(二)-17

文字数 226文字

「そういうのはきちんとした方がいいだろ。今日は指輪を持ってきてないし」
「今ほしい」
「指輪を?」
「もちろんプロポーズを」
「指輪があったほうがいいだろ」
「指輪はいらない。きちんと言葉にして欲しい。それだけでいいの」
 滝沢は、私の体に巻き付けていた腕を戻し、直立した姿勢で、私の目をジッと見た。
「温子、結婚してくれ」
「本当にそう思っている?」
 私はわざと顔をうつむき加減にして滝沢の顔を上目遣いで見た。
 滝沢は「もちろんだよ」と言って私を抱き寄せた。

(続く)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み