第四十九幕!凍てつく世界

文字数 15,552文字

背後から、黒い鎧を身に纏った恐怖が波の如く押し寄せてくる。まるで、大震災の後の津波のようだ。龍二は、神経を擦り切らせながら、いつ殺されてもおかしくない戦場で戦い抜く。
逃げ切ることさえ容易とは言えないのに誘導しなければならない。先生の作戦だから信頼はしているが、騎兵隊のあまりの勢いに時折勝利へ疑問を抱きそうになることもあった。
後ろからついてくる配下の兵隊が、1人、そしてまた1人と消えていく。はるか後方をたまに振り返ると、騎兵隊から残虐な方法で徹底的に壊される味方の姿が目に入る。龍二は、自分の無力さを痛感し、悔しくて涙が止まらなかった。
ある程度進むとまた立ち止まると振り返り、そして騎兵隊に突撃をする。きっと兵士達も逃げたいと思っているはずだ。自分ですら怖くて逃げ出したいのに。しかし、AIMの兵隊は勇敢に戦った。トリカブトの毒が塗りたくられた槍で突き刺され、身体が瀕死に陥っても敵にしがみついていた。
龍二は、1人でも多くの兵隊を助け出そうと自らも前線に出て戦う。戦場では、敵将の北広島氷帝が、兵隊を鼓舞する声が聞こえてくる。


「殺せ!殺せ!殺せ!」


最悪な野郎だ。龍二も負けじと叫ぶ。


「生きろ!生きろ!生きろ!」


味方の兵士達は、この鼓舞を色んな意味で捉えたのだという。ある兵士は、生きることを忘れるなと。ある兵士は、こんな時でも笑いをとる余裕を見せてくれたと。またある兵士は、敵を無闇に殺すなと。
捉え方はそれぞれではあったが、AIMの指揮は急激に高まりを見せた。逆に騎兵隊側は、その発言を聞いてゲラゲラ笑っていた。それ故に油断したのだろう。その直後に官軍の兵士は、AIMの兵士の手によって何人か討ち取られた。
指揮が上がったあたりで龍二は撤退を命じる。騎兵隊に背中を向けることは、殺してくれと言っているようなものだ。撤退の時には、毎回かなりの死傷者を出していた。今回も例外ではない。何度も抗戦と撤退を繰り返すうちに兵の数は激減。サロマ湖近辺にたどり着く頃には、400人いた兵隊が150人にまで減っていた。
先生の手紙によれば、『佐呂間別川を越えろ』とのことである。騎兵隊を佐呂間別川の向こう側までおびき寄せれば何かが起こるのだろうか。それ以上のことは何も書かれていない。
そう、蒼が言っていた。
あとどれくらいあるのか定かではない。しかし、湖が確認できたのでそう遠くはないはずだ。彼は、先生の作戦を忠実に守りながら騎兵隊の誘導を進めていくのであった。





佐呂間別川の川辺には、密かに網走を抜けてきた8万のAIM軍がいた。彼らは数が多いとはいえ、騎兵隊への恐怖が拭いきれぬままの着陣だ。
軍を率いているアイトゥレは、先生に相談する。


「兵士達は、やはり騎兵隊を怖がっておられる。どうすれば良いだろうか?」


先生は、相変わらず余裕のそぶりを崩さない。


「彼らは、騎兵隊に負けた時のことしか考えておりません。我々が勝てるということを証明すれば、きっと勇敢に戦うでしょう。」


「しかしどうやって...?」


「この大軍勢と龍二を活用します。」


アイトゥレは先生の策謀がイマイチ頭に浮かんでこない。


「どういうことかな?」


「将軍。今から私の言う通りに軍を布陣させてください。それから例の兵器を狙撃兵に配ってください。」


アイトゥレは、先生の言う通りに軍を布陣させた。狙撃兵には、先生が考案して作らせた兵器を所持させる。
彼は、準備を終えると再び先生の元へ戻ってきた。


「本当にこれで上手く行くのか。」


先生は、自身に満ち溢れている。


「まあ見ていてください。夜が明ける頃には、AIM軍が日本最強の軍隊の座を奪い取るでしょう。」


アイトゥレは、まだ想像ができない。彼もまた、騎兵隊に勝てる絶対的な自信を持てていな人間のうちの1人であったからだ。そんな彼を、先生は天幕の外へと連れ出す。そして雪路に騎兵隊の着ている鎧とほぼ同じサンプルを持って来させる。
先生はアイトゥレに言う。


「ライフルでその鎧を撃ってみてください。」


アイトゥレは、言われるがままに鎧を狙撃。銃弾が命中するも傷一つつけられない。


「騎兵隊最恐の理由は、この鎧にもあるんだよな。」


「迫撃砲で撃ってみてください。」


今度は迫撃砲で試してみる。すると鎧は吹き飛んだが大した傷にはなっていない。


「兵士を吹き飛ばせても致命傷は与えられない。奴らはすぐに起き上がって、ゾンビの如く襲ってくるだろう。」


「例の付着弾を撃ってみてください。」


またまたアイトゥレは、言われるがままに新兵器の付着玉を銃に入れて撃ってみた。弾は鎧に当たると破裂して、全体に油のようなものが撒き散らされる。


「これがどうしたと言うんだ?」


「火炎瓶を投げてください。」


アイトゥレは火炎瓶を投げつける。瓶は鎧に当たって火を放つと、損傷すらしないが火によって鎧は覆い尽くされた。


「おお、これではいくら強度な耐久性の鎧を着ていようと肉体は焼き尽くされてしまうな。」


雪路も見解を述べる。


「焼かれるか、鎧を脱ぎ捨てるかと言ったところですね。」


そこでアイトゥレは、先生の意図に気付く。


「そうか、これならば鎧を無効化できる。それに脱がせて丸腰にしてしまえば、打撃も狙撃も通用して戦いやすくなると言うわけか。」


先生は頷く。


「その通りでございます。丸腰にしてしまえば、スナイパーなど特別技術のある人間以外の一般兵でも、十分に敵を撃ち取れると言うわけです。」


「自慢の毒矢部隊は龍二軍の奇襲によって壊滅。最恐の重騎兵ですら、この新兵器と火炎瓶によって弱体化。敵の強みである戦力を削ぎ、弱ったところを大軍で徹底的に叩く。そしてコールド勝ちに持っていくと言うことか。」


「いかにも、将軍の言う通りでございます。」


アイトゥレの顔は、徐々に自信が湧き出てきたような気がした。


「それにしても、龍二は無事にここまでたどり着けるのであろうか。」


「彼なら必ず成し遂げるでしょう。」


雪路も龍二を信じている。


「龍二さんなら、必ず生きて戻ってきますよ!!」


3人があれこれ話していると、時刻はとっくに日付を跨いでいた。今思えば、AIM軍は昨日の朝から誰一人として仮眠をとっていない。雪路は、ふとそのことを思い出し眠気に襲われる。
そんな彼に先生は言う。


「耳をすませなさい。龍二が戻ってきました。」


それを聞いた雪路は、眠気を堪えながら耳をすませた。
アイトゥレは首を傾げている。


「何も聞こえないぞ。」


「風の音に混じった機械音が聞こえませんか?」


彼はもう一度音を聞くことに集中する。すると確かに微かな機械音が聞こえてくる。アイトゥレの顔つきが変わると先生は言う。


「数が少ない。おそらく部隊の大半は殺されてしまったのでしょう。」


「無念だ。しかし、なぜこの機械音が龍二だと分かるのだ?」


「よく聞いてください。普段AIMの機動部隊が使っているスノーモービルと若干音が違うと思いませんか?」


「確かに。なんとなく違和感はある。」


「典一に頼んでマフラーに細工を施しました。だから龍二だとわかったのです。」


アイトゥレは驚いた。


「この展開を最初から考えていたのか。」


先生は笑みを浮かべながら謙遜する。


「いえ。たまたまです。」


「ならなぜ細工などしたのか?」


「今後の戦いにおいて、龍二が重要な役割を担うことになると考えておりました。だから、彼の動きを把握しやすくするために細工したのです。」


「彼の能力を買っているのだな。」


「ええ、もちろん。リーダーの言葉を借りて言うならば、『俺の仲間に無能は居ない。』と言ったところでしょう。」


「その信頼関係。感心いたす。」


先生は再び戦場へと目を向けた。


「さて、そろそろ本番です。道東の夜明けはすぐそこです。」


アイトゥレは、拳を握りしめる。


「AIMの強さ、日本中に知らしめてやる!!」


こうしてアイトゥレは持ち場へ向かった。
先生と雪路は、戦場となるであろう雪原を見渡す。そして、遥か彼方から漂い始める雪煙を鋭い視線で見守るのであった。





龍二が佐呂間別川にかかる橋を渡った頃。彼の配下は、イカシリを含めて10人にまで激減していた。約400人いた兵隊のほとんどが騎兵隊によって虐殺された。
イカシリは、龍二に声をかける。


「川を渡ったが何も起こらない。このままでは無駄に逃げただけになる。」


「いや、きっと何かが起こるはずだ。」


雪原には、廃墟が所々寂しそうに立ち並んでいるだけだ。貼ってあるボロボロのポスターを見ると日付が2年前になっている。おそらく、戦争が本格化してから人々は逃避していったのだろう。
背後を振り向くと、橋の向こう側から雪煙が吹き荒れているのが確認できた。


「急げ!ここにいても殺されるだけだ!」


彼は考えた。敵が橋さえ越えてしまえば、もう振り向いて戦う必要はないと。
しばらくして敵の先陣が橋を通過する。それを見た龍二は、生き残った兵士たちを鼓舞して、一直線に網走方面へと駆け抜けた。





騎兵隊は、龍二たちを徹底的に破壊するため猛進を続けたが、後陣まで全軍が橋を渡りきったあたりで、氷帝は違和感を覚え始める。


「なぜ彼らは、あんな少人数で無謀な抵抗を繰り返すのだろうか。」


周囲を見渡したがこれといって変わりはない。だが、何故か嫌な予感が漂うのであった。
氷帝は配下に指示を出す。


「追撃をやめよ!」


騎兵隊の隊員が言う。


「隊長!何故辞めるのですか??」


「奴らの動き、どうみても我らを誘導しているとしか思えん。」


「しかし、敵はあと11人。絶滅の教えを貫く為にも、虐殺しましょう。」


氷帝は冷たい口調で言う。


「お前、俺の指示に従えないのか?」


隊員は、つい言いすぎたことを反省して、氷帝の意見に賛成したのだった。氷帝は、3万の軍隊に撤退の命令を出す。騎兵隊の隊員たちは、少なからず不完全燃焼でその判断に不満があったが、隊長の命令は絶対である。各々が文句を胸に隠しながら撤退を開始し始めた。
しかし、彼の判断よりも、先生の判断の方が早かった。
軍が撤退を始めようと橋まで戻ってくると、さっきまであったはずの橋がない。氷帝が慌てて川を覗き込む。すると橋の残骸が無残な姿で川に沈んでいる。


「図られた...。」


騎兵隊の隊員が恐ろしいものを見るような表情で声をかけてきた。


「た、隊長。あれをご覧になってください。」


氷帝がまた背後を振り返る。すると、騎兵隊の2倍以上の大軍が、いつのまにか姿を表している。それもこちらを囲い込むように布陣しており、完全に包囲される形となってしまった。それに川の反対側にも、いつの間にかAIMの旗が悠々と並び立っているではないか。


「おのれ!騎兵隊を舐めおって!!!」


氷帝はすかさず円陣を作り上げると、外から迫ってくるであろうAIM軍に備える。
騎兵隊が円陣を組み終え万全の状態が完成した頃、8万のAIM陣から一斉包囲射撃が始まる。銃弾の雨が騎兵隊を襲った。
しかし、氷帝はまだ余裕そうな顔つきであった。なぜなら、特殊装甲を着込んだ騎兵隊兵士による円陣によって、銃弾での攻撃はほぼ無意味に近いからである。氷帝はひとまず、銃弾が止むまでは待機の姿勢を貫いた。だが彼の余裕は、兵士たちの一言によって崩れ去るのだった。


「何か油臭くないか?」


他の兵士も言う。


「おい!身体中に液体が付着している!」


陣中がざわつきだす。氷帝は自らの鎧や馬も確認した。すると、気づかぬうちに鎧も馬の立て髪も油塗れになっていた。
氷帝は察した。諸葛真は、俺たちを焼死させる気だと。


「急いで鎧を脱いで馬から降りろ!早くするんだ!!!!!」


騎兵隊の兵士達は、急いで鎧を脱ごうとした。しかし、鎧を脱げばAIMの銃撃によって蜂の巣にされてしまう。
騎兵隊が乱れ始めたそこへ、龍二率いる機動部隊が新手の兵隊を引き連れて突っ込んできた。彼らの手には、火炎瓶が握られている。


「円陣を崩せ!!」


騎兵隊兵士達はバラバラになろうと頑張った。しかし、あまりの混乱に意思疎通が上手く行かない。彼らはこれまで常に勝ち続けていたので緊急時の対策を怠っていたのだ。
龍二達はあっという間に円陣に近づく。そして、容赦無く火炎瓶を投げ込んだ。炎は瞬く間に燃え広がり、3万の精鋭部隊をいとも簡単に焼き尽くしていく。
氷帝を含む騎兵隊のほとんどに引火。彼らは鎧を脱いで丸腰になるか、焼死するかのどちらかであった。
先生は、その光景を高台の陣から見物していた。
彼は雪路に言う。


「日本最恐の殺戮部隊。大したことはなかったようだ。」


「いえ、先生が天才すぎたのかもしれません。」


先生は笑った。


「いや、そんなことはなかろう。私が策を考え、みんなが忠実に再現する。AIMと革命団と言う組織が天才なのだよ。」


それを聞いた雪路は、なぜだかテンションが上がっている。
先生は、戦場の果てにある明るくなり始めたオホーツク海を眺めた。


「さて、仕上げの時間が近づいてきたようだ。」


空模様が朝に向かって動き出しているような気がした。騎兵隊の円陣はすでに崩壊寸前だ。
先生は全軍に総攻撃の指令を出した。





戦場では、龍二部隊が銃剣に武器を持ち替えて氷帝の本陣へ襲いかかる。それと同じくして、アイトゥレを筆頭に8万の軍勢が一斉に騎兵隊へ襲いかかった。もはや雪原は炎と血によって赤く染まり、騎兵隊という精鋭殺人部隊とAIM軍によってカオスな状態となる。
この時においても、先生は細かな指示を出していた。歩兵部隊など打撃で戦う兵士には、騎兵隊の兵士1人に対して3人で戦わせることにした。どれだけ鍛え抜かれた殺し屋でも、丸腰にされた上に武器を持った複数の軍人に囲まれれば一溜まりもない。
騎兵隊の兵士は次々と討ち取られていく。 また、炎によって火傷をおい、真冬の川やサロマ湖に飛び込んだ兵士もいた。彼らは、あるものは凍死、あるものは溺死、そしてまたあるものは、対岸にいたAIMの狙撃部隊によってこの世から消される。
隊員が次々と死んでいく中で、氷帝は死に物狂いで活路を見出そうとしていた。
そこへ、かつて『奥州の龍』の異名で恐れられた、青の革命団メンバー関戸龍二が姿を表した。


「北広島氷帝。俺があの世へ送ってやるよ。」


氷帝は苦し紛れの負け惜しみを繰り返す。


「お前は1人じゃ何もできないようだな。」


龍二は、そんな彼を哀れみの目で見つめながらも煽り倒す。


「戦は1人でやるもんじゃねえよ!そんなに1人にこだわるならオナニーでもしとけ!!」


氷帝は、すかさずサーベルを抜いて襲いかかってくる。龍二はそれに対して銃剣で応戦。決闘の火花が散った。
龍二の所持している銃剣は、鋭い刃物にも対応できるように鋼鉄の細工が施されている。彼らの決闘は、周囲で戦う双方の兵士達の目すらクギ付けにする激しいものであった。お互い一進一退の攻防を繰り返す。
そして30分くらい経った頃、ついに龍二の銃剣が氷帝の首を突き刺した。氷帝は、最後までもがき倒そうとサーベルを振り回すが、龍二は臆することなく今度は心臓つく。それから極め付けに、腰に差していた拳銃を抜くと氷帝の頭を撃ち抜いた。
氷帝はその場に膝をつき、死ぬ間際まで1人で、


「絶滅は正義だ。」


などとほざき散らかしていた。


AIMの兵士達は、龍二の勝利に歓声をあげ、氷帝は間も無く息をひきとる。残された騎兵隊兵士は次々と殺され、3万いた軍隊で生き残る者はたったの5人くらいしかいなかった。紋別騎兵隊は、天才軍師の諸葛真によって、見事に因果応報されたのである。
一方AIM軍も約5000人の死者を出した。だが、あの日本最恐の軍隊に対して圧倒的な勝利をもたらしたのだ。このサロマ湖畔の戦いは、先生と龍二、アイトゥレの名前を広く世間に知らしめることとなった。
戦いの後、アイトゥレは龍二と共に3万の軍勢を引き連れて紋別へと侵攻を開始。先生は、残りの軍隊を率いて再び網走へと引き返す。
凍てつく世界の果てから日が上るのには、もう少し時間がかかりそうだ。先生は、薄明るい水平線を眺めながら、次の戦いについての思いを巡らせるのであった。





敗戦の報はすぐに紋別へと届く。仮眠を取っていた松前大坊は、すぐに幹部を集めて会議を開いた。AIMが、まさか騎兵隊を打ち破るとは誰もが予想していない。だから紋別にいた官軍将校は、誰1人として冷静を保つ者はいなかった。
松前は、改めて無条件降伏の件が黙殺されたことを受けて、サクの処刑を決定する。





その頃、牢獄には、やつれ果てたサクと紗宙の姿があった。
牢屋には、身体を温めるものなど何一つなく、寒過ぎて睡眠をとることすら難しい。
サクは、壁に横たわる紗宙に声をかける。


「紗宙。なんで書いたんだよ。」


紗宙の声は疲れていた。


「サクが痛めつけられるのを見たくなかった。」


「俺のことなんてどうでもいいだろ。それよりも、あんな文章を親父やAIMの人間が見たら大変なことになる。」


「どうでも良くない。サクが苦しむくらいなら、裏切り者にされて殺されたほうがマシ。」


サクの口調が強まる。


「バカなこと言うなよ!」


すると彼女も強めに返す。


「本音だから!」


「だって俺のこと嫌いなんじゃ...。」


「嫌いなんて一言も言ってない。」


「じゃあなんであの時...。」


紗宙は、振られたことを引きずるサクに苛立つ。


「そんなこと自分で考えなよ。」


サクは、何も言い返してこない。
紗宙は思いをぶつける。


「けど、私はサクがいなくなって良いなんて思ったこと一度もない。」


サクは、しばらく黙ったあと口を開く。


「ごめん。俺もわかってたんだ。でも、どうしても諦められなくてこんなはめに...。」


紗宙は、ため息をついた。


「手紙、読んだよ。」


サクは、紗宙から顔を背ける。


「あれを読んで思った。私がいなければこんなことにならなかったのかなって。」


サクは、慌てて言う。


「いや、悪いの全部俺なんだ。俺がカッコつけたくてつい。」


紗宙は首を横に振った。


「サクに見栄を張らせてしまった。蒼とのいざこざの原因を作ってしまった。AIMの結束に少なからず水をさしてしまった。だから私にも責任があると思う。」


「紗宙は悪くない 。俺が間違っていたんだ。」


紗宙は、サクの方を見た。サクは申し訳なさそうな顔をしていた。


「俺はミナのことが本当に大好きだった。彼女が松前に殺されてからも、彼女のことを一度たりとも忘れたことなんてなかった。だから、ミナに瓜二つの紗宙と親しい蒼が羨ましかった。そして憎かった。思えばそれはただの逆恨み。本当に情けない男だよな。」


紗宙は、そんな彼の話を真剣な眼差しで聞いている。


「でも私や街の人を守る為に、騎兵隊に立ち向かってくれた。本当に情けない男ならそんなことしないと思う。」


「いや、あの時の俺は頭がラリってたんだ。きっと紗宙の前でカッコつけて、ミナの元へ向かう為に死に場所を探していたんだ。」


その発言に対して、紗宙は苛立ちが溢れ出す。


「そんなこと言うのやめて!サクが死んでもミナさんは悲しむだけでしょ!」


彼女は明らかに怒っている。サクは、自信なさげに彼女を見た。


「なんでそんな怒るんだよ...。」


紗宙は俯くと、喉に溜まっていた思いを吐き出した。


「生きたくても生きれなかった人、たくさん見てきたから。そんなくだらない理由で死に場を探してるサクが気に食わなかった。」


サクは黙る。


「ミナさんもそう。AIMの兵士たちもそう。教団に殺された私の両親もそうだった。みんな誰かの身勝手な都合で殺された...。」


サクは、気落ちして謝罪した。


「ごめん...。」


紗宙は、自分の手のひらを見つめている。


「この話、もう辞めよ。」


サクも首を縦に振る。
時間が経てど、牢獄は相変わらず冷凍庫みたいに寒かった。
それから少しした後、サクは話を切り出す。


「なんか、アイツとのエピソード聞かせてくれよ。」


「アイツって誰だよ。」


「アイツはアイツだよ。」


紗宙は分かっている。
サクがそんなこと言う相手なんて、知り合いには蒼しかいない。


「えー照れくさい。そんなの『アイツ』に聞いてみたら?」


「アイツは、俺のこと嫌ってるから無理だよ。」


「そんなことないと思うよ。彼、感情表現が苦手なタイプだから冷たく感じるだけだよ。」


「そうかな...。」


すると紗宙は呟いた。


「早く会いたいな...。」


サクは嫉妬まじりに言う。


「無理だよ。騎兵隊から逃げ出すことなんて。」


紗宙はその諦めた態度にカチンと来る。


「そんなのわかってる。北見で散々あいつらの狂気を見せられたから。でも諦めたくない。」


サクはため息をつく。


「わかったよ。とにかく考えよう。」


こうして2人は作戦を立て始めようとしていた。しかし、牢の外へ出られる機会は突如として訪れたのだ。悪い意味で出られる機会が。





紗宙の頭に冷たい何かが触れた。サクは驚いて何も言えない。2人が作戦の立案に夢中になっている間に、いつのまにか松前達が部屋へ入っていた。
銃口を突きつけられた紗宙は、目の前が真っ白になった。やはり、いくら場数を踏んだところでこればかりは緊張が走る。なんたって相手の気分次第で、自分の運命が決まってしまうのだから。
松前は、紗宙の頭を銃口でどつく。


「AIMが書状を黙殺した。」


紗宙の顔が少し上向く。それを見た松前は、また銃口を突きつける


「使えん女だ。生きてる価値あるのか。」


紗宙は、身体の震えを堪える。


「いくら説得したところで、先生の意思を揺るがせることはできない。」


「お前、何か仕組んだな?」


「言われた通りに書いただけ。 」


松前は、紗宙の胸ぐらを掴んだ。


「残念だったな。サクは死刑だ。」


そう言うと彼は兵士に命じて、紗宙とサクを処刑場まで連行させるのであった。





処刑場は凍てつくオホーツク海に突き出した岬にある。
刃物のように鋭い寒風が、薄着の紗宙とサクの身体を切り刻むように痛めつける。風も強く、頰に当たる雪が銃弾のように感じられた。
サクは手足を縄で縛られ、岬の先端に連れていかれる。処刑場には、簡易的な奉行所のような建物がある。そこには、時代劇に出てくるお白州のようなところがあり、松前は上座に偉そうにふんずりかえった。
周囲には、松前の親衛隊と呼ぶべき官軍の幹部や屈強な騎兵隊の兵士が多数見守っている。紗宙は、彼らの前に引きずり出されて地べたに這い蹲らされた。騎兵隊の兵士たちは、集団で彼女を踏みつける。地面は氷のような雪で覆われていて、すぐにでも低温火傷になりそうだ。


松前はサクに向かって言った。


「サク。2年前のことを覚えているかな?」


サクは顔色を失っていた。
松前の言っている2年前のこと。それは、紛れもなくミナのことだった。


「頼む、紗宙を殺さないでくれ。頼む。」


松前は笑った。


「ハハハ、安心しろ。死ぬのはお前だけだ。」


サクは、そんな彼を疑心の目で睨んでいた。だが、松前は残忍な男である。そう簡単にはいかない。


「紗宙。お前がサクを殺すのだ。」


サクの顔から血の気が引く。それは紗宙も同じである。


「そんなことできない!どんな残酷な拷問を受けてもそんなことはしない!」


松前は、彼女が抵抗する姿を微笑ましく見つめていた。
そして兵士に命じる。


「ゴミどもを連れてこい。」


兵士達はすぐに奉行所内へ向かうと、縄でつながれた数人の人間を紗宙とサクの前へ引きずり倒す。その人達の中には、女性や老人、まだ幼い子供、それに赤子も含まれている。
サクは、松前に怒鳴った。


「なんの真似だ!!!!」


松前はそれをガン無視して、紗宙に目を向けた。


「こいつらが誰だかわかるかな?」


明らかに戦争とは無関係の一般人だと言うことくらいはわかる。
紗宙は黙っていた。
すると松前は、彼女に命じる。


「紗宙。サクを凍てつくオホーツク海に突き落とすのだ。」


だが、彼女は意地でも首を縦に振らない。


「絶対にしない。私はサクを殺さない。」


松前が指を鳴らす。兵士達は、銃を縄で縛られている一般人達に向けた。
紗宙は叫んだ。


「やめて!その人達は関係ないでしょ!」


松前は、冷酷に命じる。


「サクを殺せ。」


紗宙は首を横に振る。
すると、松前はまた指で合図をした。銃声が響き、老人が1人死んだ。その血しぶきが紗宙の身体にもかかる。彼女は目の色を失い、寒さも相まって全身の寒気と震えも止まらない。


「何を黙っている。早くサクを殺すと言え。」


彼女はサクの方を見た。サクは何も言わずに目を閉じている。
躊躇していると松前がまた指を鳴らす。今度は、幼い男の子が銃声と共に血を撒き散らした。男の子はおそらく、10歳にも満たない小学生くらいだろうか。松前大坊というクソみたいな大人の手で、若くして紋別の土となった。
紗宙は、か細い声で言う。


「もう...、やめて。」


松前はニヤける。


「サクを殺害する気になったか?」


紗宙は、首を縦にふることなんてできなかった。
すると松前は、また指を鳴らして合図をする。やせ細った男性の首に穴が空いた。男性はうめき声をあげながらしばらく踠いて抜け殻になった。


「紗宙。お前のせいで人が3人死んだのだぞ。お前のせいで。」


彼女は、あまりの恐怖で泣くことすらできない。松前や官軍の幹部がヘラヘラ笑っているのがわかる。
するとサクが言う。


「紗宙!もう俺を殺してくれ!」


彼女は震える声で言う。


「そ...んな、そんなこと...できない。」


松前がまた指を鳴らす。
今度は男性が2人、女性が1人、紋別の土になった。
紗宙の周りは血の池地獄だ。


「早くしないのか。それとも人が死んでいくのを見るのが楽しいのか?」


彼女は目を瞑る。
松前がまた指を鳴らす。騎兵隊の隊員が縄を持ってきて、まだ生後まもない赤子の首にくくりつけた。隊員はそれを少しずつ締め上げていき、赤子の泣き声が岬に響き渡る。
その母親らしき女が紗宙に怒号を浴びせる。


「早くしなさいよ!!早くあの男を殺しなさいよ!!」


紗宙が目を開けて前を見ると、赤子が顔を真っ赤にして泣き声をあげていた。
彼女は、再びサクの方を見た。


「早く俺を殺せ!!!」


紗宙が躊躇していると、赤子の声が徐々に弱まっているような気がした。母親は泣き叫んで発狂。彼女に対して人殺しと叫んでいる。


「紗宙!もういい!お前の気持ちはわかったから!早く俺を殺せ!!」


紗宙は、赤子を見た。今にも息を引き取りそうだ。
松前が、冷徹な目でこちらを見てくる。


「どうだ、サクを殺す気になったか?」


彼女は無言で首を縦に振った。
松前が手を叩く。すると、紗宙を踏みつけていた足が引いていく。そして無理やり起き上がらされて、サクのところまで連れて行かれた。
サクの前まで来ると3人の兵士が彼女の退路を塞ぐ。
目の前には力尽きた顔のサク。その後ろには、季節外れの流氷で凍りついた極寒のオホーツク海が広がっている。サクの足に巻きついた縄には、がっしりとした重りがついていて、海に落ちたら2度と上がって来れないだろう。
紗宙は、サクの前で俯いて黙っていた。すると松前がまた指を鳴らし、赤子の泣き声が響きだす。
全身を震わせたまま動けない彼女に向かってサクは言う。


「ごめんな。こんなことに巻き込んで。」


彼女は、下を向きながら首を横に振る。


「サクは、何も悪くない。」


「きっとこれは、愚かな俺にミナが与えてくれた罰なんだ。あの時、民族の誇りを捨てただけでなく、己の淡い欲望のためにお前達を窮地に追いやってしまったことへの。」


紗宙は叫んだ。


「だから馬鹿なこと言わないでよ!!!」


だが、サクは冷静だった。


「もういいんだ。最後に本気で叱ってくれてありがとう。」


彼女は泣いている。
指を弾く音が聞こえると、また1人、今度は女性が雪の上に散った。
松前が、楽しそうに言う。


「どうした!早くせんか!」


紗宙の頭の中はめちゃくちゃで、いつ発狂してもおかしくはない。
するとサクは、自ら後ずさりをした。


「手を添えろ。添えるだけでいい。少しでも動かねえと人が死ぬ。」


紗宙は、震える手をサクの胸に押し当てた。サクはまた自ら少し後ろに下がる。彼の足元の雪がかすかに海に落ちた。
サクは泣いている彼女に言う。


「いいか、蒼に伝えてくれ。今まで悪かった、俺の負けだと。」


彼女は何も言わずただただ頷いた。
サクは続ける。


「そして灯恵には、手料理食べさせる約束守れなくてごめんって。」


紗宙は、サクの目を見ることができない。


「そんで親父にはこう伝えてくれ。俺は親父の息子であったことを誇りに思っている。アイヌに生まれて良かったって。」


雪の上に水滴が流れ落ちた。紗宙が顔をあげると、サクの目から溢れるように涙が出ていた。
背後では松前が人を殺させたのか、悲鳴が再び響く。


「もう終わりにしよう。俺は、ミナの元へ行ってくる。」


紗宙は、手を押し出すことなんてできない。もうどうしたら良いかわからなかった。
松前が容赦無く赤子の殺害を命じる。
するとそれを見たサクは、身体をあえて前のめりに倒した。彼の身体は、紗宙の腕に押される形で後ろに仰け反る。彼女は突然のことに慌てて彼の服を掴もうとする。しかし、間に合わなかった。
サクは、最後に言った。


「お前と会えてよかったよ。またどこかで会ったら...。」


彼の身体が極寒の闇に落ちていく。紗宙は、その場に崩れ落ちた。


「いやあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」


彼女の視界は真っ黒に染まり、松前の気持ち悪い笑い声が響いていた。






俺、カネスケ、結夏、典一は、処刑場まで走った。もうすぐ夜明けも近づいているようだ。俺は、寒風吹き荒れる中で、紗宙とサクのことだけを考えていた。
典一が尋ねてくる。


「リーダー。紗宙さんを助ける為に必死なのはわかるのですが、あのサクの為に必死になれるのはどうしてなのですか?」


結夏も言う。


「灯恵から聞いたけど、散々嫌味を言われてたんでしょ?」


俺は2人に言い聞かせた。


「あいつが灯恵の命を救った恩人だからだ。」


2人は目をまん丸くしている。


「そうか、2人には話してなかったな。北見の街で結夏と別れた後、騎兵隊に殺されかけた彼女をあいつは助けたんだ。自分の身を犠牲にしてな。それに、灯恵が命をかけて守った少女を助け出したのもサクだ。」


2人の顔が神妙な表情になっている。


「俺はサクのことをまだ好きにはなれない。それに時たま殺したくなることもある。だけど、仲間の命の恩人を見殺しになんてできない。」


隣で聞いていたカネスケが言う。


「冷酷なリーダーも人間だってことよ。」


その発言に対して、結夏は苛ついた。


「ねえ、ウケを狙うタイミング違くない?」


カネスケは恐縮してる。


「ご、ごめんなさい。」


俺と同様にカネスケも自分の彼女に対しては弱いところがあるのだ。


「リーダー。必ずサクも助け出しましょう。あいつがそんな男らしい奴だとは知らなかったです。」


「灯恵の恩人なら、死んでも助けださないと頭があがらない!」


「わかってくれてありがとう。」


そんな話をしていると、処刑台のある岬が姿を現した。その先端を見てカネスケが声を上げる。


「おい、あれ見ろよ!急げ!」


俺がカネスケの指差した場所を見る。するとそこには、サクを海へ突き落とそうとしている紗宙の姿があった。


「紗宙!辞めろ!!!」


しかし、彼女に声が届くはずもない。
俺たち4人は雪と氷で何回も転びかけたが、それでもめげずに走り続ける。岬が近づくにつれて敵の兵士とも遭遇するようになる。敵は屈強な騎兵隊の兵士だ。しかし、誰かの為に必死の俺たちにはそんな奴らなど道端に落ちているゴミでしかなかった。
結夏の投げナイフ、典一の拳、カネスケの警棒、そして俺の拳銃。敵は、毒の塗られた槍やショットガンを所持しているのにも関わらず、俺たちの前でことごとく討死していった。





ついに処刑場へたどり着くと、松前の親衛隊が襲いかかってくる。そして親衛隊だけではなく、死刑を見物に来ていたであろうこの街の市民もだ。カネスケが市民を気絶させ、俺と2人は親衛隊と戦った。
処刑場内で戦っていると、ついにこの戦争を先導してきた張本人の松前大坊が姿を現した。


「貴様らなぜこんなところに!」


「お前が松前か??」


「おう。俺が札幌官軍3将の1人、松前大坊だ。」


「2人を返してもらうぞ!」


松前は不敵な笑みを浮かべた。


「フハハハハ、遅かったな。あのアイヌの若造は死んだ。お前の大切なガールフレンドの手によってな!!!」


それを聞いた俺は激昂した。この時の俺の顔つきは、殺人鬼そのものだっただろう。すぐさま銃を向けて松前を撃つ。何発か撃って怯んでいる松前との距離を詰めると、奴の足を刃物で滅多刺しにした。
動けなくなる松前。そこに騎兵隊の兵士達が乗り込んできた。彼らは所持していた毒槍で、俺を突き殺そうと襲ってくる。
俺は松前から離れると、間一髪で毒槍を交わす。だが、兵隊達はしつこく、なかなか前へ出られない。その間に松前は、足を引きずりながら逃げ出した。
俺が毒槍に苦戦していると、典一がやってきて兵士達をあっさりと地面に沈めた。


「リーダー!ここは俺に任せてください!」


俺は彼に感謝すると、すぐさまその場を離れ、紗宙のいる岬の先端まで向かった。彼女の元へ向かう途中、やけくそになって市民を殺戮している兵士を見つけた。
俺は足を止めてその場へ駆け寄り、兵士の首に短刀を突き刺して、ノコギリのようにキリキリと首を切断。まわりにいた人々は悲鳴を上げる。どうやら彼らは、騎兵隊に自分の親族や仲間が殺されても、悲しむ反面で神々がやることなら仕方がないと黙認している節があったそうだ。
俺はそんな市民に叫んだ。


「神々は死んだ!この世に絶対など存在しないんだ!」


俺は、落っこちた首を銃で撃ち抜いて粉々に破壊する。
そして、足で踏みつけた。


「お前たちはもう自由だ!自分のために、大切な何かのために生きていけ!」


こうして俺は、彼らの前から立ち去る。市民らはまだ動揺を隠しきれず発狂しているものもいたが、中には洗脳が解け始めたのかこちらをボケっと眺めている者もいた。
俺はすぐに駆け出す。そして、岬の先端へと辿り着いたのだ。
先端には紗宙が膝をつき、死んだような顔で真下に広がる灰色の海を眺めている。


「紗宙!!!」


彼女は何も反応しない。聞こえてないのだろうか、俺は彼女のそばへ行く。


「紗宙、まさかお前...。」


彼女は、ゆっくりとこちらを向く。涙が乾き切ったその表情は、絶望そのものであった。


「私...、サクを...殺した...。」


彼女はすっと立ち上がると、サクと同じくオホーツク海へ飛び込もうとする。俺はそれを止めようとするが、彼女は強引にでも前へ進もうとする。


「私も死ななきゃ。」


彼女は、死霊にでも取り憑かれたかのように発狂していた。俺は彼女を力づくで押さえつけ、強く腕の中へ抱き込んだ。
彼女は、まだじたばたしている。


「離してよ!!私は死んで当然なことをした!!もう生きてられない!!」


俺は何も言わず、薄明るい極寒のオホーツク海を眺めていた。そして決意を固め、結夏を呼んだ。
彼女は急いで駆けつけてくれた。


「紗宙を頼んだ...。」


「頼んだって...。何をする気?」


「連れ戻しに行くんだよ。あんたの娘の命の恩人をね。」


彼女は驚いていた。


「馬鹿なの?
こんな極寒の海に飛び込んだら、助けるどころか一緒に死ぬだけだよ!」


「だからなんだよ??」


「は?
蒼が死んだらみんな悲しむんだよ?」


「サクを見殺しにしろって言うのかよ?」


「そう言うことじゃないけど。でもこんな海に飛び込んだら...。」


「結夏。俺さ、もう覚悟できてんだよ。」


彼女はそれ以上何も言ってこない。俺は紗宙を結夏に預けると、極寒のオホーツク海と向き合った。あんなにカッコつけたが、実はめちゃくちゃ怖い。怖くて震えていることを隠すために、あえて寒そうな素振りをした。もうやるしかない。やらないとカッコがつかない上に、今まで心を鬼にして行ってきたこと全てが無になるような気がした。
俺は飛び込むまで一切下を見ないと決め、いっせーので跳ぼうとした。すると、後ろから誰かの腕が俺を強く包み込んだ。
白くて細い、紗宙の腕である。


「行かないで!お願いだから行かないで!」


彼女の声は震え、そしてかすれていた。白くて細い綺麗な腕は、目一杯の力で俺を押さえつけていた。紗宙は結夏ほどではないが、しっかりしていて頼りがいのある女だ。それにクールで、冷静に物事を判断できるタイプである。だからこそ、プライドを捨てて俺を止めようとしてくれている彼女から愛を感じた。
彼女は、俺から腕を離してくれる気配はない。結夏は、その光景を何も言わずに見つめている。きっと、自分が踏み込んでいい場面じゃないと察しているのだろう。
俺は紗宙と向き合う。そして彼女の肩に手を置くと自分の額を彼女の額にくっつけた。


「俺を信じてくれ。必ず生きて帰ってくるから。」


「信じてるけど...。」


「この世に紗宙が生きてる限り、絶対に死ぬことなんてないさ。だから行かせてくれ。」


「うん、とは言えない...。」


「どうして?」


「ずっと側にいて欲しいから。それに...。」


「それに?」


「それにこれ以上、自分のせいで人が死ぬところを見たくない。」


俺は、強く言い切る。


「俺は死なない。」


「なんでそんなこと言い切れるの??」


「紗宙を絶対に1人にさせない。そう心に誓ってるから。」


俺は真っ直ぐ彼女の目を見た。彼女も俺の目を見つめている。俺の揺るがない気持ちが伝わったのか彼女は言った。


「わかった。」


「わかってくれてありがとう。」


俺は彼女にキスをすると、彼女もそれに答える。数秒の間、俺と彼女はそのままだった。水平線から漏れる明かりが、2人を照らしている。深いキスの後、また彼女の目を見つめる。


「この続きは帰ってからだ。」


「約束だよ。」


「約束だ。」


「死んだら許さないから。」


「待ってろよ。」


俺は、彼女を結夏に託す。それから極寒のオホーツク海と向き合った。
必ずサクを連れ戻して紗宙の元へ帰る。そして、俺は俺の野望を叶えるまでは絶対に死なない。そう心に刻み込む。そして大きく深呼吸をする。
ここまで付いてきてくれた革命団のメンバーや関係者の顔が頭によぎる。絶対に死んでたまるものか、俺は生き抜いてやる。自分自身に何度も暗示をかけて、恐怖心を紛らわす。


1、2、3、俺は意を決して、凍てつく世界へ飛び込んだ。


「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」


そして勢いよく、極寒の海の中へと姿を消した。





凍てつく世界を朝日が照らす。紗宙は目を閉じて手を合わせた。結夏は、震える彼女の肩に手を置いて、氷が浮かぶ灰色の海を見つめていた。
俺とサクの運命は神しか知らない。彼女ら2人は、無事を祈ることしかできなかった。







(第四十九幕.完)

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み