第4話 君に会いに

文字数 1,559文字

 都に着くと、見たことない光景が広がっていた。
 大勢の人、立ち並ぶ建物、全て青年の知らない光景であふれていた。

「ここが、王城?」
「王城はこの先の建物、あれだ」

 領主が指で示した先を見ると、遠くに高い壁に囲まれた白と青い屋根の建物があった。

「あそこにいるのか?」
「ああ、そう、おい!」

 答えを聞くより前に体が動いていた。現在地から王城まで大分距離があったが、植物の化身である青年は超越した能力を持っている。風より早く走れることも、その能力の一つだった。
 重厚な王城の門が見える。青年ははやる気持ちを抑えられず、突き進んだ。
 頑丈な石でできた重厚な門を突き破れるわけなく、青年は真正面から衝突した。壁に顔をつけたまま、ずりずりと倒れる。

「な!」

 門を見張っていた兵士の二人が恐る恐る近づいてくる。

「大丈夫か?」

 青年はむくりと立ち上がり、咳き込む。赤くねばついた液体が手についた。

「生きているのか? すごい音がしたぞ」
「意識があること自体、奇跡だ」
「シリルはどこだ?」

 青年にとって兵士二人の心配事なんてどうでも良かった。
 早くシリルに会いたい、その思いだけが先行していた。

「シリル?」
「もしかして、新しく来た絵師のことか?」
「えし?」

 絵師がどういうものか全く分からないが、どうやら彼らはシリルを知っていることだけは分かった。

「どこにいる?」
「絵師は王城にはいない。王城にあがるのは肖像画を描く時だけだ。普段は王城の離宮、絵描署(マーリン)にいる」
「それはどこだ?」

 進もうとするのを兵士が二人がかりで止める。

「おい、まずは治療……」
「というより、勝手に入ることは許さん」

 青年は二人の兵士を押しのける。二人の兵士は尻餅をついて何度も瞬きした。

「どうしても、会いたいんだ」

 そのために生まれたのだから。
 二人の兵士は尻餅をついたまま、お互い目を合わせ、小さな声で言う。

「中心部に入らなければいいんじゃないか?」
「そうだな。どういうわけかその、シリルという人にご執着のようだ。会わせてやれば気が済むだろう」

 二人の兵士は同時に立ち上がり、言う。

「案内してやるよ。ただしおれらも一緒だ。その、シリルとやらに会ったらすぐに帰れ」

 石門が上がる。目の前に広がったのは、広大な庭と白と青を基調とした王城、そして隅には王城ほどではないが大きな建物があった。

「王城には入るな。おれらから離れるな。何も持ち出すな。この三つを守れ」

 青年が頷くと、兵士は青年を挟むようにして並んだ。

「一緒に行くぞ」


「絵描署は地図や王城の設計図を扱っている。だから他の署と違って、王城から出られないよう、署員は離宮で共に生活している」
「確か、シリルは絵の才能を認められて、試験なしで絵描署に入ったと聞いたな」
「詳しいな、お前」
「なんでお前は知らないんだ」

 主に兵士二人が長々と話しているうちに離宮に着く。

「ここにいるはずだ。中に入るぞ」

 中に入ると、大きく長い机がいくつも並んでいる。そこにいる人は絵を置いたり、画材を置いたり、何か話し合っていた。

「失礼する。シリルはいるか?」

 その声であたりは静まった。すると、奥から恐る恐る彼女がやってくる。

「わたしですが……!」

 彼女――シリルは青年の顔を見て目を見開いた。
 無理もない。シリルが描いた人物が現実に形となって目の前にいるのだから。

「どうして……?」
「知り合いか」
「知り合いどころか……私の、理想の人」

 その言葉に周りがざわついた。

「そうか。いや、こいつが会いたがっていたから会わせてやろうと思ってな。えーと、そういやお前、名前は?」

 そう訊かれて青年は口をつぐんだ。
 名前がないからだ。

「ヘクサ」
「え?」
「あなたはヘクサよ」

 そう言ってシリルは微笑む。

「ヘクサ……」

 その日から青年はヘクサと名乗るようになった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ヘクサ

……大樹から人の姿へ変化した植物の化身

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み