第四十六幕!雪中行軍

文字数 9,433文字

惨劇の翌日。俺が率いる500人の部隊は、北見の街まで戻ってくる。だが、そこで見たものは、俺が知る北見とは大きく異なるものであった。
建物が倒壊していて、そこら中に瓦礫や物が散らかっている。いたるところに焦土となった場所があり、焼けただれて身元すら特定できない死体が、建物の下敷きとなっている。車は大体が破壊され、黒焦げになって公園に捨てられている。
街は、中心へ進むほど死体独特の匂いが漂い始める。大通りには無数に転がる死体、内臓や肉の破片、血液がいたるところにぶちまけられていた。
兵士から一般人、子供から老人、女性、そして小動物。ありとあらゆるものが、まるで全部死ななくてはならなかった物のように、義務的に絶滅させられているようだ。
AIMの寮は砲撃か何かで破壊され、建物はコンクリートの瓦礫の山になっていた。


カネスケは、怒りをあらわにする。


「許せねえ...。」


俺は、無言で瓦礫の山を見ていると、カネスケは1人ごとのように言う。


「あいつらは、人の皮を被った鬼か?」


俺は、一呼吸置くと彼の方を見た。


「俺は、多くの人間を敵対者という理由で殺した。その時、お前は俺を諌めることが多かった。 」


カネスケが俺を睨む。


「それがどうした?」


「今回はどうだ?
俺が、ここまで残虐な行為をした外道どもを皆殺しにしたとして、それでもお前は文句を言うのか?」


彼は、顔を背ける。


「難しいこと言わないでくれ。だけど、騎兵隊は必ず壊滅させよう。」


俺は鼻で笑う。


「ふ、答えになっていないな。」


彼は、俺の横顔を再び凝視してくる。きっと何か思うことがあったのだろう。
俺は話を続ける。


「紋別騎兵隊に所属するすべての鬼畜には、生きる権利を与えてはならない。俺はすべてを奪い取る予定だ。」


そういって拳銃を抜き、崩れ落ちそうな看板めがけて銃弾を放つ。見事に命中して看板は落下すると、地面に直撃して大破した。
そのタイミングで、龍二が調査から戻ってくる。


「できる限り捜索はしてみた。けども、生存者はいなかった。」


俺は、空を見上げると、どんよりとした雲から雪が舞い落ちてきた。しかしなぜだろうか。この雪は重たく水を含んでいて、いつも目にする雪よりも汚く気持ちが悪かった。風も少し強くなってくる。崩壊したビルの間を吹き抜ける音が殺された人たちの叫び声に聞こえてきて、非常に気味が悪かった。


「続きはAIM本軍に任せて、俺たちは北へ進むぞ。」


龍二は軽く頷くと、また兵士たちのところへ戻って行く。
それから俺は再び空を見上げる。朝は晴れ渡っていたのに急なこの天気。劣勢とは予期せぬタイミングでやってくるものなのだろう。
この曇天が紋別騎兵隊だとするのなら、俺たちはどうやって太陽と月を仰げば良いのだろうか。俺は、この曇天を突き破る方法を考え続けていた。





凍てつく海、例年の異常気象によって流れる季節外れの流氷。ここ紋別は、昔は流氷によって賑わいを見せた街であったが、今は紋別騎兵隊が恐怖によって支配する統制都市。人々は、この流氷に乗って海の向こう側まで逃げていきたいと思いながら、オホーツク海に浮かぶ氷の塊を眺めている。
結夏は、御堂尾兄弟が所有する屋敷の一室に縄で雁字搦めにされて監禁されていた。この部屋は御堂尾神威の寝室で、彼が留守中は暖房が切れる仕組みになっているようだ。ここに至るまで、北海道のマイナス何度の世界には慣れてきたつもりであったが、改めて感じるとやはり凍え死にそうだ。
昨晩、神威はくどいくらい結夏に言っていた。


『俺の気分次第で紗宙をどうすることだってできるんだぞ。』


神威の命令なんて死んでも聞きたくない。何度ムチで打たれようが、身ぐるみ剥がされて凍土の大地に捨てられようが、汚い竿で回されようが、あんな奴に従う気はない。しかし、紗宙を人質に取られているとなると、そうも簡単に強がれる訳でもない。
結夏は、どうして良いのかわからず、頭の中がバラバラに砕け散りそうであった。このままでは、本当に奴のペットに成り下がってしまう。そう考えていた時、部屋が暖まり始めた。神威が帰ってきたのである。
正直なところ、身体は凍え死にそうな環境から解放されたことで安堵を覚えている。しかし心はその逆で、悪夢の始まりを心底嫌悪していた。
部屋の扉が開き神威が入ってきた。その後ろには寿言もいる。


「兄貴ずるいぞ。俺にも楽しませてくれや。」


「これは長男の特権なんだ。古くなったら譲ってやるから、それまでは町の安物でも拉致って我慢しろ。」


「なんだよそれ。ずりぃなあ。」


「さっさとすっこんでろ。」


「あーイライラしてきた。町行って狩りしてくるわ。」


そうして寿言は去っていく。
彼は、体重100kgは超えているのだろうか。廊下を歩く足音に異常な重みがある。
神威は、扉を勢いよく閉めて結夏を威嚇。そしてこちらへ向き直ると、気色悪い顔をしながら近づいてきた。


「どうだ、俺が来るのが待ち遠しかっただろ?」


結夏は、そっぽを向く。


「別に待ってないけど。」


神威は鼻で笑う。


「ふ、正直になった方がいいぞ。」


「紗宙とサクは無事なんでしょうね?」


「心配するな。紗宙は、我らにとって最上級の商品。あのアイヌの雑魚は人質。そう簡単に殺しはしねえよ。」


「2人に手を出したら絶対に許さないから。」


すると神威の口調が鋭くなる。


「許さない?
立場というものをわかってないな。お前が許すも許さないも俺が決めることだ。」


結夏は、気持ち悪い語録ばかり繰り出すこの男を酷く軽蔑した哀れむような目で見ていた。 そして、紗宙やサクの為にこの男に従うにしても、被害は最小限に留めたい。何か良いアイデアはないだろうか。


「あなたが、私を心まで屈服させる日なんて来るはずがない。」


「なぜそう言い切れる?」


「私の心は小伏竜とともにある。あなたに彼を超えられるはずがないから。」


「ほお、この俺があのクソよりも格下だと言いたいのか?」


「当たり前でしょ?
あの人は、暴力で女性を振り向かせようとしたりしない。」


神威の汚い笑い声が響く。


「クハハハハ。よくそんな綺麗事が言えたもんだな。」


笑いながらそんなことを言っているが、目は明らかに笑ってはいない。神威は、唐突に結夏の身体を思い切り踏みつける。


「毎晩たっぷりと俺の良さを刻み込んでやる。そしてAIMを皆殺しにして、直江鐘ノ助を徹底的に拷問にかけ、お前の目の前で恥をかかせながら殺してやる。その時に気づくだろう、奴の愚かさと俺の良さにな。」


結夏は、重たく突き刺さるような痛みによって表情が歪む。しかし、依然として抵抗の姿勢を崩すことはなかった。
神威は、そんな彼女の顔を見下したような目で見つめた。


「俺はお前のこと、一度たりとも忘れたことはねえから。」


そう言い残して、彼は部屋を出て行った。結夏は、その言葉の意味を全くもって理解することはできなかった。
廊下からは、彼が何か割れ物を破壊する音が響き渡る。その音は、身体の痛みとともに結夏の心へのしかかった。 神威の前では強がったものの、急に恐怖心がこみ上げてくる。


「助けて...。」


彼女は目を瞑り、震えながら小声で呟いた。





御堂尾兄弟の屋敷からほど遠くない場所に紋別騎兵隊駐屯所はある。総勢約3万の騎兵隊は、昼夜問わずここの演習場で戦闘訓練に勤しんでいた。
騎兵隊隊長の北広島氷帝、そして騎兵隊を管轄している札幌官軍3将の松前大坊は、訓練の監督及び指導をしながら、これからの作戦についてすり合わせを行なっていた。


「先の戦において、捕虜以外に生存者を出したと聞いたが?」


氷帝は、無念の表情を浮かべる。


「ええ、数名ではございますが...。」


「絶滅至上主義のお前のプライドは相当傷ついただろうな。」


「プロとして、大変恥じらいを感じおります。」


「そうかそうか。ではその怒り、全てAIMのバカどもにぶつけてくれ。」


「そうさせて頂きます。兵隊はもちろん、奴らに加担した一般人も含め、生きるものは全て、死体が粉になって消え失せるまで叩きのめします。」


松前は大変満足そうに笑っている。


「それでこそ、紋別騎兵隊のリーダーたる男よ!」


氷帝は、そんな松前を横目に、訓練している隊員達の方を見た。騎兵隊は、訓練であっても殺される奴が悪い、という考え方を前提としている。そのため月に2人くらいは、訓練中に重症および死者が出ている。今日も1人、木刀で頭を割られて帰らぬ人となった。
この街では、騎兵隊員が神と同等の扱いとされている。例え最下級の兵隊だったとしても、市民から金を巻き上げて盛大に葬るのである。その市民からの恫喝は、訓練で疲弊した騎兵隊員のストレスの吐口となっている。
松前は、冷たい笑みを浮かべる。


「また死んだのか。」


氷帝もまた無表情だ。


「ええ。訓練ごときで死ぬ奴は、戦場でも使い物になりません。死んで当然でしょう。」


「お前も考え方が俺に似てきたな。」


「いえいえ。まだ松前将軍には及びません。」


「言いおるな。じきに道知事に頼んで出世させてやろう。」


氷帝は、有難きとばかりに深々と礼をした。


「それにしても、豊泉将軍はなかなかの策士ですね。」


「あの女狐か。何を考えているかわからんが抜け目のない女よ。」


「あの紗宙という女とサクを人質にAIMに降伏を要求する。スパイとして、奴らの内情を調べ尽くした上での策。きっと上手くいくでしょう。」


「そんな小細工がなくても、騎兵隊が動けば奴らなどすぐ消せるだろう。」


「戦わずして勝つ。これほど良いことはありません。」


「絶滅主義者の言葉とは思えんな。」


「刃を交えなければ、絶滅させる必要もございません。」


そう言うと彼は立ち上がり、隊員たちへ次の指示を出した。そんな氷帝を松前は関心の目で見ていたのだった。






そのころ俺たちは、廃墟となった北見の街を後にしてサロマ湖方面へ軍を進めていた。午前中とは打って変わるブリザードと降り積もる深雪に悩まされ、視界も当然悪く、どこにサロマ湖があるのかもいまいちわかってはいない。
イソンノアシ配下のアイヌのオタウシの案内がなければ、きっと遭難していたことだろう。
この辺りには、紋別騎兵隊に従う佐呂間、湧別、遠軽の3つの街が存在する。これらを制圧しないかぎり、紋別攻略は至難の技である。
スノーモービルを併走させながらカネスケは俺に言う。


「さっそく使者を送り、降伏を促そう。」


「奴らが応じるはずはないだろう。」


「なんでだよ!民衆は騎兵隊を恨んでいる筈だ!すぐに応じてくれるさ!」


「いやどうかな。彼らの中で直近の勝者は、北見を破壊した紋別騎兵隊だ。それに敗れた俺たちに寝返ったところで生き残れる保証なんてない。だったら寝返るのではなく、内通した方が良いと考えるのではないかな。」


「しかし、戦争全体を見渡した時、勝っているのはAIMだ。それを言えばきっと...。」


「交渉などしている暇があるのか?
大切な仲間の命がかかった一刻を争う事態なんだ。使者を待つ時間など無駄でしかない!!」


カネスケの顔に嫌悪感が募る。


「わかったよ。さっさと制圧しちまおうぜ。」


俺は、少し間を空けてから言う。


「お前が無駄に戦をしたくない気持ちはわかっている。だけど、今は戦うという選択をしなくてはいけない時なのだ。わかってくれ。」


カネスケは小声で返事をしてから、しばらく真顔で前方を見つめていた。
俺は、すぐに龍二を呼び出す。


「龍二、斥候は戻ってきたか?」


「ああ。3つの街は、どこも小ぢんまりとした騎兵隊駐屯所があるだけだ。特に守りを固められているわけではないようだ。」


「なるほど。騎兵隊は、まだ俺たちのことに気付いてなさそうだな。」


「おそらく。それか兵士1人1人が精鋭だからこちらをみくびってるかだ。」


俺はカネスケに言う。


「できることなら、短時間で3つを陥落させたい。お前ならどうする?」


カネスケは、無理くり答える。


「まず佐呂間町を落とす。なぜなら距離も近く規模も小さいため、俺たちの兵力だけでも十分戦える。それから遠軽、湧別の順に攻略して、紋別に向かうのが良いだろう。」


「佐呂間町の規模は、どのくらいかわかるか?」


「人口500人くらいの小さい町だ。昔はカボチャの生産でもう少し賑わっていたそうだが、今は紋別や網走に吸収されて過疎化している。騎兵隊の屯所も派出所レベルだから攻略にも時間を要さないだろう。」


俺は、その内容を整理してからオタウシに聞く。


「遠軽、湧別まではここからどのくらいだ?」


「だいたい5時間くらいでしょう。」



俺は、すぐに策を立てる。


「ならばカネスケは、歩兵部隊を率いて先に遠軽へ向かへ。俺と龍二が機動部隊を率いて佐呂間を攻略する。」


すると、カネスケが答える。


「確かにその方が効率的ではある。だが蒼は総大将なんだから、龍二の部隊だけに任せれば良いのではないか?」


「いや、俺も行く。」


カネスケは、なんだかパッとしないようではあったがそれを了承してくれた。
ブリザードは激しさをさらに増し始める。俺と龍二は、機動部隊のスノーモービルに雪よけを装着させると、オタウシの案内の元で佐呂間町を目指した。





猛吹雪の中で進軍すること約20分。俺が率いる機動部隊50人の目の前にポツポツと明かりが灯る小さな田舎町が現れる。斥候の情報曰く、ここが佐呂間町のようだ。
町の入り口付近にある交番を拡張したような建物が例の屯所。俺は斥候を放ち、騎兵隊員が中にいるのかを確認させた。
それからいることが確認されると俺は龍二に尋ねる。


「騎兵隊の支配下の町は、奴らを神のように恐れ崇めていると聞いた。故に異変が起こればすぐに紋別へ告げ口がなされるのだという。故に誰か1人でも生かしておけば、残りの街の攻略に響くと考えている。お前はどう思う?」


「それは単なる噂であると信じたい。だができれば、騎兵隊にバレずに紋別に奇襲をかけたい。」


俺は、無表情になる。


「ならば答えは一つだ。」


龍二は、俺の言いたいことを察する。


「女子供は対象外だよな?」


俺は、当たり前のことのように答えた。


「いや、全員消せ。」


龍二は、死神のような顔をした俺を凝視する。


「それは、あまりにもやり過ぎではないか?」


俺は冷たく言い切る。


「見ず知らずの人間の命と仲間の命、どちらかしか救えないのであれば、仲間の命を救いたい。」


龍二は反論する。


「やっていることが騎兵隊と同じだ。」


そんな彼の諌めを聞く気にはなれない。


「俺は、誰かを救い出す目的のために致し方なく殺戮をする。己が快楽のために人を殺戮したケダモノどもと一緒にするな。」


「だが、ここの人々も好きで騎兵隊に服従しているんじゃない。」


なかなか納得しない龍二。俺は怒りをあらわにする。


「龍二、これは俺の命令だ。従わねば軍律によって処罰する。」


龍二は黙って、自分の拳を見つめていた。
そんな彼に俺は言う。


「仲間を救うため、北海道戦争を終わらせるため、カラフトに新国家を作るため、そして日本を変えるための第一歩なのだ。許せ。」


龍二は、顔に吹きかかった雪を拭う。


「わかった...。リーダーの志を信じることにする。」


きっとカネスケがいたら、俺を殺してでも殺戮なんてさせなかっただろう。
俺は、覚悟を決めてくれた龍二に心の底で感謝した。そして指示を出すと、龍二は40騎のスノーモービル部隊を率いて街を襲撃。手始めに騎兵隊屯所を手榴弾で爆破してから、慌てて出てきた敵兵を悉く殺害していく。
騎兵隊の鍛え上げられた兵士といえど、隙をついてしまえばただの人である。すぐさま屯所を壊滅させると、街に繰り出して次々と民家や施設を襲撃した。民衆たちは、噂通りに騎兵隊へ連絡しようとする者もいた。だけども龍二率いる機動部隊は、すぐさま銃を発砲して息の根を止めていく。
俺は、鳴り響く銃声を聞きながら思っていた。これは、北見の街で無差別殺人を犯した奴らに対する当然の報いなのだと。奴らがいなければ、彼らはこんなことに巻き込まれなかったのだから、悪いのは奴らで俺たちは正義なのだと。最愛の人を助け出すために行った、正当性のある行為なのだと。そう心に強く刻み込んでいた。
しばらく経ってから、血しぶきを帯びた龍二含む機動部隊40名が、無事に俺の元へと戻ってきた。
彼は、俯きつつ報告してくる。


「口封じは終わった...。」


俺は、少しだけ申し訳なさそうに労う。


「重い役目、ご苦労だった。」


すると龍二は、真っ直ぐな目で俺を見た。


「仲間を助けるためには、仕方なかったんだろ?」


俺は重い口を開ける。


「ああ...、そうだ。」


後悔をしていないわけではない。ただ、俺の残忍な指示を遂行してくれた龍二の前で、張本人の気持ちが揺らぐことは絶対にあってはならない。
揺らぐ気持ちを隠そうとする俺に龍二が言う。


「殺した命はもう戻って来ない。彼らに対してできることは一つしかないな。」


そんな彼の励ましのお陰で俺はまた前を向いた。


「紋別騎兵隊から3人を助け出す。ただそれだけだ。」


こうして俺たちは、死んだ人々を簡易的に埋葬すると、急いでカネスケ達を追いかけた。
吹きすさぶ吹雪の音は、獣のごとく冷たい狂気を放ち続けていた。





あと1時間で遠軽町に着く。俺が率いる機動部隊は、カネスケ達450人の歩兵部隊と合流を果たした。兵士たちの疲労も溜まっている。それ故に、敵に見つかりにくい山の裏側に陣地を設営して、軽い休息をとった。
数時間前に比べれば、吹雪も落ち着いて過ごしやすい天候になっているが、時刻は夕暮れ時である。気温が著しく下がり始めたため、焚き火がなくてはやっていけなそうだ。
俺は、自身が炊いた焚き火の周りにカネスケ、龍二、典一、そしてイカシリを集めて会話を楽しんだ。その最中でカネスケは、龍二の服に付着した血痕を見逃さなかった。


「相当激しくやり合ったんだな。」


龍二は、一切動揺しない。


「何のことだ?」


「何のって、騎兵隊とだよ。そんだけ血がついていたらそう思うだろ。」


カネスケは、何となく察しているのかもしれない。しかし龍二は、本当のことを彼には言えない。
俺は、龍二の方をちらっと睨んだ。龍二も俺の意向をくみ取ったのだろう。
彼はカネスケに対して言う。


「奴らは、相当なやり手で驚いた。末端ですらあそこまで鍛え上げられた組織は中々ないぞ。」


カネスケは龍二の目を見つめる。龍二も、嘘をついている様子など微塵も見せぬ目つきでカネスケを見た。
カネスケは、呆れたような顔をする。


「まあほどほどにしろよ。お前が死んだら、俺も蒼もショックで立ち直れないと思うからさ。」


龍二は思った。きっとわかっているが、あえて追求して来なかったのだ。


「お前も結夏に夢中になりすぎるなよ。罠にハマりでもしたら、余計に無茶しないといけなくなるからな。」


そんなやりとりに、イカシリと典一は笑っていた。
ある程度会話が落ち着いたら頃。カネスケは、炊きたてのコーヒーをカップに注ぐ。そして、話題を変えた。


「にしてもさ、これからどうするよ。」


典一が難しそうな表情を浮かべる。


「総勢3万を誇る最恐精鋭部隊の紋別騎兵隊に、寄せ集めの500人で真っ向から挑んでもほぼ99%勝ち目はないですぞ。」


イカシリも、携帯食料を頬張りながら話に入る。


「たとえ奇襲攻撃をしかけたところで、戦闘が少しでも長引けば勝ち目はない。せめて、網走にいる本軍が駆けつけてくれれば話は変わってくるのだが。」


俺は、黙ってカネスケの炊いたコーヒーを飲みながら考えていた。そして、あることを思い出してカバンに手を突っ込み、一枚の書面を取り出した。
実は、網走の本陣を出てきた時、先生にこれを渡されたのである。行き詰まったらこれを読むようにと。
俺がその書面に目を通すと、そこには起こりうるであろう展開とそれを打破するための策略が書き記されていた。
俺は、すぐさまその書面をカバンにしまい込む。


「大丈夫、大丈夫だ。俺たちには勝ち目がないわけではない。死ぬ気で突き進めば必ず何とかなる。」


それから立ち上がり、すぐに遠軽へ向けて進軍を再開するように全軍へ指令を出した。
この急な行動に4人は動揺している。
カネスケは、俺に尋ねた。


「おい、急にどうした。やけくそにでもなったか?」


「いや、打開策を思いついた上での指示だ。」


そう言って、書面の内容をここにいる5人に密かに伝えたのだ。
こうして俺たちは、身支度を整えるとすぐさま行軍を再開。その頃には、白い大地は闇に覆われ、空の雲間から満点の星が俺たちを照らしていた。






再び動き出した俺たちは、夜陰に紛れて遠軽町の騎兵隊屯所を襲撃。敵兵を1人残らず闇に葬った。
もちろんカネスケがいた為、一般人にまで攻撃を加えるような真似はできない。しかし、相手は騎兵隊に長らく恐怖支配を受けている人々だ。その洗脳は解けることはない。
どうやら彼らの一部が奴らに告げ口をしていたようだ。その事実を知ったのは、遠軽の先にある湧別町を攻めた時のことである。
今までとは違い、戦闘準備をしていた騎兵隊員は強く、たった10人を始末するのに、こちらは50人の死傷者をだすことになった。
住民を尋問にかけて告げ口の話を知った時、俺はカネスケに詰め寄る。


「お前が優しすぎたから、俺たちは50人もの仲間の命を無駄に捨てさせてしまったのだ!この罪の重さがお前にはわかるのか?」


カネスケはただひたすら、


「俺は間違っていない。」


そう言い続けた。


奴らにバレてしまったのでは仕方がない。俺もこれ以上、無駄に虐殺するのは何の意味もなさないと考える。故に、ここでは住民を虐殺しようなどとは思わなかった。
しかし住民の中には、俺たちに何の抵抗もしなければ騎兵隊に殺される、そう考えた者も少なくはない。
彼らは、隙を見るや否や、ナイフや催涙ガスを用いて攻撃をしかけてくる。カネスケは、それでも彼らを説得しようとしていた。しかし、そのせいで彼は身体に数カ所の切り傷を負う。
俺は、親友を殺そうとした彼らを典一と龍二とともに押さえ込む。最後は、自らの手でショットガンを使用して全員皆殺しにした。
事が収まってから、呆然と立ち尽くすカネスケ。彼は、歩兵達が死体を埋葬している姿に目を向けると吸っていたタバコの火を揉み消し、死体に対して黙祷を捧げていた。
俺が近づくと彼は言う。


「彼らは、本心から殺意を向けてきたのだろうか?」


「どうだろうな。俺には、ただの殺人ロボットにしか見えなかったが。」


「本心すらも、騎兵隊に奪い取られていたと言うことかな。」


俺は、彼に対して若干苛ついた。


「そんなことはどうでもいい。ここは、俺たちが生きてきた、平和ボケしたバカな世界とは違うんだ。余計な良心は、時に命取りになるからもう考えるな。」


それを聞いた彼は言う。


「人を殺しまくってまで最愛の人を助けたところで、彼女と堂々と向き合う事が出来るのだろうか。」


そんな様子のカネスケに、俺は一言言い放つ。


「助ける事ができなかったら、顔すら拝む事できねえよバカ。俺は大切な人を助け出す為なら、針の1000本くらい飲み干す覚悟で戦ってるけどな。」


それから、彼をその場に置き去りにして俺は立ち去った。そして、後から少しばかり後悔する。だけども、ここで立ち止まっているわけにはいかない。どんな手段を使ってでも、結夏とサク、そして紗宙を救い出す。
俺は、彼らと生きて再会する日々を思い浮かべながら、次なる一手のために着々と準備を進めていくのであった。







(第四十六幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み