あとがき

文字数 412文字

『天空の庭はいつも晴れている』を読んで下さった皆様、ありがとうございます。
 すでに他のサイトで公開していた作品でしたが、今回読み直してみて、忸怩たる思いに圧倒されそうでした。

 物語の構成力のなさ。
 文章の拙さ。
 表現力のまずさ。

 今からでも改訂することは可能ですが、安易な改訂はかえって作品を損ないかねません。全然違う作品になってしまう可能性もあります。
 私が情熱を傾けて執筆した作品です。未熟ならば未熟ななりに自信を持って発表することにしました。

 さて、この物語はさらに『大地は雨をうけとめる』へと続きます。
 四年後のルシャデールとアニスが登場します。
 アニスに恋心を抱くルシャデール。彼女の侍従でありながら、そこには気づかないアニス。
 厄介な思春期を迎えた二人に何が起こるのか。

 軽くひとのぞきしてもらえれば嬉しく思います。

                    宮崎 純嘉(じゅんか)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み