第38話

文字数 2,777文字

「学院長は、まだ何かやってきそうなんですか?」
 うーん、とガゼルは渋い声を出す。
「あの人には子どもの頃から嫌われてるんだよね、私もジーナも。まあ、私もこの間意地悪を言ったんだけど」
 確かに学院長と向き合ったガゼルは、いつになくトゲのある言い方をしていたが、ガゼルやジーナが嫌われているのだとしたら、それは二人がきちんとそれらしくふるまわないからではないかと、シノワは密かに思った。
 百二十年生きてさえ、こんな風なのだから、ガゼルが子どもの頃悪ガキだっただろうということは想像が付く。そしておそらく、学院長はそういう子どもを好まない。
 五年前、魔法が解放される前はガゼルもシノワと同じ十五歳だった。その頃の、悪ガキだったガゼルにも会ってみたかったと思うと、昨日のジーナの言葉がよみがえった。
──体の記憶と精神の記憶の、とてつもない隔たりに混乱して苦しんでいたよ
「ガゼル、話があるんです」
 シノワのいつになく神妙な面持ちを見ると、ガゼルは、魔女に何を吹き込まれた? と言ってニヤリとする。
「吹き込まれたんじゃありません。教えてもらったんです。魔法を封じることが大変だってこととか、クリフォードさんのこととか国の縛りについてとか、その、ガゼルがどうやって司祭になったか、とか」
「それで、魔法封じをやめようかって?」
「いえ、その……」
「君にはガッカリだよ」
 シノワはぎょっとした。
「僕が魔法封じをやめるって言っても、責めたりガッカリしたりしないって言ったじゃないですか!」
「何にでも例外はある。魔法封じが大変そうだから、というならまだしも、理由が私やクリフォードのことなんかじゃガッカリだ。そんなものは少しも重要じゃない」
「どうしてですか!」
 何だかよくわからない理屈だったが、ガゼルは不機嫌そうにほおづえをつく。
「魔女の口車に乗るなって言っておいたのに」
「ジーナさんはガゼルを心配してるんですよ」
「知ってるよ。だけど、見た目はつやつやの二十歳だが私は司祭だ。心配してもらう必要なんかない」
「僕にとってはガゼルのことも大事なことですよ。それに、僕は魔法封じをやめようって言おうとしたわけじゃありません」
 めずらしくガゼルは居心地が悪そうな顔をして、「じゃあ何」とそっけなく言った。
「ガゼルはどうしたいですか? 魔法を封じたいですか?」
「私がどうしたいかなんて重要じゃない」
「僕には重要なんです! ジーナさんの話を聞いて、僕はほとんど何も知らなかったってわかったんです。そんなわからないことだらけのまま、魔法を封じるか封じないか決めちゃいけないと思うんです。だいたい当のガゼルが、本当はどうしたいのかも知らないなんて。このままじゃ僕はこの先、旅を続けていいのかどうかわかりません。
 魔法を封じて、ガゼルが死んでしまうことがないとしても、もし、ひどい思いをするんなら、そうじゃない方法を探したいし、他に方法がなかったとしても、それを知ってるのと知らないのとは違いますよ。何も知らないで魔法を封じたら、僕は絶対に後悔します。だから、教えてください。ガゼルはどうしたいんですか?」
 なるほど、とガゼルは苦笑した。
「君は本当にいい子だね」
「からかわないでください」
「からかってなんかない。つい口を突いて出た感想だ」
「僕の話はいいんですよ」
 話の腰を折るなとでも言いたげなシノワのしかめっ面に、ガゼルはおかしそうに笑った。
「私はね、君がどうするのか、見ていたいだけだよ」
「どうして僕の考えばかり優先するんですか?」
「どうしてって、それが私の望みだからだ」
 そう言ってガゼルは肩をすくめたが、シノワはその理由が知りたいのであって、何と説明したものかと口を開いたり閉じたりしていると、ガゼルが小さく息をつく。
「君ならきっと間違わないと、私はそう思ってるんだよ。だから、恐れずに君は君の答えを出せばいい」
「僕が間違わない保証なんて、ないじゃないですか……」
 言葉は尻つぼみになって、シノワは膝の上の剣に目を落とした。
 確かに、魔法をこのままにしていてはいけないと思って、それが正しいと思ってガゼルの所へ行った。それには間違いないが、魔法が解放された時のことも、ガゼルのことも知らなかったからこそ、強くそう信じていられたのだ。自分の知らないことがたくさんあると知った今では、前ほど自分の考えに自信が持てなくなった。
 シノワがうつむいたまま黙っていると、ガゼルがやれやれと首をふって、シノワのひたいを指で弾く。
「いたっ」
「もっと私を信用したまえよ」
「僕はもうガゼルのことを疑ったりしてませんよ」
「私が君のことを気に入っていると言っても、君は間違わないと言っても、君は全然信じないじゃないか」
 思わずシノワは言葉を詰まらせて、口元をいびつな形に引き結ぶ。その様子にガゼルはまたおかしそうに笑って、日の傾きかけた空を見上げる。そこには明るい金色に照らされた雲が、春の花のように散っていた。
 シノワはこういう空を見ているのは好きだったが、それと同時に、なんだかもの悲しいような気持ちに襲われる。暮れようとしている今日という日が、もう二度とやってくることはないと思い知らされているようで、シノワは不安になって、確かめるようにガゼルを見た。
「君はちょっと真面目すぎるんだよ。私のことも当主たちのことも、利用していけばいいんだ。それに、大変な思いをするのは私より君の方だろう」
「えっ、これから何かあるんですか?」
 シノワが目を丸くすると、ガゼルはふっと吹き出す。
「感じの悪い商人に襲われたり、立てなくなるほど木剣で打たれたり、意地悪な魔法使いに真っ暗なところに閉じ込められたりしたのを、少しも大変だと思ってないっていうなら頼もしいね」
 ああ、とシノワは頭をかいた。確かに、普通にカデンツで暮らしていたのでは起こらないような出来事に、たくさん遭遇してはいた。
「でも、そんなのはガゼルが助けてくれたじゃないですか」
「君が逃げ出さなかったからね」
 ガゼルは笑って言葉を継ぐ。
「魔法がどうあるべきかを、魔法使い以外の人間が考え、選択する。それが私とクリフォードの望みだよ」
 シノワはしばらく何と言うこともできずに唇を引き結んでいたが、ぎゅっと拳をにぎりしめた。
「ジーナさんに「協力する」って証文をもらいましょう」
「オセルは頑固な一族だ。一度反対だと言ったのをうなずかせるのは至難の業だぞ」
「やってみなくちゃわからないじゃないですか」
 それもそうだ、と言ってガゼルは楽しげな顔になる。
「あと、僕がまだ知らないことを、いろいろ教えてください。ガゼルが重要じゃないと思うことでも」
 ガゼルは少し考えるようなそぶりを見せる。
「君の知らないこと……私の生年月日とか?」
「そんなのはいいです」
「そんなのってなんだよ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み