第12話  蓮の恋愛事情 1

エピソード文字数 3,900文字



 ※



 ああ……こんなご機嫌な自分も久しぶりだな。


 染谷くんとの会話で非常に満たされた俺は、気合を入れて次の授業に臨むが、その時ラインが届く。



《何か良いことあったの? 顔が変よ》

 聖奈である。ラインなのは授業前で静かだからな。



ふっ……
俺は、俺らしからぬ万遍の笑みで返すと、聖奈は俺にしか聞こえないような声で
なにその顔。キモいわっ
 と言われ、汚物を見るような顔になっていた。



 しかし今の俺には何の攻撃も効かなかった。




…………

 更にニコニコと笑顔を輝かせると、とうとう顔を背けやがった。

 ふははっ! あの聖奈が俺を恐れるなんて前代未聞だぞ。



 あまりにも上機嫌すぎて、お前を抱きしめたくなるぜ。

 てかそんな事したらマジで殺されそうだが、今なら死なない自信がある。






 授業が始まる。一応何があったのかをラインで連絡すると、聖奈は予想通りと言うか、こんな内容を送ってきた。



《男同士の関係でそんな喜ぶとか、あんたホモなの?》

 染谷くんを褒めちぎった内容だったしな。

 そう返してくると思った。

《どうとでも言うがいい。男と仲良くなるのはマジで嬉しいんだ》
《じゃあ女の子は? 私はどうなのよ》
《お前と仲良くなるのも、凄く嬉しいに決まってるさ》

 当然じゃないか。聖奈にだってそう思ってるよ。



 でもな、男同士って言うのは一種の憧れがあるんだ。


 アニメや映画の見すぎとか言われそうだが、とても強い絆で結ばれる親友というか、そんな存在に俺は恋焦がれていた。



 そしてもう一つ一番大切な事がある。

 俺が男に拘る理由。それは……



 親友となった男同士なら……

 この入れ替わり体質を暴露しても、その関係は壊れないのではないかと。


 まぁ……飛躍しすぎかもしれんが。




 女同士で、実は男でもあるという事と、

 男同士で、実は女でもあるという事を暴露する場合、関係が壊れにくそうなのは……男同士じゃないかって思うんだ。




 偏見じゃない。これはきっと、俺が心の中で男だと思っているからだろう。

 つまり女同士の付き合いには自信が無い。そう捉えてくれても構わない。



《うん》

 うん? ん? 何の返事だ?

 えらく遅かったのでラインを読み返す。



 あぁ、仲良くやるのが嬉しいと思うのは純粋な気持ちだ。


 

《聖奈は俺にとって、特別なんだ。仲良くやろうな》

 あ、特別っていうのは……

 聖奈は俺達の正体を知っているという事だぞ。


 ただそれだけなので、誤解しないで欲しい。

 おっと。そろそろ授業を聞かないとやばいな。


 せっかく勉強をやる気になっていたのに、スマホがブルブルするので、ちらっと聖奈を見ながらもう一度スマホを開く。





 何で目を逸らすんだよ。ん? 怒ってる?

 顔が見えなくなったので、そのタイミングでスマホを見ると、


《今週の土曜日時間ある? あんたともう一度ゆっくりお話したい》
《もちろん歓迎するさ。楽しみにしてる》

 と返信したが、何故か聖奈はこちらを向こうとしない。

 俺はてっきり万遍の笑みを見せてくると思ったが、予想が外れる。

《どうした? 何でそっち向いてるの?》

 純粋な疑問をぶつけたつもりだが、聖奈からの返信が来なくなると、ようやく授業を聞き始める。




 さて問題です。

 聖奈が今何を考えているのか、どういう心境で無視しだしたのか。答えなさい。




 うん。さっぱりわかんねぇ。検討もつかん。

 普通の返事に普通に返しただけだろ?




 もしかして変な文章だったのかな?

 ってか……女ってさ、何を考えているか分からない事が多々ある気がする。




 女心っていうの? 俺には理解できない。

 とはいえ、俺だって半分女だけど、この部分だけはどうにも分からない。




 その点、男の場合はよ~く分かる気がする。

 だからこそ。俺は男なのだと思うんだ。





 ※





 放課後。HRが終わると同時に俺の頭からピリっとした痛みが走る。痛みというか、フラグというか信号のようなものだな。


(四時七分……少し遅いか)


 このフラグは、そろそろ女に入れ替われよと言うサインだ。

 一発目のこのサインから約三時間の間に、俺は女へと入れ替わらないといけない。


 これをずっと無視すると強制的に入れ替わりが行われる。

 しかも暫く意識が飛んでしまうので絶対やってはいけない。どこでも入れ替わってしまうので、公衆の面前とかだと俺の人生は一瞬で終わるだろう。


 なので、入れ替わりのサインが来てから、最長二時間半。それが限界だと思って欲しい。

 その間に安全な場所で女へと入れ替わる必要があるのだ。


 

 だけど。今はもう放課後なので、入れ替わりサインが来ようとも問題は無い。今から二時間以内に家に帰ればいいだけだからな。


黒澤君。ちょっといい?

 帰ろうとする俺を呼び止めるのは聖奈である。


 一応みんなが居るので苗字で呼ぶのはいいが、染谷くんがこちらに振り返った。

じゃあね。黒澤君。美神さんも。また明日

 空気を呼んでくれたのだろうか?

 あえて会話に入ってこずさっさと染谷くんは教室から姿を消した。


 西部君や白竹さんも俺達を見て挨拶する。

 そして教室から誰も居なくなった時点で、俺と聖奈はもう一度自分の席に座りだした。

さっきね。授業中考えてたんだけど、土曜日さ、蓮の家にお邪魔してもいい?
別にいいけど、家はあんまり綺麗じゃないぞ
平八も言ってたんだけど、弟さんがいるんだよね?


 ってかお前……


 そっか。覚えていないのか?

 と、思わず言いそうなったが思いとどまった。



 凛も覚えていない。

 そう考えると、平八さんが俺の事を言わなければ、やはり俺の事も忘れていたのだろうか。



 その時。俺の身体を冷たい風が吹きぬけた。そんな錯覚を覚える。

 寂しい。そんな気持ちが過ぎったが、顔には出さずに堪えた。



もしかして弟さんを見たら……
ああそっか。何か思い出すかも知れないって事か
色々やってみたい。突然お邪魔するとか……悪いけど
分かった。そういう事なら部屋片付けとく

 うんうんと頷く聖奈。それなりの微笑を浮かべるが、今日はダメージが少ない。

 心に余裕があるのか分からんが、直視できない訳じゃなかった。

あと、楓蓮になる時間がいい

う~ん。それなら夕方くらいでどうだ?


土曜日はバイトもあるしサイクルは変えたくないんだよ


 サイクルと言うのは入れ替わりの予定みたいなもんだな。

 無計画で入れ替わると、学校行く時や、バイトの時間で逆の性別になってしまうと、即アウトだろう?



 入れ替わってから約四時間。再度入れ替わる事が出来ない。そういう縛りがあるんだ。


 これを念頭に置いとかないと、学校にもバイトにも行けないという事になるからな。


分かったわ。予定立てとくね
OK。凛や親父にも言っておく

 そこまで話すと聖奈が立ち上がったので一緒に席を立つ。


 話は終わったと思ったので教室から出ようとすると、聖奈が腕を引っ張ってくる。

 イキナリだったのでビックリしたが。


そういえばさ、蓮って……誰かと付き合った事ある?
質問の内容も突然だったのにもビックリしたが、俺は即座にノーと返事していた。
何で? じゃあお前は?
ないわよ。そんなヒマないもん


 まぁ……お前の性格を耐えられる人間など、中々いないと思うぞ。


 だけど、昔より丸くなってるから、いけるかも知れないが。

なんとな~く白竹さんとか見てる目がエロい気がして。


あの子。めっちゃ可愛いもんね。

ああ、そういう事か。

よく見てるな。正解だ。否定はしない。


彼女の場合はな興味が無くとも勝手に目が逝っちまうんだ。

男の本能がそうさせるのかもしれない

 あの人は別格だ。


 歴史上に名を残しそうなほどの絶世の美女だぞ

 外見やら顔のパーツやらレベルが一桁違う。

 

 その内、アイドルデビューでもするんじゃね? って思うくらいだし。

へぇ~じゃあ彼女みたいなのがいいんだ。


当たりでしょ?

う~ん残念! 


ってか俺は、誰とも付き合う気は無いんだよ

え? 何で?

何でって言われても、付き合う気がないというか……


俺は誰とも付き合えない。そう言った方が正しいな。

何で?

 何でばっかり言うなよ。



 まるで分かっていなさそうなので、俺が何故人と付き合えないかを一から説明する。


 すると頭の回転の速い聖奈は「そっか」と頭に電球を光らせるとすぐに理解してくれた。物分りがよくて助かる。

でもな。付き合いたい願望は確かにある。でも俺には無理なんだ。


最終的には入れ替わりをカミングアウトしなければならない果てしない壁があるからな

じゃあ……言わずにずっと内緒でいるとか

そんな事できない。それじゃ相手が可哀想だと思わないか?


それに自分を好きになってくれるなら、全てを知っておいて欲しいだろう?

……私。みたいに?

そうそう。お前みたいに……全てを知ってるヤツじゃないと、恋愛感情なんて持っちゃいけない。


そう思ってるから、他の人を好きになるなんて、考えられないんだよ

……ふ~ん


何だよ。そのじとっとした目は。 何で睨まれてるか意味不明だ。

やっぱり女は何考えているかさっぱり読めん。



そこで会話が終わると、聖奈が教室から出て行くので後をつける。

じゃあね。急いで帰らないといけないから


 そういい残し急にダッシュする聖奈。

 俺が「えっ?」と漏らす間に、その姿は視界から消えていた。





 ってか早すぎるだろ。

 聖奈がふ~んと漏らしてまだ十秒も経ってない。





 まぁいいか。何か予定があるのか知らんが、平八さんを待たせるのも悪いしな。

 っていうか、何でこの前みたいに車で喋らなかったのだろう。そう思いながら階段を下りていった。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

キャラのプロフィールは、章の始まりにも記載しています。


ここに記載されているのは主要人物です。

その他の登場人物は章の始まりなどに記載しています。


読者視点は神視点。

物語の中の人達が知らないことを全部見る事ができます


また、二章からはキャラの心の声まで聞こえます(フキダシが灰色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年


 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 とても弟思いの良いお兄さん(お姉さん)

 ★ 白峰楓蓮 しらみねかれん


  蓮の女性の姿。白峰というのは偽名。

  黒澤家とは繋がりを見せないように演じる。


  心の中は男の子なので、女の子のファッションやらに興味が無い。

  とても美人なのにあまり自覚がなく、女性の姿はオマケだと思っている。

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生


 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。



 ★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは家族だけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。


 ★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。


 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。

 など、全てを兼ね備えている人。


 二人目の主人公。

 ★ 白竹 美優 しらたけ みゆう


 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。

 自分の家の喫茶店で働いており、メイド服で接客をこなす。


 学校と喫茶店では、雰囲気がまるで違うのには理由があり……

 

 三人目の主人公。 

 

 ★ 白竹魔樹 しらたけまき


 蓮の隣のクラス。美優は双子の姉弟。


 学校ではとてもクール。喫茶店では男の娘?

 双方を知る蓮にとっては、非常に疑問な人物。


 四人目の主人公

 ★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的。学校ではいつも笑顔で誰にでも優しいが……

 

 五人目の主人公

 ★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲



ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色