「言われなくとも食べてやるぞ。」


みんな戦いにだいぶ疲れているようだ。
それを察した先生は言う。


「戦いの話は明日にしましょうか。」


「悪いな。けどこうしている間にも官軍は動いている。俺は戦いの話も聞くからな。」


「また少し成長しましたね。」


「先生にそう言われると認められたようで嬉しい。」


「私は最初から認めてますよ。リーダーなら成し遂げられると。」


それを聞いて、先生とここまでこれたことを本当に嬉しく思えた。
だが、俺たちがこんな話で盛り上がっている傍で、サクは俯いていた。それはイソンノアシも一緒だ。
俺は、先生に話して、そっとその場を退いた。





蒼たちがいなくなってから、サクとイソンノアシだけがその場に残った。
サクは中々喋り出すことができない。自分の勝手な行いが軍に多大な迷惑をかけたから、本来であれば厳罰に処される存在である。それなのに、のうのうと療養生活を送っていたわけだ。情けないとしか言いようがない。
そんな顔向けすらできないサクに、イソンノアシが声をかけた。


「無事で良かった。」


サクは頭が上がらない。


「本当に申し訳ございませんでした。」


イソンノアシは静かに言い放つ。


「この、バカ息子が...。心配かけさせおって...。」


サクは、だんまりしている。
彼の目は真っ赤に染まっていた。


「親父。俺、どんな罰でも受ける覚悟できてる。」


「お前に与える罰などない。」


「しかし俺は、軍規に反した男。最悪死刑になってもおかしくはない。」


「確かにやった罪は重い。だがそれ以上に、お前は大切なことをした。」


サクは考えていた。
するとイソンノアシは答えを出した。


「恋白と灯恵を救ったではないか。」


サクは耳を疑った。


「どうしてそれを...。」


「灯恵から聞いたのだ。私がここへ戻ってくる道中に美幌へ寄った時、彼女は重い腰を起こして陣までやってきた。そしてことの経緯を話してから、お前への感謝の気持ちを伝えてきたのだ。」


サクは恥ずかしそうにしている。


「流石はワシの息子。アイヌの首領を継ぐ男だ。」


「しかし、アヘノワシを筆頭に多くの部下を犠牲にしてしまった。この罪はどう罰すれば良いのですか。」


「アヘノワシの遺書が見つかった。あいつも、お前が罰せられることを望んではおらんかった。だからその罪も不問とする。」


「しかしそれでは筋が通りません。」


そんなサクにイソンノアシは言う。


「しいて与えるのであれば、死んだAIMの戦士達の思いを背負って、必ず官軍を降伏させること。これがお前への罰だ。」


イソンノアシは、何も言わずにサクを抱きしめた。サクは流れ出た涙が止まりそうにもなかった。


「ありがとう親父。必ずや北海道とアイヌを平和へ導くから。」


イソンノアシは嬉しそうに頷いた。





数時間後の帯広AIM司令部の広場。ここで凱旋の慰労パーティーが開かれた。参加人数は3000人程。主に幹部を中心に戦いで活躍した人たち、 それから自ら志願して参加した人々が集まっていた。
俺はその一角の卓に座る。そこには紗宙と灯恵も座っている。
俺たちがたわいもない会話をしていると、サクが料理の乗ったトレンチを持ってこちらへ来た。
そしてテーブルにそれらを並べた。


「待たせたな。是非味わって食べてくれ。」


目の前には、見たこともない料理が広がっていた。
灯恵がサクに聞いた。


「なんて言う料理なんだ?」


サクは、ドヤ顔をして答える。


「その汁物はオハウ。その肉はユクって言って、エゾシカの肉だよ。」


灯恵は、半分興味なさそうだ。


「へー、めちゃくちゃ美味しそう。」


「こんなのもあるぞ。」


彼は、トレンチからまた違う料理を出してきた。
すると今度は、紗宙の目がキラキラしている。


「わー、北海道と言えばお刺身だよね。」


「こいつはルイベ。北海道の郷土料理だ。」


灯恵と紗宙は、早く食べたそうである。


「新鮮なうちに食べとくれ。」


サクがそう言うと、2人は満足そうに料理を食べていた。彼は、そんな光景を嬉しそうに見ていた。
そんなサクに俺は言う。


「色々あったけど、これからもよろしくな。」


サクはこちらを向くと、当たり前のように言う。


「おう。俺たちで力合わせて、絶対に戦争終わらせよう。」


俺は、ビールを手に取った。


「大丈夫なら、一緒に酒飲もうぜ。」


「良いぞ。せっかくだし、アイヌのお酒で乾杯すっか。」


するとサクは、部下に頼んでお酒を持ってこさせた。部下は急ぎ、貯蔵庫から一升瓶に入った酒を持ってくる。


「これはなんと言う酒なんだ?」


「カムイトノト。アイヌの伝統酒だ。」


「聞いたことがないな。」


「超美味しいぞ。とりあえず乾杯しよ。」


そして2人で盃をかわそうとした。
その時、隣から待ったの声が聞こえてきた。その主は、もちろん紗宙である。


「私も混ぜてよ。3人で和解しなくちゃ意味がないでしょ。」


確かにそうかもしれない。あの確執には、少なからず彼女が関わっていた。
俺は、念のためにサクへ確認する。


「3人で乾杯しても良いか?」


サクは気前よく答える。


「当たり前だろ。俺たち仲間なんだからさ。」


それを聞いて、紗宙は笑顔になった。こうして3人は改めて和解、お互いの身の上話や今後の話なんかで盛り上がった。





俺達が酒を酌み交わしていると、灯恵の元に恋白がやって来た。


「お姉ちゃん遊ぼ!!」


「こはきゅー!良いよ!」


どうやら灯恵は、恋白のことを実の妹のように可愛がっているらしい。
そんな彼女らを見ていて俺は思う。
結夏と灯恵、灯恵と恋白。血は繋がっていなくても、本当の家族になれるのだなと。
2人がほのぼのとした会話をしていると、向こうから1人の男がやって来る。


「恋白、恋白なのか?????」


恋白は、その男の方を見ると喋るのを辞めた。
そして一呼吸置くと言った。


「パパ...、パパ...なの?」


その男はしゃがみこんで恋白と目線を合わせる。そして、彼女の肩に手を置いた。


「そうだよ...パパだよ。ずっとお家に帰れなくてごめんね...。」


灯恵や周りの人間は、状況が掴めない。
恋白は急に泣き出してしまう。


「パパ、パパ..............。」


その男は、彼女を抱きしめた。


「寂しかったよな。ごめん、ごめんな...。」


恋白は、大泣きしている。近くに居た大人達は、一時は騒然としていた。
彼女は、ある程度落ち着きを取り戻すしてから、その男に尋ねる。


「パパ。ママはもうお星様になっちゃったの?」


その男は、言葉を振り絞るように答えた。


「うん...。そうかもしれないな。」


それを聞くと、彼女がまた泣きそうになる。
男は、彼女の背中を優しくさする。


「でも、ママはずっと恋白のことを見守っていてくれるはずだよ。パパも頑張るから。」


すると恋白は、その男の顔を見つめる。そして、強く頷いた。
それから、灯恵がタイミングよく声をかけた。


「恋白のお父さん??」


恋白は、ドヤ顔をする。


「うん、私のパパ!かっこいいでしょ!」


その男は、恋白に聞く。


「この人は??」


「ともえお姉ちゃん。よく遊んでくれるんだ。」


灯恵という名前を聞いた時、その男の目が輝いた。


「あなたが灯恵さんですか。噂は聞いてます。」


彼曰く、灯恵が子供を守りながら雪山を命がけで逃亡した話は、道東地域で伝説となっているようだ。
恋白は、その男に自慢げに語る。


「私のこと、ずっとまもってくれたの!」


すると男は、また涙を流し、それをハンカチで拭う。


「あなたは、娘の命の恩人です。私は間宮麟太郎と申します。このご恩、一生忘れません。」


灯恵は、照れ臭そうな顔をしている。


「そんな、当たり前のことをしただけですって。恋白とお父さんが再会できたってだけで私は幸せです。」


「本当にいくら感謝しても足りないくらいです。」


「あと私だけじゃなくて、恋白を街から救い出したのは、そこにいるサクです。」


灯恵は、サクを指差す。指をさされたサクは、既に酔いが回り始めていた。


「当たり前のことしただけですよ。」


「サク様。本当にありがとうございます。」


サクは、気が大きくなっているのか。だいぶ上機嫌のようだった。


「もしよければ、私も何か恩返しがしたいのですが。」


「とは言ってもなー。」


その時、俺はすかさず間宮に言う。


「恋白と一緒に居てあげることが恩返しだろ。」


間宮は答えた。


「ええ、もちろん承知しております。しかし、あなた方が身を削って助け出してくれたこともまた事実。どんなことでも構わないから恩返しがしたいのです。」


すると恋白が言う。


「ねえパパ。私、ともえお姉ちゃんともっと一緒にいたいよ。」


間宮は恋白の頭を撫でた。


「そうか、わかったよ。ちょっと待っててね。」


彼は、俺たちへ向き直る。


「娘もこう言っていますし、共に行動させてください。」


俺は、彼を睨みつける。しかし彼は、一切動じずに真剣な目つきでこちらを見ている。


「わかった。得意分野はなんだ??」


間宮は、唐突な質問に対して冷静に答える。


「元は銀行で勤務していたので、経済に関しては詳しいです。それから、管理職でもあったので、マネジメントなんかも経験はあります。」


「そうか。ならば革命団に入らないか?」


唐突なスカウトに、隣で聞いていた紗宙は驚いていた。間宮が動揺していると、灯恵が俺のことを紹介する。


「その人は北生蒼。簡単に言えば、私の直属の上司だな。」


「そうだったんですね。蒼殿、私などでよければ是非お力添えさせてください。」


「わかった。間宮、それに恋白、よろしく頼むぞ。」


それを聞いた間宮と恋白は、顔を見合わせて嬉しそうにしていた。
そして何より、灯恵が一番嬉しそうであった。





灯恵は恋白に連れられて何処かへ行ってしまった。紗宙とサクも別の卓へと移動。俺は、間宮から経済の話を聞かせてもらっていた。
30分ほどたった頃だろうか、典一と知らない大男が一緒にこちらへやってきた。
それを見て、間宮は手を振った。


「おお、長治さん!お久しぶりです!」


「麟太郎。獄中以来だな。」


どうやら間宮が2年間も恋白の元へ帰れなかったのは、網走監獄に囚われていたからのようだ。そして、この長治という男と間宮は、獄中で知り合った友人同士だそうだ。
典一が嫌そうに話す。


「こいつ、リーダーに合わせろってうるさいから手合わせしたんすけど、相当な腕利きですよ。」


俺は、長治を睨みつける。


「お前は何者だ?」


「許原長治(ゆるしばら ちょうじ)。元力士です。獄中であなたの活躍やお話を聞いて興味を持ちました。」


「だからどうした。お前の目的はなんだ。」


いつの間にか拳銃を彼の頭に突きつけていた。どうやら甚平の時の恐怖が脳に刻まれていて、知らない人間に対しての警戒心が異常に強くなっていた。
間宮や周囲の人間が騒ぎ出そうとしている。


「噂通り。容赦を知らないお方ですな。」


「撃ち殺すぞ。」


間宮が止めようとする。すると長治は言う。


「そういうお方でなければ、今の閉塞的かつ陰湿な日本国を変えられません。私をあなたの下で働かせてください。」


それからゆっくりと膝を折って土下座をした。
俺は、その潔い姿に感心して、長治へ言い渡す。


「典一が言うのだから、腕っ節だけは信用できそうだ。」


「ありがとうございます。命を捨ててでも革命団のために頑張ります。」


こうして、長治も革命団の一因となった。これでメンバーは、12人に増えたのだった。





慰労会はそうとう長くなりそうだ。一次会が終わっても、みんなその場に残って談笑を続けていた。
灯恵は、恋白と間宮が先に宿舎へと帰ると、新しい飲み物を取りに行こうと会場を出る。するとたまたま雪愛と遭遇。
灯恵は、彼女の髪を見てドキッとした。彼女の髪は銀髪である。それに背も高い。
顔を凝視する灯恵に対して、雪愛は困惑する。


「どうした?」


「あ、いやなんでもないけど。」


「気になるやん。」


「あのさ、ちょっといいかな?」


雪愛は、彼女の急な呼び出しにそそくさとついていく。そして、2人は廊下のベンチに腰をかけた。


「本当のこと聞きたいんだ。」


雪愛は笑った。


「勿体ぶんなさ。」


灯恵は若干緊張している。


「私が北見から逃亡した時、森で殺されそうになった話は知ってるよな?」


「うん、知ってる。」


「その時、銀髪の女性に助けてもらったんだけど、あれは雪愛なのか?」


すると雪愛は、また笑って答える。


「なわけあるかいな。私はその時、網走にいたから別人だと思うさ。」


「そ、そっか。私の知り合いで銀髪は雪愛しかいないから、まさかと思ってさ。」


「ははははは、だったらカッコいいね。私もその人みたいになりたいな。」


彼女は、なんの後ろめたさもない顔をしていた。それを見た灯恵は、なぜか安心した。
銀髪のスナイパーに感謝の気持ちを伝えたい気持ちはあるが、メンターだとか黒の系譜だとか、少し危ない雰囲気も漂っていた。実際に身近にいたら、ちょっと怖いと思ったのもまた事実であった。
そんな安堵する彼女に、雪愛は言う。


「その人もそうだけど、私も灯恵ちゃんみたいに強くならないとな。」


灯恵は、素っ気なく返す。


「雪愛は充分強いだろ。」


雪愛は首を振った。


「そんなことないよ。だって私、あんなにボロボロの状態で、子供背負って雪山走りきる自信ないもんね。」


「自分でも、よく走りきれたなって今でも思うわ。」


雪愛はベンチを立つ。


「おっと、早く行かないとお酒なくなっちゃうわ。」


「なんか呼び出して悪かったな。」


「全然。久しぶりに話せて良かったよ。また誘ってね。」


それから彼女は、そそくさと中庭へと戻っていった。
雪愛じゃなければ一体誰だというのか。灯恵の中で、渦巻いていた疑問が解決することはまだなかった。





雪愛が席に戻ると、紗宙がやってきた。
彼女は酒に強いのか、あんまり酔っているようには見えなかった。


「隣、いいかな?」


雪愛は、紗宙と目が合うと顔が生き生きしていた。


「紗宙ー!話したかったさ!」


「私もー!!最近どうなの?」


「何が?」


「近況。そのまんまだよ。ここのところ会ってなかったから。」


「まあまあかな〜。戦争に参戦して、射撃の精度は上がったかも。」


「えーまた上がったんだ。凄いね。」


「紗宙こそどうなの?」


「病院のベットでずっと寝てたよ。」


「あ、病院居たんだったね。退屈だったでしょ?」


「まあね。でもおかげで、雪愛が送ってくれた本を読破できた。」


雪愛は目を見開いた。


「お、マジか。どうだった??」


「面白すぎて半日で読み終えちゃった。3度見くらいしたよ。」


雪愛は照れ臭そうにしている。


「嬉しすぎるんですけど。」


「今度は、私がプレゼントするから。」


「えーめっちゃ楽しみだなー。」


それから雪愛は、紗宙のグラスにワインを注いだ。


「ずっとこんな平和な時間が続くと良いのにね。」


紗宙は、雪愛の横顔を見る。
雪愛は、微笑ましい顔で会場を見渡しているようにも見える。しかし、さらにどこか先を見ているようにも感じた。


「私たちが戦争を終わらせる。そしていつまでも続く平和な国を作るから。」


それを聞いた雪愛は、吹き出すように笑った。


「流石はカップル。似てくるもんなんだね。」


「えーそうかな。」


「なんか微笑ましい。」


それを聞いた紗宙は、クールを装いながらも口元は嬉しそうだった。


「紗宙とこうやってずっと笑いあってたいよ。」


「笑いあっていられるよ。だって友達なんだから。」


すると雪愛はニヤッと笑った。


「そうだね。友達だもんね。」


そのあと、紗宙は結夏に呼ばれたのでそっちへ去っていく。1人になった雪愛は、夜空に輝く星を見て静かに呟いた。


「友達か...。」


そうこうしていると、雪愛も結夏に呼ばれた。どうやら結夏とカネスケらの卓は盛り上がっているようだ。
雪愛は、土方から届いたメールにすぐ返信すると、銀髪をなびかせながら、結夏のいる卓へと歩いていった。





宴の日から二日後。ついにAIM軍は、旭川へ向けて進軍を始める。
作戦はイソンノアシが提案した物で、囮部隊を占冠村へ送り込んで札幌を脅かし、その隙をついて本体を富良野経由で旭川へ進軍させるというものだ。この作戦には、参謀部の多くが賛成。特に北海道に詳しい雪愛が強く推していたので、すぐにこの案は可決された。
しかし、これに唯一意義を唱えたのは先生であった。
先生は、富良野ではなく大雪山を占領して、そこから一気に旭川を攻略することを立案していた。なぜなら、大雪山を物にしてしまえば、官軍から道東を脅かされる可能性がほぼ無くなり、更には北海道全域に睨みを利かせることができるからだ。
だが、イソンノアシの意思が変わることはなく、富良野から進撃することが確定となっていた。


俺は、進軍時の軍用車の中で先生に話した。


「先生の策を信じている。本当に富良野からの進撃案で大丈夫なのか?」


「大丈夫ではありません。」


先生はきっぱりと答える。それ故に俺は不安になった。


「説明してくれ。」


先生は一呼吸置く。


「敵は既に大雪山へ入っています。」


あまりにも唐突に、とんでもない情報が入ってきて頭がついていかない。


「なんだと。そんな情報初めて聞いたぞ。」


「情報ではありません。私の推測です。」


「なぜそう推測した?」


「敵の大将である土方歳宗(ひじかた とししゅう)は、武闘家・軍人としても有名な方ですが、登山家としても名を馳せた男です。そして中でも、彼の地元である北海道および雪山を得意分野としている。そんな彼が大雪山に目をつけていないわけがないのです。それに、道東の戦争を終えてから時間が立っています。土方であれば、既に兵を大雪山に潜伏させている可能性は大いにございます。」


俺は手を顎においた。


「では何か対策を練らねばいけないな。」


先生は、とんでもない推測をしておきながら、余裕な表情を浮かべている。


「その心配はございません。既に手は打っております。」


「またいつの間に...。」


「大雪山を取ること。それすなわち、もぬけの殻になった帯広を乗っ取る策に違いありません。故に、鹿追町近辺に3隊の小隊を派遣。龍二、長治、典一にそれぞれ任せています。」


「イソンノアシは、許可を出したのか?」


「ええ。ですが、配下の部隊と自ら集めた人材のみでなんとかせよとのことでしたので、総勢1200人の少数部隊となりました。」


「そんな兵力では、もし土方が帯広を脅かした際に抵抗できないだろ。」


「ふふふ、むしろ責めてきたら我らの勝ちは確定します。」


「またおかしなことを言い出すな。」


そんなことを言いつつも、俺の顔には不敵の笑みが浮かんでいた。
今まで散々先生のビックマウスとでも取れるような発言を耳にしてきた。しかし、彼は本当に口が大きいようで、言ったことは全て成し遂げてきた。今回もきっとやってくれるだろう。


「リーダーは、勝てないとお思いでしょうか?」


先生の真似をしてきっぱり答える。


「いや、必ず勝てる。そんな気しかしない。」


俺は、斜め後方にそびえ立つ大雪山を見つめながらも、富良野へ向けてゆっくりと軍を進めた。





3月の大雪山自然公園は、まだ当分は雪に覆われ続けることだろう。
然別川近辺に先陣を置いた札幌官軍は、広大な山全域に堅牢な陣形を築きあげ、天然の要塞を作り上げることに成功していた。
そして、本陣に入った土方は、十勝平野を見下ろしながら美咲へと電話をかけた。


「美咲、AIMの様子はどうだ?」


「予定通り、全軍富良野へ向けて動いてますよ。」


「まさか我らがここまできているとは誰も思うまい。」


「でも、例外はございます。」


「諸葛真か?」


「そうなんです。どうやら彼だけは、大雪山の重要性を感じているらしく、しきりにそれを進言しておりました。」


「奴の罠があるかもしれないと言ったところか?」


「ええ。今の所、動きはないようですが。」


「わかった。情報の提供感謝致す。」


「またなんかあったら連絡しまーす。」


「頼んだぞ。この戦いが日本の将来を決めるだろう。」


「ふふ、AIMに勝ちは譲りません。」


「当たり前だ。日本の秩序は俺たち官軍が守るんだ。」


そう言い終えると土方は電話を切った。そして再び十勝平野を眺める。
平野の中央には、AIMの本拠地である帯広が悠々と佇んでいた。それはまるで、強大な国家権力へ立ち向かう孤高の革命家を彷彿させるようだった。







(第五十一幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み