父の誕生日 ③

文字数 4,488文字

 当然の結果として、会場内はざわついた。けれど、わたしはそれも想定済みだった。

『本日ご出席下さった皆さまには、娘であるわたしが父と母に成り代わりましてお礼申し上げます。それと同時に、この場をお騒がせしてしまったことも(あわ)せてお詫びいたします。お帰りの際は、ハイヤーを何台も手配しておりますので、そちらをご利用ください。皆さま、お気をつけてお帰り下さい』

 マイクを置いて席に戻ると、わたしは重荷から解放された脱力感からか、ふーーーーっと重く長いため息をついた。

「――お疲れさまです、絢乃さん。喉(かわ)いたでしょう? これどうぞ」

 そんなわたしの前に、彼がウーロン茶の入ったグラスを置いてくれた。わたしの挨拶の間に、ドリンクバーで()れてきてくれたらしい。

「あ……、ありがとう。いただきます」

 冷たいウーロン茶を一気に飲み干すと、わたしは生き返った。

「皆さん、ざわついてましたね。まあ、仕方ないといえば仕方ないですけど」

「うん。でも、これでわたしの務めは無事に終わったわ。あとは帰って、パパの様子をママから聞くだけ」

 父は今、どんな具合なのだろう? ――わたしはその時、父が心配でたまらなかった。一刻も早く、自由(じゆう)()(おか)の家にすっ飛んで帰りたかった。

「――ところで、絢乃さんはどうやってお帰りになるんですか? ハイヤーで? それともお迎えが来るんですか?」

「ああ……。そういえば、そこまで考えてなかったわ」

 彼に訊かれるまで、自分が帰宅する手段のことをすっかり忘れていた。
 ハイヤーは多分、お客様たちのために手配していたはずだし。寺田さんに連絡して来てもらうことも考えたけれど、それは二度手間になってしまうので何だか彼に申し訳ないなと思った。

「とりあえず、大通りに出てタクシーでもつかまえるわ。どうにかなるでしょう」

「自由ヶ丘までタクシーなんてもったいないです! あの……、僕の車でよければお送りしましょうか?」

「……え? でも貴方、車は――」

「ああ、大丈夫です。僕は下戸(げこ)なんで、飲んでませんから」 

 飲酒していたら運転は……と言いかけたわたしに、彼はニッコリ笑ってそう言った。そういえば、彼が飲んでいたのはウーロン茶だったような気がする。

「ああでも、立派な乗用車とかじゃなくて、軽自動車(ケイ)なんですけど。それでもよければ……」

 わたしは車に対して、特に偏見やこだわりはなかった。もちろん今も。
 世の中には、軽自動車に乗っている男性を「カッコ悪い」とか言う女性もいると聞くけれど、わたしは違う。
 
 そして何より、せっかく彼が厚意でそう申し出てくれたのだから、贅沢なんて言っていい立場でもなかった(というか、言わないし)。

「ありがとう。わたしは軽でも全然構わないわ。じゃあ……お願いしようかな」

「はい! 安全運転で、無事にお家までお送りします!」

 彼が大真面目にそう宣言したので、わたしは思わず笑ってしまった。彼は――貢は、本当に人の心を和ませる名人なんだなと、わたしはその時思った。

「うん。桐島さん、お願いします」

****

 駐車場の自分の車の場所まで来た彼は、(フォー)ドアタイプの軽自動車のロックをリモコンで解除すると、後部座席のドアをわざわざ外から開けてくれた。

「絢乃さん、どうぞ」

「ありがとう。――でも」

 わたしはそうお礼を言ったけれど、後部座席には乗らずに助手席のドアの前まで行った。

「……ねえ、助手席に乗ってもいい?」

「えっ? ……はあ、いいですけど。絢乃さんがいいんでしたら」

 彼はわたしの望み通り、今度は助手席のドアを開けてくれた。

「ちょっと(せま)いかもしれませんけど、どうぞ」

「ありがとう。ワガママ言ってゴメンなさいね」

「……いえ」と、彼は軽く首を振った。わたしは助手席に乗り込むと、キチンとシートベルトを締めた。
 彼は外からドアを閉めると、運転席に乗り込んでドアをロックし、エンジンをかけた。

「――すみません、こんな貧乏くさい車で。窮屈(きゅうくつ)ですよね」

 運転しながら、彼はなぜかわたしに謝った。

「後部座席なら、もっと広いと思ったんですけど……」

「ううん、いいの。わたしがお願いしたんだもの。助手席って、一度乗ってみたかったのよねー」

 わたしは初めて乗る助手席にワクワクしていた。フロントガラスから見える景色は、普段後部座席の横の窓から見える景色とまるで違っていた。

「へえ……、前からだと外の景色ってこんなふうに見えるのね。面白ーい♪」

「絢乃さんは普段、車に乗られる時は後部座席なんですか?」

 わたしの楽しそうな(実際、わたしは楽しんでいたのだけれど)反応を見た彼が、そんな質問を投げかけてきた。

 わたしはちょっと首を傾げながら答えた。

「そうね……、乗る時はやっぱり後ろの席ばかりかな。もっとも、車に乗る機会自体、あんまりないんだけど」

「そうなんですか?」

 わたしの答えがあまりにも意外だったのか(後から聞いた話では、本当に意外だったらしいのだけれど)、彼は目を瞠った。

「ええ。通学も電車だし、寺田さんの送迎なんて申し訳なくて頼めないもの。パパの運転で親子三人で出かける時は、わたしは後ろでママが助手席だったのよ。だからわたし、一度助手席に乗ってみたかったの。前から見る景色がどんなのか見てみたくて」

「そうですか……。じゃあ僕は今、身に余る光栄を(たまわ)ってるわけですね」

「えっ?」

「だって、絢乃さんの助手席初体験が僕の車なわけですから」

 彼があまりにも大真面目な顔でそう言うものだから、私はキョトンとなった。そして、思わず吹き出した。

「そんな、〝賜ってる〟なんて大げさねぇ。わたしは女王さまでも、お姫さまでもないのに」

 ただ、明治時代から代々続く経営者の一族に生まれ育っただけで、わたしは普通の女の子だ。
 たとえ彼が雇い主の令嬢(むすめ)に敬意を払っただけだったとしても、〝賜ってる〟はオーバーすぎると思った。

「そうですよね。でも、絢乃さんに乗って頂くのに、こんな車じゃちょっともったいないですよね。自分で買ったんですけど、ケイじゃねぇ……。もっといい車にすればよかったかな、と思って」

「あら、そんなことないと思うけど。自分で買ったってだけでもスゴいもの。わたしはいいと思うわよ」

 彼は当時、まだ二十五歳だった。その若さでマイカーを持っているなんて、それだけでもスゴいことだと思ったのだ。

「絢乃さんがそうおっしゃるなら、それでもいいんですけどね。この車のローン、もうすぐ終わるんです。そしたら、別の車に買い換えようかと思ってて」

「そうなの? もう車種は決まってるの?」

「あ……、はい。今度のはセダン車にしようかと。ローンの支払い額は少し高くなりますけど……」

 ローンで買うということは、当然新車だろうと、わたしは見当をつけた。少なくとも百万円単位の金額がかかる。……実際、その車は四百万円かかったのだと、のちに彼本人から聞いた。
 そして、その支払いは今でも続いている。――それはさておき。

「次に絢乃さんをお乗せする機会があった時は、こんなに窮屈な思いはさせないで済むと思いますから」

「…………あ、ありがとう」

 ――〝次の機会〟があるなんて、この時のわたしには想像もつかなかった。
 でも、「また彼に会える」と思うと胸躍る自分がいたのも事実で、やっぱりわたしは、この夜すでに彼に恋をしていたのだと思う。

「――ねえ、桐島さん。貴方のこと、教えてくれない? ご家族のこととか、今住んでるところとか」

 外の景色を眺めるのにも飽きてきて、時間を持て余してしまったわたしは、彼自身のことを聞きたくなった。
 運転席に体ごと向き、彼に問いかけた。

「……はあ。えっと、家族は両親と僕と、四歳上の兄の四人です。住んでるのは渋谷(しぶや)区の代々木(よよぎ)で、僕は入社してからは実家の近くのアパートでひとり暮らしをしてます」

「へえ、代々木に住んでるの。じゃあ、お父さまのご職業は?」

「父は、大手メガバンクで支店長を務めてます。母は専業主婦ですけど、結婚前は保育士だったそうです。兄は……フリーターで、アルバイトを三ヶ所くらい掛け持ちして働いてます。調理師免許を持ってて、将来は自分の店を出したいって言ってます」

 彼はお兄さまの話をする時だけ、何だか歯にものが挟まったような言い方をしていた。わたしはご本人にお会いするまで、兄弟の仲があまりよくないのかと思っていたほどだ。のちにそれは、わたしの誤解だったと分かるのだけれど。

「お父さまは銀行の支店長さんなのね? きっと、勤勉で誠実な方なんでしょうね」

「……はい。確かに、父は勤続三十年以上のベテランで、人望にも厚いですけど。どうしてお分かりになったんですか?」

「だって、支店長を任されるくらいの方だもの。それだけの信用がなくっちゃ。今日会ったばかりだけど、貴方を見てたらお父さまのお人柄も分かるわ」

 彼が誠実で真面目な人だということは、わたしもあの数時間ですでに分かっていた。お父さまが銀行員だと聞いて、彼の人柄はもしかしたらお父さま譲りなのかも、と思ったりした。

「そうですかねぇ……。ありがとうございます」

 彼は少し照れたらしく、少しぶっきらぼうにわたしにお礼を言った。

「桐島さんは、お父さまと同じように銀行に就職しようとは思わなかったの? もちろん、篠沢に入社してくれたことは嬉しいけど」

「はい。人には向き不向きってものがありますから。少なくとも僕は、銀行員には向いてないなって自分で分かってたので、就活の時真っ先に銀行は外しました。父の後を継ぐ必要もないですし」

「そうよね……。うん、なんとなく分かるわ」

 お父さまもサラリーマンなのだから、彼が父親と同じ職を選ぶ必要はなかったわけだ。それで彼は、篠沢商事と縁があって入社した。
 たとえそれが、彼が内定をもらったうちの一社に過ぎなかったとしても、最終的に入社を決めたのは彼自身なのだから。

「僕は篠沢に入社してよかったと思ってます。……まあ、正直給料もいいですし、でもそれだけじゃなくて。大企業なのに、みんなが家族みたいっていうか、アットホームっていうか。すごく働きやすくて、居心地がいいんです。絢乃さんのお父さまのおかげです」

「ありがとう! それ聞いたら、きっとパパも喜ぶと思うわ」

「会社やグループのみんな、源一会長のことが大好きなんですね。だからこうして、毎年会長のお誕生日に会社のイベントとしてパーティーを開催してるんですよね」

 父の誕生パーティーは、父が会長に就任してから五年間、毎年行われていた。
 それも業務命令で、ではなく、最初は父が所属していた営業部の有志のメンバーで始めた会だったらしい。それがいつしか、会社全体で「やろう」「会長のお誕生日をお祝いしよう」というムードになり、あれほど大規模なパーティーになったのだと、わたしは母から聞いた。

「うん……。でも多分、パパの誕生パーティーは今年が最後になると思う」

 わたしは沈んだ声で、彼に答えた。
 父はもう長く生きられないかもしれない。――わたしはこの時、もう覚悟を決めていたのかもしれない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み