第8話

文字数 4,707文字

第四章 私、エンレンします

 深田とは連絡先の交換をしていた。
 ほんとはしたくなかったが、深田が雪子のスマホを取り上げ、メールアドレスと携帯番号をメモしないと返さないと粘ったのだ。
 雪子は抵抗するのも馬鹿らしくて、深田に連絡先を渡した。
 万が一、連絡が入れば無視すればいい。
 そう思っていたのだ。
 しかし、甘かった。深田の連絡は執拗だった。
 球場近くのホテルに泊まった翌日から、深田から毎日メールが入った。
 電話は週に一、二回。もちろんすべて無視した。
 いくらセックスの相性が良かったとはいえ、八つも年下の男とどうこうなるなんて考えられなかった。
 相性が良かったといっても、雪子にとってはやけくそのセックスだったのだ。
 深田の力ではなく、状況が酔わせたのかもしれない。
 それに、生活する場所もバラバラになることが決まっている。
 深田からのしつこい連絡に全く揺れなかったかといえば嘘になる。
 しかし、いろいろ考えると、やはり深田と関係を深めるという選択はできないのだった。
「いくら見た目がちょっと良くてもな・・・」
 いくら背も高くて、性格もクセがなくて(面白いことは言えないけど、それは雪子が言えるので大丈夫だ)、普段ニコニコしてるのにベッドではそれなりに野性的でそのギャップに心地よくやられちゃったんだとしても・・・
 あれ?
 年齢にさえ目をつぶれば、深田は理想的な相手ではないのか?
 中身はあんなで頼りないところもあるが俺様ワンマンより数倍マシだ。そして、一部上場企業の正社員で、それなりの稼ぎもある。
 婚活中には絶対に出会えなかった上玉だ。
 もし、出会ったとしても向こうからNGを出されていただろう。
 越してきて三か月、地元での出会いもなさそうだ。
 深田はなぜか半年も粘り強く連絡をくれる。
 そのほとんどは一行メールだったが、あの口下手な深田が毎日くれるのだ。それなりに評価してやらなければいけない。
 今日は天気いいですね。
 会社でいじめられちゃいました。ちょっときれそうになりました。
 元気ですか? 今はどこで働いていますか?
 また横浜に行っていいですか?
 雪子が返信を返さないので、徐々に疑問形のメールが多くなってきた。
 ほんとに答えを求めてるんだ。
 それに気づいたとき、さすがの雪子もぐっときた。
 年をとっていても、女のツボは二十代の頃からと変わっていない。
 深田がそんなことを理解しているとは思えないが、とにかく雪子の心を動かすことには成功したのだ。
 雪子は深田がかわいそうになる。
 若くてかっこいいのに息苦しい職場で「出る杭」に決してならないように息をひそめて過ごし、社内にはいないタイプの女と気晴らしで遊び(ストレスが溜まってるからそんなことをするのだ)、一夜のセックスの相性が良かったからという理由ではまり、その関係に執着する。
 深田は下手ではなかったが、経験豊富ではないという感じだった。
 彼にとって雪子とのセックスは、初めて経験する「はまったセックス」だったのではないだろうか。
 それも雪子に執着する理由のひとつだろう。
 そう考えると、急に深田という男が色褪せてみえる。
 男なんて所詮、その中心についているものに振り回されているだけの生き物だ。
 この女にまた入れたいと思えば、どんな努力だってする。しかし、いったん飽きれば、これまでのことが嘘のように振り返らない。
 そんなものだった。
 雪子は深田を断ち切ろうと初めてメールを返信した。
 いま、福岡にいます。東京にはもう戻りません。ということで、さようなら。お元気で。
 深田から即レスが入る。
 その文面を見て、雪子はぎょっとする。
 わかりました。今度の休みに、福岡に行きます。待っててください。
「待っててって・・・」
 この人、ヤバイ人なんじゃ。
 さわやかで一見さらっとしてる人がまずいんだって。
 彼氏に別れを切り出したらストーカーされた女友達がいた。彼女はたしかそんなことを言っていた。
「まさかね」
 雪子はたった鳥肌を撫でながら、深田からのメールを何度も読み返した。

「雪子さーん」
 深田は待ち合わせ場所に笑って現れた。
 とくに変わったところはない。容姿の変化もない。当たり前か。
 雪子は周囲を見渡す。
 会社の知り合いはいないか。
 深田が何かしてきたら怖いと思い、人の多い駅前で待ち合わせしたが、今度はそれが元で人目が気になる。
 こんな若い男と一緒にいるところを見られたら、なんといじられるかわからない。
 今の職場は陰険ではないが、遠慮のない職場なのだ。
「小倉って思ったより都会ですね。小倉にもうちの支社があるんですよ。けっこう大きな」
「知ってる。派遣会社にすすめられたけど、即、断った」
「そうですか。残念。じゃ、行きましょうか」
「どこに?」
「とりあえず、僕、小倉城に行ってみたいです」
「え?」
「観光ですよ、観光。知ってます? 小倉城の場所」
「知ってるけど」
「良かった、じゃあ、行きましょう」
 深田が意気揚々と歩き出す。 
「深田さん、そっちじゃない。こっち」
「ああ、すみません。雪子さん、ナビしてください」
「ああ、はい、はい」
 なんで私が・・・
 雪子さん?
 この前、別れたときは崎本さんって言ってたよな。
 さわやかで一見さらっとしている人がまずいんだって。
 友達の言葉がよみがえり、雪子は寒気を感じた。
「どうしたんですか?」
「え? いや、べつに」
「雪子さん、なんか明るくなりましたね」
「そう?」
「はい、感じが違います。優しいってゆーか、柔らかいってゆーか」
「そっかな」
「こっちの生活があってるんですね、きっと」
「地元だからね。深田さんはどこ?」
「僕、埼玉なんですよ」
「へえ。うらやましい」
「どうしてですか?」
「だって、実家が首都圏にあれば、失業してもなんとかなるでしょ」
「まあ、実家に戻ればいいですからね」
「地方者はそれができないから大変なのよ」
「そうですか。まあ、失業したらどっちみち大変ですよね」
「そうね」
 わかってないな。
 雪子は黙り込む。
 地方から関東に出て働く人間の苦労など、首都圏に生まれた者たちには関係もないだろうし、理解もできないものだろう。
 嫌だったら実家に帰ればいいじゃん。
 学生時代から社会人三年生まで付き合っていた神奈川出身の男に言われた言葉を、雪子はまだ根に持っている。
 雪子が会社の人間関係に悩み、辞めたい辞めたい、でも生活があるから辞めれないとグチグチ言ってたことに業を煮やしたのだった。
 その男はこうも言った。
 地方出身か都会の出身かなんて、ちょっとの差じゃん。俺も東京生まれってわけじゃないけど、そんなに「差」は感じてないぜ。
 そのちょっとの差がでかいのだ。
 わずかな差がどれだけの経済格差を生むか。苦労も経験も想像力もない男に言っても仕方ないと雪子は諦める。
 そして、東京生まれと神奈川生まれに「差」はない。その点だけは、男の言うことが合っていた。
「雪子さん?」
「え?」
「なんか、僕、まずいこと言いました?」
「ううん、別に。私の問題」
「そう・・・ですか。すみません」
 男にはなかったものが深田には確かにある。思いやりや気遣いだ。
 あの組織の中で長く暮らしていて、そうったものが残っているのがちょっと不思議になる。
 雪子はその疑問をぶつけてみる。
「深田さん、あの会社でよくやっていけるね。ちょっとタイプが違うと思うんだけど」
「そうですねえ。ちょっと浮いてるかもしれませんね」
「うまくやってたみたいに見えたけど」
「だったらいんですけど」
 城が近づいてくる。深田の目が輝いてきていた。
 城マニアなのか?
「あのお」
「何?」
「僕って、わりと、そのイケメンじゃないですか」
「え?」
 何を言い出すんだ、この若者は。
 雪子の反応を見て、深田が慌てて言葉を吐き出す。いつもより二倍のスピードで喋る深田を雪子はじっと見ていた。
「いや、その、大したことないってわかってるんです。ちょっと背も高いけど、モデルとか俳優とか、そんなレベルじゃないし。でも、あそこの職場ってブスばっかりだから」
 ブス・・・確かに。雪子は職場の風景を思い出す。
 大卒のホワイトカラーの男なんて大概がブスだ。だから、そんな男たちが集まる職場は、大抵がブスの集団。
 それはわかっていたが、深田の勤める会社はとくにその傾向が強かった。
 だから、深田がハブにされずに馴染んでいるのが不思議だったのだ。
 深田の見た目もその優しさも、明らかにあの職場とは合わないものだった。
「そうよね。だから、深田さんが村八分にされないのが不思議だったの」
「新卒の頃、ちょっとやられたんですよ」
「ああ、やっぱり」
 外部から来た者が、自分たちよりちょっとでも優れているモノを持ってたら許さない。
 そういった集団が、深田のような男を見過ごすはずはない。
「で、どうやって切り抜けたの?」
「馬鹿のふりをしました。大ごとにはならないことで、仕事をわざとミスしたり、嫌がらせされても気づかない天然のふりをしたり、下ネタを言って気さくさをアピールしたり」
「涙ぐましいわね。ってゆーか、辞めようとは思わなかったの、あんな馬鹿なとこ」
「とりあえず、それを越えて、辞めたかったら辞めようと思いました」
「へえ」
 へらへらしているが、冷静で頭がいい。
 いざとなると人目を気にしないところがあり、意外に肝も据わっている。
 雪子は、深田の魅力に目を反らしてきた自分を認めざる負えなかった。
「それでだらだらして今に至ります」
「なるほど」
「雪子さんは強かったですよね」
「え?」
「あいつらにグチグチ言われても、負けてなかった」
「そうかなあ。ほんとはキレたかったけど、立場が弱くてできなかったのよ。私の負けです」
「そう言えるところが強いんです」
「それはどうも。ありがとうございます」
 雪子にとってはもうどうでもいい過去のことだった。
「傍から見てると、明らかに雪子さんのほうが素敵なんです、あいつらより。だから気に入らないんだろうけど」
「そうかな。私なんていい年こいて結婚もしてないただの派遣だけどね」
「そんなことないです。雪子さんはおもしろいです。なかなか居ないタイプの人です」
「そうかな」
 自分をそんなふうに思ったことはない。雪子は首を捻る。
 セックスが合ったからちょっと良く見えてんじゃない。
 そう言おうと思ったが、真剣な深田の目に出くわして、止める。
「動じない雪子さんを見てると、いじめてるほうが負けてるみたいに見えて、それが痛快で」
「私はまるですっきりしなかったけどね」
「そうですか」
「ええ。派遣で後腐れないからキレてやれば良かったって、それぐらいしか思わない」
「キレたら、見損なってたと思います。それって負けじゃないですか」
 深田は思い込みの強いさわやかなイケメンストーカーかもしれない。
 でも、見損なわれなくて良かったと雪子は反射的に思う。
 玉砂利を踏みしめて歩いてきた二人の目の前に小倉城があった。
「こじんまりしてますね」
「そーゆー城だから」
「登りましょう」
「はいよ」
 深田の後ろを歩く。
 深田の男らしい広い背中を見ながら、雪子はもう一度寝てみたいと思った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み