75

エピソード文字数 664文字

 腕力では男の信長には敵わない。
 信長はジリジリと足を摺りよせ近い間合いをとる。顔が急接近し慌てて突き放し、激しく打ち合う。

 一足一刀の間合いを保ちつつも、あたしは庭の隅に追い詰められ睨み合う。

 信長の目……。
 信長の唇…………。

 動揺し目を逸らすと、信長に思い切り肩を叩かれ木刀を地面に落とした。木刀を拾おうと身を屈めると、信長は容赦なく背中を打ち付け、あたしはガクンと地面に崩れ落ち膝をついた。

「……参りました」

「紅、大丈夫か」

 信長が大きな手を差し出したが、あたしは自力で立ち上がり袴についた砂を手で払う。

「何のこれしき……いたっ……」

「肩を見せてみよ」

「たいした怪我ではありませぬ」

 縁側で足を洗い座敷に上がる。信長はあたしの半着の襟をむんずと掴み、両手で胸元を開いた。

 いきなり胸元を開かれたあたしは、思わず「な、なにをするのじゃああー!」と、悲鳴にも似た声を上げ、晒しを巻いた胸を両手で隠す。

 信長は赤くなった肩に視線を落とし、大きな手を半着に滑り込ませ背中に触れた。

「う、わわわっ……。触るな!痛いではないかっ!」

「そら見たことか。腕を回してみよ」

 腕を回そうとしたが、痛くて上げることが出来ない。

「多恵、打ち身に効く薬草を持って参れ」

「はい」

「紅、ちとやり過ぎたようだな。すまなかった」

「……いえ」

「女の前で裸になるわけにもゆかぬだろう。わしの部屋で手当てをしてやる。ついてくるがよい」

「……いえ、湿布なら自分でできます」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み