キスの答え ①

文字数 3,218文字

 ――その翌日は、わたしも彼も絶不調だった。
 お互いにミスを連発し、社内のみんなに多大な迷惑をかけていた。……特にわたしが。

 彼にキスをされたのがもちろん原因ではあるのだけれど、彼がわたしの質問に答えてくれなかったことで、顔を合わせれば気まずい空気が流れていたのだ。

 せっかく春休みに入ったので、学校の制服ではなく大人っぽいオーダーメイドのスーツとパンプスで出社していたのに、そのせいで彼に褒めてもらいにくくなっていた。

「――桐島さん。この資料、誤字だらけよ。悪いけど作り直してくれる?」

「あっ、ハイっ! すみません! すぐやらせて頂きますっ!」

 彼がプリントアウトした資料は、誤字脱字のオンパレード。普段はテキパキと仕事をする彼にしては珍しいミスだった。彼はそのまま資料のファイルを再び開き、ひたすらバックスペースキーを連打していた。 
 きっと彼も気まずかったのだろう。首の皮一枚繋がったとはいえ(だからわたしは、「クビになんてしない」と言ったのに!)、ボスの機嫌を損ねたと彼は思い込んでいたようだから。

 ……そういうわたしも、彼のことばかりは言えず。

「――あっ、会長! そのメールは転送されたメールだから、ちゃんと村上社長宛てに送り返して下さいって言ったじゃないですか! そのまま山崎専務に返信しちゃいけないって!」

 作り直した資料を持ってきた彼が、わたしがその時送信したばかりのメール画面を見て()(たけ)びをあげていた。

「あー、そうだった……。ゴメン。……やだもう! 何やってんだろ、わたし!」

 気を取り直して同じメールを村上社長宛てに送信し直し、誤って送信してしまった山崎専務には、内線電話で陳謝した。

「――あ、山崎さん? 篠沢です。ゴメンなさい! 村上さんに返さなきゃいけないメール、ボーッとしててそのまま貴方のところに返信しちゃって。申し訳ないんだけど、そのメールはそっちで削除してもらえます? ……ええ、お願いします」

 受話器を戻したわたしは、はぁ~~~~っと深い息を吐いた。会長に就任して三ヶ月が経とうとしていたけれど、こんな初歩的なミスはこれが初めてだった。

「……すみません、会長。全部僕のせいですよね? 昨日、あんな大それたマネをしてしまったから……」

「違うわよ。貴方ひとりの責任じゃない。あんまり自分を責めないで。……わたしも仕事に身が入ってないのよ。そろそろ一息入れようかな」

「あっ、じゃあコーヒー淹れてきましょうかね」

 うん、とわたしが頷いたところで、彼のスーツの内ポケットからスマホの振動音がした。

「ちょ、ちょっと失礼します。……げ」 

 わたしに断りを入れてからディスプレイを確かめた彼は、珍しくウンザリ顔になっていた。……誰からだろう? と、わたしは首を傾げた。

「もしもし? ……うん、まだ仕事中。会長室にいるけど。……はぁっ!? 今すぐ近くまで来てる!? マジかよ! っていうか、(おれ)の仕事中に電話してくるなって言ったろ!? だいたい、そんなこと俺の意思だけじゃ決められないって!」

 電話に出た彼は、いつもの丁寧な口調ではなくぞんざいなもの言いだった。一人称も「俺」になっていたけれど、それだけ親しい間柄の人からの電話なのだとわたしも直感で気づいた。
 ……まさか、相手は女性!? と思ったけれど、彼は女性に対してでもそんなぞんざいな口調にはならないはずで。

「……ねえ桐島さん。お電話、どなたから?」

 おずおずとわたしが訊ねると、スマホを耳から離して「兄からです」と即答してくれた。

「お兄さまって……、確か飲食関係で働いてらっしゃるっていう、四歳年上の……」

 わたしはとっさに、その半年ほど前、彼から聞いた彼のお兄さまについての話を思い出した。

「そうです。今日はもうバイトが入ってないからって、今丸ノ内まで来てるって言うんですよ。それで、会長に一言挨拶したいから会社まで行ってもいいか、って。……どうしましょうか?」

 彼はお兄さまへの返事に困っているようだった。こればかりはわたしの許可が必要で、自分一人では決められないと、わたしの許可を(あお)いでいるらしかった。
 通話は保留にしているようだったけれど、あまり相手をお待たせするのは申し訳ないとわたしも思った。

「桐島さん、代わって?」

 わたしは自分の言葉で伝えた方がいいと判断して、スマホを貸してくれるよう、彼に手のひらを見せた。

「……えっ? ……ああ、はい」

 彼のスマホを受け取ると、わたしは素早く保留モードを解除して通話を再開した。

「もしもし、お電話代わりました。会長の篠沢絢乃です。桐島さんのお兄さまですよね? 弟さんにはいつもお世話になっております」

『えっ、絢乃ちゃん!? 本人!? マジかー。あ、オレ、貢の兄で桐島(ひさし)っていいます。ウチの()(てい)がお世話になってるね。っていうか、オレのことはアイツから聞いてるんだよね?』

 初めて話す彼のお兄さま・悠さんは、思っていた以上に気さくな人だった。
 弟の雇い主であるわたしを「ちゃん」付けで呼び、まるで妹にでも話しかけるような口調に、わたしはちょっとビックリした。
 実の弟である彼は、お兄さまのこういう馴れ馴れしい態度にイラっときていたのかもしれない。

『――絢乃ちゃん? もしもし、聞こえてる?』 

「あ、はい。すみません、聞こえてますよ。お兄さまのことも、貢さんから伺ってます。今、このビルの近くにいらっしゃるんですよね?」

 わたしは返事が遅れてしまったことをお詫びして、悠さんの質問に答えた。

『うん。えーっとね、東京駅から西に行ったとこ? そのあたり。これから絢乃ちゃんに会いに行きたいんだけど、時間あるかな?』

「ええ、大丈夫です。もう急ぎの仕事もないですし、悠さんは桐島さんの身内で、大事なお客様ですから」

「ちょ……、ちょっと絢乃さん!?

 横で彼が目を()いていたけれど、わたしはあえて見ないフリをした。

『そっか、ありがとね。……んでさ、やっぱし正式なアポって必要なのかな?』

 悠さんが訊きたいのは、事前に連絡を取って会う約束を取り付けなければならないのか、ということらしかったので。

「う~ん、そうですね……。じゃあ、このお電話をアポということにしましょう! 受付にはわたしから話を通しておきますので、悠さんは何も気にせずにおいで下さい。いらっしゃった時に受付にひと声かけて下されば、一階までお迎えに参ります」

『うん、ありがと。じゃ、あと五分くらいでそっちに着くと思うから。アイツによろしく☆ んじゃね』

 通話が切れると、わたしは彼にスマホを返した。受け取った彼は恨めしそうに、わたしを睨んでいた。
 彼の言いたいことは、わたしにも察しがついていたけれど。

「……なに?」

「『なに?』じゃないでしょう! 僕の意思を無視して、何勝手に決めてるんですか!」

 あえてすっとぼけて見せたわたしに、彼は(あん)(じょう)猛抗議してきた。

「ゴメンね、つい二人だけで話が盛り上がっちゃって」

「盛り上がらなくていいんです! これから一階の受付にも連絡するんでしょう? 会長のお願いはもう、命令と同じなんですよ? 誰も断れないじゃないですか!」

「だからゴメンってば。――もしかして、貴方はお兄さまにいらしてほしくないの?」

 彼がここまでムキになっていた理由が何となく想像できて、わたしはその疑問をぶつけてみた。

「そっ、そんなことはないですけど……。僕はただ、僕にひと言確認を取ってほしかっただけです」

 彼は実兄に職場に来てほしくなかったわけではないらしい。そこで、わたしは彼ら兄弟の仲が決して悪いわけではないのだと分かった。

「それは、わたしの配慮が欠けてたわね。ゴメンなさい。――さて、じゃあ受付に内線かけとくかな」

 再びデスクの上の受話器を上げ、内線番号を押している間に、わたしは彼に言った。

「お客様をおもてなしすることも、会長の大事な仕事なのよ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み