にゃんたまを食べられるならば

文字数 598文字

この記事を見て、アラン君。
ニコライは商品名に「にゃんたま」と付いたお菓子の画像をアランに見せた。
妹から教えて貰ったんだけど、面白くない?
猫はどのパーツを取っても可愛いけど、にゃんたま部分をお菓子にして売り出すんだよ?
見ているだけで笑えない?
えっと……はい。
でね、セットはもう売り切れだし、買えても日持ちしないみたいだから、似たものを作らせてみた。
ニコライが手で合図をすると、彼の部下がアランの前に在るテーブルの上にお菓子の乗った皿を置いた。
包みやすさを重視して、白い猫のやつはホワイトトリュフチョコ、茶色い猫のやつはヘーゼルナッツのチョコ、黒い猫のやつは種を抜いたプルーン、みゃーたんカラーのやつはトリュフチョコ。
(それ、当のみゃーたんはどう思っているんだよ)
毒味して?
はい?
ああ、ごめんごめん、味見ね。
妹を笑わせる為に試作させたんだけど、包みやすさを優先したから味は分からない。
まあ、不味くはないと思うけど、色んな人に試してから送ろうと思って。
そう言うことであれば、遠慮なく頂きます。
アランはお菓子を中心辺りで千切り、ニコライが説明した順に食べていった。
トリュフチョコのものは、ほぼトリュフチョコですね。
プルーンは……万人受けはしにくいかと。
そっか、やっぱりクリームとか入れた方が楽しめそうだ。
君の感想、参考にしておくよ。
その後、アランは残った方のにゃんたまも食べてからニコライの元を去った――
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ニコライ
ぶっとんだ猫好き

アラン
ニコライに振り回される雇われ

みゃーたん
ニコライに溺愛されるロシアンブルー。
つやっつや。

iCAT
猫三昧出来る素敵端末。
猫耳カバー付き。

ヴィエーリャ
 
ニコライの妹。
いわゆるギーク。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色