生贄の神子

文字数 2,229文字

 枯れた森の中を、珍しくキツネが歩いている。
 それを見た(ふじ)は、華奢な少女の背中に背負った弓を外して、木立に隠れて様子をみた。
 やせ細った、あまり肉がついていないだろうキツネが、餌を探して歩いている。やせ細ったキツネでも、仕留めれば今晩の藤の家族の空腹と喉の渇きを満たしてくれる。

 矢筒の中から矢をそっと抜き出し、弓につがえる。
 狙いをつけてきりきりと引き絞っていった。

 (いける……!)

 藤の目がそのキツネを睨み据え、弓から矢が勢いよく放たれる。
 キツネはものも言わずに胴を貫かれて倒れた。
 
 (やったっ……!)

 素早く獲物に近づき、藤は仕留めたキツネを手にした。
 大人のキツネだ。やせ細っているけれど、大人なぶん、肉も血も多いだろう。
 満足して、藤はキツネを抱えて帰ることにした。

 今日はこのキツネを料理して、家族みんなで久しぶりに腹ごなしができる。
 浮き立つ心を抑えきれずに、藤は速足で村に戻った。



 雫村(しずくむら)、それが藤の家がある村だ。
 周りを山で囲まれたこの村は、いま、日照りが続いていた。
 陽明国の北に位置するこの地方には、雨季である六月に雨がほとんど降らなかった。
 そのまま夏へ季節は移り変わり、日照りと暑さが人々を苦しめていた。

 水がなければ作物も育たない。
 それに加えての暑さが、人々を死に追いやっていた。

 藤の家族が生きてこられたのは、藤が弓を使えたことと、この村にある細い水源のおかげだった。
 弓で獲物をとってくることが出来る。それは、食料を確保できるということであり、今の状況ではとても有意義な技だった。

 藤の家は代々この村の神職を努めていた。
 そして、この北の地方を守る『葵龍(きりゅう)神』を祀っていた。
 葵龍神にささげる供物を確保するために、神職でも弓を習い獣肉を捧げる。
 葵龍神は龍神なので肉食だからだ。



「ただいま、父さん。今日は珍しくキツネがとれたよ」
「ああ……藤……か……」

 家の扉を開けると、そこには長老や村の重鎮が集まって丸くなって座っていた。
 泣いている妹の蓮花(れんか)を弟の(きじ)が護る様にして抱きしめている。
 藤の父も母も深刻な顔をして、特に母の顔は蒼白になっており、尋常ではない雰囲気が漂っていた。

「どうしたの? そんな怖い顔をして」
「あ、ああ……」

 苦し気に絞り出された声は、かすれていて痛々しい。
 その声と同時に母のうめくような泣き声がおおきく響き渡った。

「なに? なにがあったのよ……」

 玄関である引き戸を閉めながら、土間に獲物のキツネを置き、靴を脱いでみんなのいる板の間へ上がる。
 すると、長老である老人が藤の方へ頭をむけた。

「藤。ここのところの日照りで、村では死者が出ているのは知っているな」
 
 藤は長老の声に応え、背筋を伸ばした。

「はい」
「もう、三月ほど、ほとんど雨がふっておらん」

「……」
「我々は、何か神々の不況を買うことをしてしまったのかもしれぬ」

 真面目な顔でそういう長老に、藤は真剣に耳を傾けた。
 
「神々がお怒りになっている……と言いたいのですか。でも何故? 神職である私たち家族は、供物を忘れたことは無いし、丁寧に葵龍神をお祀り申し上げています。それにこの村では、他の村よりもまだ死者の数は多くはありません」

「何故か? とな。それが分れば何も問題などないのだ。それが分らないから、人が死ぬのだ」

 藤たち神職の一家がしてきたことが、何も意味をなしていないと言われたようで、藤は少し悔しかった。

「ならばどうしろと……」
「生贄じゃ。生贄をたてて葵龍神に(たてまつ)る」
 
 藤はめんくらった。さっきとってきたばかりのキツネ。あれを贄にしてしまうのはもったいない……、と脳裏によぎる。

「藤、この国に伝わる蘭鳳神と葵龍神の神話を知っているか?」
「? ……はい、知ってます」
「その話では、健康で五体満足な生娘を生贄にささげると、災厄はおさまった、とされている」

 藤は何を言われているのか、とっさに理解ができなかった。
 少女の生贄の話は、もう昔にすたれた神話の話だ。
 それをこの長老は信じて、実際に条件にあった少女を生贄に差し出そうと言っているのか? 正気ではない。人間は贄ではない。

「何を……言っているんですか? 少女の生贄?」

 信じられなくて繰り返せば、母のくぐもった泣き声がまた大きくなった。

「そうだ。そして、その生贄に選ばれたのが、藤、お前なのだ」

 父の声を聞いて、藤は目を大きく見開いた。

「い、生贄って、私、死ぬの?」
「葵龍神がそう望むなら」

 長老の声が静かに小さな家に響き渡る。
 
「むかし、この村でも生贄の儀式は行われていたという。村の神泉にある滝、あの場所から葵龍神の御許へと行くのだ」

 村の神泉、とは、山から流れる滝を受け止めている小さな泉のことだ。細い水源とはこの泉のことだ。
 雫村が日照りにも関わらず、他の村よりも死者が少ないのは、この泉のおかげでもあった。
 しかし、今は日照りが続いているので滝の流れはまるで糸のようで、水などほとんどおちていない。しかも、この滝はかなりの高さがあった。
 受け止める泉は、今は水深が浅い。
 つまり……。
 そこから葵龍神のもとへ、ということは、水の流れがほとんど無い滝の上から飛び込めということで、実質的な死を意味する。

 藤は大きく息を吸った。

「そんな……」

 いやだ。死ぬなんて。今までだってこの日照りの中を必死で生きて来たのに。
 そう思うと同時に、藤は引き戸を勢い良く開けて、家から飛び出した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公 藤(ふじ)


元気で健康、活発な少女

葵龍(きりゅう)


陽明国の北であがめられている神。

龍神として祀られている存在だけど――


蘭鳳(らんほう)


陽明国の南であがめられている神。

人型のときは後頭に鳳凰の尾羽が生えていて、本体になると炎をまとう鳳凰(ほうおう)になる。

ハヤブサ王


陽明国の賢王。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み