第27話次の標的

文字数 899文字

芳樹は、相続税対策を理由に、高知の実家からの仕送りも多く、それほど金には執着を持っていなかった。
「不倫行員」山下結奈と長谷部武から「せしめた」現金150万は、由紀、夏子、麻友の口座に50万ずつ入れるよう指示した。

その気前の良さに、由紀が逆に不安を訴えた。
「芳樹、手切れ金にして、追い出すの?」
夏子は、豊かな胸を芳樹に密着させた。
「出て行きたくない、ネットカフェだと眠れない」
麻友は、太ももを芳樹に絡ませた。
「匿名で私たちをバラすとか?」

芳樹は、せせら笑った。
「バラさねえよ」
「松戸支店は、オープン戦見たいなもの」
「まだまだ、これからだ」

夏子を見た。
「夏子の実家をつぶした行員の名前を覚えている?」

夏子の目が光った。
「うん、望月って言う、中年デブでハゲで超陰険」
「それを・・・つぶすの?」

芳樹は頷いた。
「当たり前だ、必殺仕置き人するぞ」

麻友は夏子に聞いた。
「今も同じ支店にいるの?」

夏子は不安そうに首を横に振った。
「わからない、でも、あいつ、私の顏も知っているし」
「下手に行くとバレる」
唇を噛んだ。
「2、3回、お尻触られた」
「でも、実家の印刷工場が借金していたから、我慢したの」

由紀が芳樹に迫った。
「まずは、銀行員の名簿」
「親父の組の子分を使ってもいい?」

芳樹は、少し考えた。
「かまわんが・・・」
「俺たちは、基本ステルス作戦」
「俺たちの秘密とか情報だけは、厳守」

由紀が頷いた。
「うん、呼ぶよ」


30分後、中年の精悍な男と20代前半のきれいな女が、芳樹たちのアパートに入って来た。
由紀が、二人を紹介した。
「この怖いおっさんが、君澤浩二さん、親父の子分でも上位クラス」
「で、こっちのお姉さんは、清水亜里沙さん、組の会計さん」

芳樹が自己紹介をすると、君澤浩二が芳樹の手をガッチリと握った。
「あんた、野球していたでしょ?W大でエース」

(本物の極道を見て少し緊張していた)芳樹の表情が緩んだ。
「わかりますか?」

君澤浩二も笑った。
「ああ、俺もW大の野球部出身」
「センター守っていた」
「お嬢様の頼み、それから可愛い後輩の頼みだ」
「それから、面白い仕事だ」
「任せて欲しい」

芳樹は、力を込めて、君澤浩二の手を握り返した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み