34:たらばかにカレー×サバの竜田揚げ

エピソード文字数 1,243文字

栄養たっぷりで美味しく、しかし低カロリーという海の幸タラバガニ。北海道では、そんなタラバガニがたらふく食べられるという
しかし、我々スタッフには北海道まで足を運ぶ旅費がなかった
そんな時、我々は東京都町田市 ぽっぽ町田に北海道のアンテナショップを発見した
ああ、見てマオ。なんということなの。このお店には、北海道の食材がたくさん売られているわ!
見ているさミユミユ。焼きそば弁当から焼きそば弁当たらこまで、まるで宝物庫じゃないか。アタシは夢でも見ているのか?
いいえ、マオ。これは現実よ。私たちは東京にいながら、北海道の名産品を食べることができるんだわ
おいおい待ってくれよ。タラバガニのカレーもあるじゃねぇか!
その時我々の目に留まったのは、1つのレトルトカレーだった

待ってくれ。このパッケージ、随分とカニが大きく描かれていないか?

アタシの目がおかしいのか?

いいえ、マオ。私にも見えるわ。

これだけカニを前面に出しているんだもの、まさかカニ風味なだけのなんちゃってカニカレー……ということはないわよね?

こいつは食って確かめる必要があるぜ
こうして我々は、「北海道名産たらばかにカレー」(レトルト)578円を購入し、食べることにした
香りは普通のカレーのようだけれど……
一抹の不安を抱いた我々であったが、しかし次の瞬間!!

!!

一口目からの確かに感じる、魚介の味……

我々の舌を、北の海でとれたタラバガニの身をじっくり煮込み、時間をかけて生み出された特製ルーの味が貫いた!!
魚介系カレーというのなら、サバの竜田揚げもあうんじゃないかしら?

ミユ隊員が投入したのは、ローソンで売られているサバの竜田揚げ。パリッとした食感が嬉しい一品だ。

この判断は正解で、我々の舌をさらに喜ばせる形となった

んっ!?

これは!!

おおっ、カレーの中に大きなカニが!?
こうして私たちは、レトルトカレーを通して北海道のカニの美味しさを堪能することができたのだった
あれ、もう今回のレポ終わってた!?
出てくんなよ。お前は前回死んだだろ
次のエピソードになると、何事もなかったかのように復活するから
ギャグ漫画かよ

そうそう、青春系を一本新しく公開したから、暇だったらみていってくれると嬉しいな?


あっちもこっちも書き出して、ちゃんと完結するんだろうな?
次回、北海道のインスタントラーメンをレビュー!
あ、逃げやがった

北海道では焼きそば弁当はわりと食われとりますな。

物産展にあるかどうかはわかりゃあせんが、S&Bの「ホンコン」という袋麺やきそばもわりとおいしかったです。

それにしてもサバの竜田揚げは盲点でしたわ。

うまいことカレーにあいましたかの?

サウスパークのケニー並みにしぶとい作者だなあ。


魔封波ああああアアアア!!!

>>焼きそば弁当

焼きそば弁当はもっと全国的に評価されて、広まるべきですよね。ペヤングとも渡り合える……。

「ホンコン」チェックしてみます。

サバは合いましたけど、普通に唐揚げの方がうまいです。


>>魔封波

や、やめ……ぐわああああああ…………!!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

星崎梓


肌荒れしやすく、妄想ばかりしているヘンタイ科の生物。最近パソコンの調子がよろしくない。

マオ


どこにでもいる普通の女子高生。

って、なんだよその疑うような目は!

ミユ


クールで少し口の悪い女子高生。甘いものが好き。髪から甘い匂いがすると思われる。

星崎ゆうな


梓の妹。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色