第六話 東の森

エピソード文字数 4,471文字

気がつくと湿度が下がり、息苦しさがなくなっていた。地面は泥濘を忘れ、渇きを覚えている。背中を預けている樹木の葉が、さわさわと風に揺れて何枚か落ちてきた。見上げると、木々たちが作る葉の隙間から、紫色の空が顔を覗かせており、もうすぐ夜が来る事を伝えていた。
オリビアとグリンデは、チェルネツの森から東に向かって進んでいた。目的の地にはもう少しかかるようで、この比較的開けた森林の一角で、一夜を過ごすことにしたのであった。
この森はチェルネツの森に隣接しているのだが、すっかり濃い霧もなくなり、明るく穏やかな印象を与えている。この森周辺の一帯には人は全く住んでいないのもあって、なんと親しまれているのかわからないが、もはやチェルネツの森とは呼べないだろう。
グリンデは、日の当たる場所に落ちていた乾いた枝を積み上げ、山をつくると、そっと手の平をかざし火を付けた。ぼうっと言う音と共に、焦げ臭い香りが辺りを漂う。焚火の炎は、夜が近づいていることで感じる肌寒さだけでなく、これから始まる暗闇に対する恐怖を少し和らげてくれた。
「やはり我の家の周りとは違って、たやすく火が着くのぉ。少し前まで雨が降っておったとは思わんくらいだわい。ここいらは“夢霧の蘭”も咲いておらんから、夜が来ても辺りもよう見えるだろう」
「夢霧の蘭……ですか?」
(……まぁ話しても構わんか)
オリビアは魔法に触れており、ある種の境界線を越えている。別にこれくらい構わないだろう。グリンデは自分の胸に呟くと、言葉を綴った。
「あぁ。チェルネツの森が霧がかって見えるのは、何も大気のせいだけではない。夢霧の蘭という花が出す花粉で、より視界が悪うなっておるのだ」
ぱちぱちと音を立てる焚火を見つめながら、グリンデは続けて語る。
「我はその花を使って、まぁ、ある種の結界のようなものを作っておったのだよ」
(結界……?)
グリンデの家周辺を取り巻く、あの濃い霧の姿がオリビアの頭によぎった。グリンデの家の周りの霧は、森の入口で見たそれと比にならないほど濃く、良くここまで辿りつけたものだと自分でも思ってしまった。あれもその夢霧の蘭とやらの花粉のせいなのだろうか。
しかし結界とは何の事だろう。家を出る際に『チェルネツの森の中では必ず我と手を繋いでいろ』と、グリンデが強く言っていた事が強く印象に残っている。あの時は自分の身を案じてくれているのだろうと、特に気にも留めなかったのだが、今思うとやはり少し変だ。輝きの花もある。辺りが全く見えない訳ではなかったのに、今思うとそれは少し不自然だった。それも結界とやらに何か関係があるのだろうか。
──ピュウィ
その疑問を問おうと思った時、獣が吠えるような甲高い声が聞こえた。
オリビアは思わずその声に意識を奪われ、丸まっていた背筋が直立した。膝を抱えるようにしていた手のひらも地に触れ、首元が辺りをくるくると見まわす。
「やはり結界から出ると、チェルネツの森とは違った獣の声が目立つの。だが心配いらん。今のは恐るるに及ばん」
続くグリンデの言葉は、やはり冷やかしだ。
「驚いたか?今なら引き返せるぞ?さてどうする小娘よ?」
「そ、そんな!私は帰りません!」
オリビアは傍に置いていた鞄から小さな瓶を取り出した。 その瓶の中にはグリンデから受け取っていた、あの乙女の涙が一輪入っていた。
二人が出会ってから四日後、オリビアの体調や、旅に向けての準備が整ったのを見計らって、グリンデの家を出た。
この東の森に向かう前に、一度オリビアの家、そして家の裏手にある母の墓に立ち寄り、受け取った三輪の乙女の涙のうち、二輪を母の墓に植え、こうして一輪を瓶に入れて持って来ていたのであった。
(私は人々を悲しみから救うの)
この乙女の涙を見るたびに、この旅を始めた決意を思い出し、その度、瓶を握る手に力が入る。
グリンデから“母を奪った病に黒羽族が関わっている可能性がある”と聞いてから、彼らに対しては怒りの感情が大半を占めていた。女性らしくおしとやかに。子供の頃、何度か大人たちに言われた事があったが、黒羽族の話をするとそんなことは気にしていられない、汚い言葉しか出てこないだろう。
しかし、もしも黒羽族が生き残っていたとして、目の前に姿を現した場合、どうすれば良いのだろうか。不意をついて襲いかかってきたらどうしようか。せめて、いち早く黒羽族の存在に気付く事が出来れば……そう思ったオリビアは、恐る恐るグリンデにある頼み事を打ち出した。
「……あの、グリンデさん。やはり私にコインを持たせて頂けないですか?」
「それは何故だ?あれほど不気味がっておったではないか」
「コインを持っていたら、魔力を身に宿した者が靄をまとって見えて、すぐに気付く事が出来ますよね?グリンデさんだけでなく、私も相手の存在にいち早く気づく事が出来たら、少しは役に立つかと思って」
「その考えだと向こうからもおんしに気付きやすくなると思うが……まぁそれは我と共におったら変わらんか。良い、わかった」
意外にも、あっさりとグリンデはそれを承諾し、ローブの内からコインを取り出し、オリビアに授けた。コインは相変わらず、浅黒く鈍い光沢を放っており、少し冷たくひんやりとする感触が、より不気味さを醸し出している。
コインを受け取ってから暫くすると、グリンデの身体に赤い靄がまとわりついた。自分の手には白い靄がまとっている。
(これが魔法の力……)
改めて、魔力が伝わり、目にした光景に驚いているオリビアの横顔に、笑みを含んだ声が投げかけられた。
「おんしがコインを持っておると、見失った時にすぐ見つけられて便利かもな」
さらなる冷やかしにオリビアは、むっと顔をしかめた。
「まぁ、ただ疲れがあっては、旅が遅くなるのも事実だ。飯は起きてからで良い。我はもう寝るぞ」
そういうとグリンデはちょうどよさそうな朽ちた倒木を辺りから見つけ、たき火の近くに転がすと、巻いていた腰巻をそれに被せ、枕にして横になった。
朝から歩き続けたのもあって、オリビア自身も疲労の存在を強く感じていた。たしかに明日のことを考えると、今すぐ多くの眠りを得ないと、冷やかされるどころでは済まないかもしれない。
オリビアは鞄から乙女の涙が入った瓶を取り出し、地面に置くと、少し軽くなったその鞄を枕にして、仰向けに寝そべった。

目の前の木の葉たちが作るカーテンの隙間から見える空が、もううっすらと星々を迎えているのもあってか、いくら少しの視力が働くとはいえ、恐怖心は容赦なく全身を襲ってきた。こうして地面に横になると、余計にだ。
二人の話し声がなくなると、辺りは驚くほど静寂に包まれた。目を閉じると、木の葉が風にそよぐ音、虫たちの声、たき火が燃える音、そして隣で眠るグリンデの寝息が、よりはっきりと聞こえた。耳を中心に全身の神経がするどく尖り、鼓動が高鳴る。……先ほどの獣の声の主は遠くへ行ったのだろうか。再びあの声が頭の中でこだまを繰り返す。
鞄に入っている、何かの堅い部分が頭に当たる心地悪さもあってか、オリビアは再び起き上がると、焚火の近くで寝ているグリンデの近くまで寄った。そして少し遠くに置いていた、あの輝きの花のランタンを顔の近くに置いて、もう一度瞳を閉じた。オリビアの魔女に対する信頼感は、本人の予想を上回っていたようだ。何度か呼吸をしていると、ゆっくりと全身から力が抜けていくのを感じた。
これから何匹羊を数えるのだろうかと、考えていたのだが、やはりよほど疲れていたのだろう。オリビアはグリンデが軽く触れた “結界”の話もすっかり忘れ、すぐに意識は眠りの沼へと誘われた。



ぱちぱちと何かが爆ぜる音に気付き、オリビアは目を覚ました。
とっさに身体を起こすと、赤い霞に覆われた人型の輪郭が、ぼんやりと目に入った。
「やはり暖かくなってきたとはいえ、まだ冷えるのぉ。火が消えておったわ」
その音は、消えていた焚き火に、グリンデが再び火を灯した音だった。いくら自分で火を起こせるとはいえ、寒さなどの感覚は普通の人間と同じように感じるらしい。彼女は、揺らめく炎の前にかがみ、火にあたっている。
焚き火から目を反らすと、依然、辺りは暗闇に包まれていた。しかし、うっすらと青みが木々の葉を照らしており、もう暫く我慢すると朝が来る事を教えていた。
容易に火を放つことが出来る魔女に言われたせいもあってか、余計に全身が冷たさを訴え始めた。手足は凍ったように固くなっている。今まで良く眠れたものだ、ぎこちない動きでオリビアは起き上がると、グリンデの作った火種に手をかざした。じんわりと身体に血液が巡りだしてきて、指先が少しの痒みを覚える。
「おんしは外で寝ているというのに、我が火をつけるまで気が付かなかったのか。獣だったら食われとろうに」
起きてすぐにかける、まともな言葉がこれか。もっと他にあるのではないか、とオリビアは思ったが、それは彼女なりに『起こして済まなかった』という謝罪なのだろうな、と勝手に納得することにした。
目覚めて間もないうえ、寒さで頭も回らない。オリビアはその冷やかしに対し、ふっと鼻で笑い、返事を返した。

しばらくそのまま火に手を当てていると、だいぶ指先が動くようになってきた。手を握って、開いてを繰り返す。少しぎこちないが、もう支障はないだろう。
グリンデはとうに温まったのか、既に立ち上がり、先ほどから手を高く上げ、肩をぐるぐると回している。彼女はそのまま腕を交差しながら、こちらに振り返り口を開いた。目覚めてから三言目はなんだろうか。また冷やかしが飛んでくるのか、と思ったが、今度は少しまともな内容だった。
「さて……少し早いかもしらんが動くか」
気付くと、火で暖まっている間に、だんだんと辺りは明るくなってきていた。たき火から目をそらし、森の奥に目を向けても木々の輪郭が確認できる。不安ではあるが、足も十分に進ませられるだろう。
動物たちも少しずつ目覚めているらしい。聞き覚えのある【オナガガラス】の声が遠くから聞こえる。
「……それとももう少し寝て、うっかり獣に食われるか?」
やはり飛んできたか。今度はもう頭も身体も目覚めている。
「大丈夫です。行きます!」
力強く返事をし、オリビアは立ち上がった。
グリンデは、にやりと口角を上げると、懐に手を入れた。小さな巾着が取り出されると、その中身をたき火に向けて振りかけた。ざぁっという音とともに、白くキラキラとした粉末が辺りに舞い、たちまち、たき火の炎は小さくなる。その粉は、火消しに重宝される【ガラ麦】の粉だったようだ。
グリンデは、火が完全に消えたのを確認すると、森の奥へと足を進ませた。
オリビアは急いで枕にしていた革の鞄に、乙女の涙の入った瓶を入れ、肩にかけると、輝きの花のランタンを手に取り、その背を追った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み