グリコのおまけ

文字数 306文字

男の子は
道端にいたせみをひろいあげ
まだかすかに動いている
そのせみをてのひらに抱きしめ
じっとそこに突っ立っていた

強い夏の日差しの中を
また夕立の中でずぶ濡れになりながら

そしてせみが
動かなくなったのを見届けた後
男の子はそっと樹の陰に
せみをかえした

強い夏の日差しを忘れ
雨のしずくに濡れることも忘れ
ある夏の日にこの星のどこかで
ひとりの男の子と
いっぴきのせみがめぐり会い
そのひと夏の
一日のわずかな時を共有し
見つめ合い、語り合い
ふたつの生命は生きた


別れゆくかなしみの涙も
永久の別れや孤独のつらさも
この星の上で
きみに出会ったことの
よろこびにくらべれば

みんな、グリコのおまけにすぎません
きみを好きになったことの
いとしさにくらべたら
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み