第三十九幕!砕けた思い

文字数 9,432文字

雪もだいぶ落ち着いた明け方。南富良野を攻略したサク率いる遠征部隊は、遠くに顔を出し始めた朝日を浴びながら、悠々と帯広へ帰還を果たす。俺と典一も怪我の痛みに悩まされながら、無事帯広まで戻ってくることができた。
占領した南富良野は、ともに戦った戦友のユワレとアイヒカンに任せてある。彼らは土地勘もあり、戦闘にも長けているので、迂闊に官軍を寄せ付けることはないだろう。
それから俺は先生の計らいもあって、サクから再び軍を率いる許可を正式にもらった。そして雪愛とイカシリは、引き続き俺の下で戦ってくれることになる。





帯広に到着した日の昼。俺は療養施設のベットの上で、カネスケの活躍を聞いた。いつの間にか彼は、一軍の参謀として成果をあげる。そして、すでに万を超える数の兵士を動かせる立場まで登り詰めていたことに驚かされた。
先生は、カネスケがそこまでできるだろうと予測して、アイトゥレ将軍の参謀に推薦したらしく、当たり前の結果だと言っていたが、内心嬉しそうに話していた。
網走攻略戦の第一段階として、アイトゥレとカネスケ達4万が、屈斜路湖側から網走を目指す。それから、サクと俺たちが北見を攻略する。そして、網走の正面玄関に位置している美幌町で合流して、監獄攻略作戦に突入する手はずだ。
俺はカネスケの活躍に感化されて、早く次の戦場へ向かいたいと意気揚々としていた。先生は少し休んだ方が良いと助言してきたがそうも言ってられず、訓練に向かおうと鎮痛剤を打つために部屋を出た。
すると紗宙と灯恵が、廊下のベンチに座って雑談をしていた。おそらく、先生から見張りを任されているのだろう。俺はさりげなく挨拶をすると、いつも通り出口へと歩いた。しかし、彼女達が見逃すはずがない。結局俺は、部屋へ押し戻されることになる。
することもないので、1人で軍から支給されたタブレットを使って、ネット新聞に目を通しながら1日を過ごすのであった。
ネット新聞の記事の一角に、この北海道戦争のことが書かれていた。どうやら北海道は、世界で危険地域に認定されてしまったようだ。日本政府は、国の威信をかけてテロ集団を制圧すると書かれていた。そして近々、青森官軍や仙台官軍など政府に重々な官軍組織、そして国家直属の自衛隊が、札幌に援軍を派遣するだろうと書かれている。
この記事どうりに事が進むと、援軍が揃い次第、札幌官軍がAIM討伐に本腰を入れ始めるだろう。
その前に何としても、道東地方を制圧しておかなければならない。俺は、非常に焦りを感じながら、早めの就寝をとった。





まだ月がはっきりと見える夜明け前。紗宙は、鏡の前で化粧を整えていた。
軍の遠征開始日が3日後になり、ゆっくりと寝られると思っていたが急な用事が入った。サクが、見せたい景色があるというのだ。
初めは、蒼のこともあって、サクの誘いは断ろうと考えていた。しかし、彼がどうしても2人で見たい景色があるというものだから、彼の気持ちに応えて行くことに決めた。
それにしても、今日は寒さが尋常ではない。地球温暖化が原因なのかわからないが、昨今異常気象が続いている。故に、まだ12月初頭にも関わらず、気温がマイナス15度を下回っている。彼女は、帯広市内で手に入れた防寒性マックスの厚手のダウンジャケットを着て、サクが部屋に来るのを待っていた。
外の風の音と、灯恵のかすかな寝息しか聞こえない、この静けさに包まれた空間。ここは、激動の日々に身を置くことで張り詰めていた気持ちに、少しだけ安寧をもたらしていた。
少し経った頃、ドアから小さなノック音が響く。彼女がドアを開けるとサクが立っていた。彼のジャケットには溶けた雪が所々付いていて、どうやら外で作業をしていたようである。
サクは、灯恵が寝ていることに気がつく。


「車を着けている。話は移動しながらしよう。」


そう言うと、彼は紗宙を連れて外に出た。





外は室内と比べ物にならないくらい冷えていて、肌が張り裂けそうになるくらい風が痛い。
サクは彼女を助手席へ案内すると、急ぎ車を発進させる。


「この寒さには慣れたか?」


「慣れるわけないよ。慣れたと思ったら更に寒くなるから。」


車内は暖房を付けているというのに、なかなか暖かくなってくれない。吐息も白いままである。


「それにしても、普段はズカズカと物を言ってくる奴も、寝てると普通の女の子なんだな。」


「灯恵のこと?」


「あいつ以外いないだろ。あんなに物怖じなく物申してくるやつ。親父やアイトゥレですら、あまり強く言ってこない。なんなら部下の立場で、上長にあんなこと言える度胸のある奴なんて見たことない。」


「彼女は気が強いからね。15歳であそこまでしっかり自分の思いを伝えられるの、本当に凄いと思うけど。」


「いったい誰に似たら、ああなるんだろうな。」


「彼女もいろんなこと背負ってるから強いんだと思う。あとは結夏の影響もあるんじゃないかな。」


「あのギャルか。」


「負けず嫌いで努力家で気が強くて、そしてちょっとやんちゃで。血は繋がってないけど、あの2人ってそっくりだと思うことよくあるんだ。」


「なんか楽しそうだな。」


「え、なにが?」


「仲間のことを話してる時の紗宙の顔。」


「そ、そうかな?気がつかなかった。」


「俺が知っている中で一番微笑んでたぞ。」


「そっか。けどそれだけみんなのことが好きなんだと思う。誰1人欠けて欲しくない大切な存在。」


サクは、キーボックスを開けて彼女にコーヒーを渡した。冷蔵庫に入れておいたわけでもないのにキンキンに冷えていて、よくわからないところでも北国を感じてしまう。


「けどなんか、革命団っぽくない革命団だよな。」


「言われてみれば、戦場と日常のギャップが半端ないかも。」


「クーデターとか、地下室とか、拷問とか、自爆テロとか、暗殺とか、そう言った要素殆ど皆無だもんな。」


「イメージ悪すぎじゃない?」


「いや世間一般の革命団はそんなものだろ。地下道にアジトがあって、少し薄汚い過激な集団みたいな。」


紗宙は笑った。


「歴史の教科書の読みすぎなんじゃないの?」


「いやそんなことはない。」


「でも、そこまでじゃないけど、人の死をなんども見てきた。血を浴びたし、戦いという理由で相手の命を奪ったこともあった。車中泊で風呂に入れないこともあった。それに、日本ではすでに指名手配犯。サクの想像も間違ってはいないかもね。」


「一般人からしたらヤバ人集団だもんな。新聞読んだけど、東京では非難の声が殺到しているようだ。」


「私も動画サイトで見たんだけど、明らかに悪意のある表現で嘘も交えて紹介されてて、ほんと悲しかった。」


「でも、それは俺たちAIMも同じだ。多くの人からしてみたら、ただのテロリストだよ。」


サクは、遠くに流れる十勝川を見ながら、車を海岸方面へ向けて走らせた。彼が1人でドライブするときは、いつもロックか民謡を流しているそうだ。でも今日は、紗宙が好きなポップスを流し続けていた。


「さっきの話の続きだけど、もし仮に私と蒼と先生と龍二だけだったら、本当にイメージ通りの冷たい革命団だったかもしれない。逆に、直江くんと典一と夏穂と一恵だけだったら、多分革命団ごっこで終わっていた。それぞれの個性が混ざり合ったからこそ、今の革命団があると思っている。」


「混ざり合うことで、良い関係を生み出したということか。」


「最高のメンバーだよ。」


2人がくだらない話をしていると、いつの間にか海岸線が見えるあたりまで来ていた。冬の太平洋に朝日が昇り出している。
サクは遠回しに聞く。


「革命団はいつも一緒にいるんだから、誰かしら恋愛に発展したりしてないのか?」


「してなくもないよ。」


サクの顔が少し曇る。彼が詳しく聞こうと言葉を選んでいると、車が先に目的地へ着いた。
サクは質問を諦め、車を停車させる。





大津海岸は、十勝川の河口に位置する絶景スポットらしい。紗宙は、サクに連れられて海岸まで足を運んだ。
するとそこには、遮るものが何もない朝日に照らされた冬の太平洋が広がっていた。


「ここ良いね。何もないからこそ、悩んでたこととか不安も、全てなかったかのように自然でいられる気がする。」


「ここに来ると落ち着くんだ。来てよかっただろ?」


「うん。ついてきてほんと良かった。」


冷たい寒風が紗宙の髪をなびかせる。そして、たまに髪を直す紗宙の仕草が、たまらなく可愛かった。サクは景色よりも紗宙の方へ意識がいっていた。


「良いもの見せてくれてありがとう。」


「いや、これは前菜だ。」


「まだ何かあるの?」


サクは紗宙をその場で待たせると、海岸の奥へ歩いて言った。そして、戻ってきた彼の手には、透明感溢れる大きめの氷が握られていた。


「こいつを朝日にかざしてみ。」


紗宙が、言われた通りにそれをやってみると、氷の塊はオレンジの眩い光を放ち、まるで宝石のような結晶へと変化を遂げた。
あまりの美しさに言葉が出ない紗宙にサクが説明する。


「こいつはジュエリーアイスって言って、十勝川の水が凍ってできた氷の塊なんだ。本来は2月ごろしか見れないんだけど、今日は奇跡だ。」


「知らなかった。こんなものがあるなんて。」


「写真撮ってあげるよ。」


紗宙は、ジュエリーアイスを朝日に掲げて写真を撮ってもらった。その時のサクは、今まで見たことのない清々しい顔をしていた。彼女は、景色やジュエリーアイス以上に、普段見ることがないサクの一面を見れたことが何より嬉しかった。





海岸を出て車に乗り込むと、サクはエンジンをかけずに目の前の海を見つめていた。
それから、紗宙の方を向く。


「海岸で聞く波の音も良いけど、車内から聞く微かな波の音も良いもんだな。」


「それわかる。微かに聞こえる音って、優しくて良いよね。」


サクはさらっと彼女に言う。


「俺、紗宙のこと好きなんだよね。」


紗宙は下を向いていた。噂では聞いていたし、2人で遊びに行きたいって言われた時点で覚悟はしていた。
サクはさらに続ける。


「死んだ元カノに瓜二つで、一目惚れしことが始まりだった。でも、今は違う。短い間だったけど、紗宙のいろんな顔を見てきてさらに好きになったんだ。俺と付き合ってくれないかな?」


紗宙は考えていた。もちろん答えは決まっている。しかし、相手はAIM第二の実力者。仮に答えを出したことが、彼の精神的な部分に影響を及ぼしたら、責任は重大だ。何と言っても、サクは精神的にそこまで強い人間ではない。それに彼は、蒼のことを忌み嫌っている。もしここで下手な答えを出して逆鱗に触れたら、サクは蒼を暗殺するかもしれない。
彼女はしばらくだんまりしていた。サクは、彼女の顔を真剣に見つめて動かない。
彼はプライドを捨てて、本気でぶつかってきている。それに対して、本当のことを言わないのは失礼なことだ。でもやっぱり不安だった。そんな窮地に追い込まれたとき、彼女の頭によぎるのは、革命団の仲間たち、そして蒼の顔であった。すると、自然と肩の力が抜けて、頭を覆っていたモヤが晴れたように感じた。
彼女は勇気を振り絞って答えを出す。


「ごめん。無理。」


サクの目から、少しずつ光が消えていく。


「そっか...。」


「みんなには言ってなかったんだけど、実は付き合ってるんだ。」


サクの顔は暗かった。


「北生蒼か??」


紗宙は頷いた。


「別にサクが嫌いだから振ったんじゃない。誰よりも、あの人のことが好きだから振った。」


サクの目は若干充血している。そして無言で海を見つめていた。沈黙が支配するこの空間は、非常に重苦しい世界だった。


「けど、そう言ってくれたことは嬉しかった。ありがとう。」


サクは怒っているのだろうか。何も話そうとしなかった。彼は、三味線の民謡を流すと音量を上げ、エンジンをつけると車を発進させた。
駐車場を出たあたりで、何か硬いものを踏み潰してそれが割れる音が聞こえた。
紗宙は焦って窓の外を見たところ、そこら中に氷の破片が散らばっていた。きっと誰かが、あの海の氷を持ち帰る途中に、道に忘れていったものなのだろうか。美しい透明な氷は、粉々に砕け散っていた。
サクは、帯広の司令部に帰るまで、結局一言も発することはなかった。
唯一交わした言葉は、別れ際の一言程度だった。





晴れた午後。俺は早朝起こった事件のことなどつゆ知らず、鈍った身体を慣らすために、散歩へ出かけようと部屋を出た。廊下を何食わぬ顔をして歩いていると、暗い顔をして洗面所から出てきた紗宙とばったり鉢合わせた。
俺が声をかけると、彼女は何事も無かったかのように振る舞う。だけど、俺にはわかる。彼女に何かあったことくらい。だから彼女を散歩へ連れ出した。





この街はそこそこ栄えている。司令部の周りは、都内で言うなら明大前くらいの賑わいだろうか。
人が程よくいるので、寂しさを感じないあたり丁度良い。
帯広に到着してからというもの、まともな非番の日がなかった。だから、実質今日は初めての休日だろう。
俺は、縁もゆかりもなかったこの街を、彼女と一緒に冒険気分で散策した。彼女も俺に気を使っているのか、凄く楽しそうにしている。だけど、顔が疲れていることくらいまるわかりである。
少し静けさのある裏路地にお洒落なカフェがあったので、そこで彼女の話を聞くことにした。
中へ入ると、意外にも奥行きがあって広々としていた。終始落ち着いたクラシックが流れていて、どこか音楽室と雰囲気が似ているカフェであった。
席を案内された際に、店員は俺の来ている軍服に目を留めた。


「もしや、AIMの兵隊さんですか?」


俺がそうだと言うと、彼はとあるカードを渡してくれた。それを持っているAIMの関係者は、町の提携している飲食店全てにおいて、50%OFFで飲み食いができるという優れものだ。紗宙の分ももらうことができたので、2人してだいぶ得した気分になれた。
注文を済ませると店員が去る。俺は彼女に尋ねた。


「今朝から元気無いようだけど、なんかあったの?」


「なんでもお見通しなんだね。」


「わかりやすいんだよ。」


「そうかな...。でもちょっと色々あった。」


「灯恵と喧嘩でもしたか?」


「そんなんじゃない。サクのことで...。」


「そういうことか。」


「蒼は知ってたの?」


「なんとなく、そうなんじゃないかくらいはな。」


「そうなんだ...。実は今朝ね、サクに告白されたんだ。」


俺は、少しだけ身体が前のめりになった。


「なんて返事したの?」


「もちろんNOって言った。けど、そのせいでサク、相当怒ってたような気がする。」


俺は、黙って彼女の目を見つめていた。
彼女は続ける。


「これが原因でAIMの勢いが乱れたり、サクが蒼を暗殺しようと画策したらどうしようって思って。ずっと不安で、頭がそのことでいっぱいだった。」


彼女の手は、少し震えているように見えた。俺は言葉を選んでから、彼女の手を両手で優しく包んだ。


「話してくれてありがとう。でも俺は、何も気にしないし、AIMに何かあっても俺がなんとかするから、紗宙は考え込まなくていい。」


紗宙はしばらく俯き黙っていた。
それから間を置いた後、力が抜けたように彼女は言った。


「ありがとう。少し落ち着いたかも。」


「良かった。なんかあればいつでも話てよ。」


紗宙は笑顔で頷いた。


「なんかなくても、いつでも話すよ!」


そんなことを急に言われた俺は、必死に照れ隠しをしていた。彼女は、そんな俺を見て笑っていた。お会計を済ませて外へ出た頃には、もう夕方である。
帯広は東京に比べて、明らかに日没が早い。そして、寒い冬の夜がやってくる。しかし、俺は彼女と肩を寄せ合いながら、寒いと言いつつも幸せな帰路についた。そして彼女を部屋へ送り届けたあと、サクヘの対抗策を考え始めるのであった。





明日も休みである。帯広の繁華街は、官軍から解放されてから、夜遅くまで営業する店が増えていた。俺は仕事を片付けると、先生を誘って街へ出た。
繁華街は、氷点下にも関わらず、多くの人々で賑わっている。どうやらここ最近は、西の『すすきの 』、東の『帯広』と呼ばれるくらいまで発展したのだと、町の酔っ払いが誇らしげに語りかけてきた。
先生のオススメで、美味しい豚丼の食べれるこじんまりとした居酒屋へ入る。彼は席に着くと、すぐに日本酒を注文。ここは提供が非常にスムーズで、日本酒はすぐに席へ運ばれてきた。
お猪口で乾杯をした後、先生が話を切り出した。


「リーダーとサシで飲むのは初めてですね。」


「そうかもしれないな。この旅中で、一番話しているのに不思議だ。」


「紗宙は、そのことで嫉妬したりしないのですか?」


「紗宙よりも、カネスケと典一から嫉妬されたことならあるぞ。」


先生はそれを聞いて笑っていた。
俺は先生に小声で尋ねた。


「先生は、俺と彼女の関係に気づいていたのか?」


「2人の仲睦まじい光景を見ていれば、誰だって察しますよ。」


それを聞いた俺は、恥ずかしさと誇らしさで言葉が詰まる。
目の前の酒を一口飲み、冷静を取り戻してから言葉を発した。


「そうか...。改めて言うと紗宙とできてた。」


先生は特に驚いてない。


「私は別に気にしませんよ。仲の良い男女がそうなるのは、自然なことですから。」


「こんな大事な時に浮ついたこと、悪いと思ったから隠していた。だけど、どうしても彼女のことが好きだった。」


「それがモチベーションに繋がっているのだから良いではないですか。前のリーダーよりも、今のリーダーの方が、人生に自信を持てている感じが伝わってきて頼もしいです。」


「こんなことを言うのは恥ずかしいが、先生にそう言われると、なんか許されたような安心感が出てしまうな。」


先生は笑った。


「はははは。それはようございます。」


俺は、お猪口の日本酒を飲み干すと本題に入った。


「話が変わるが、サクのことだ。先生はどう思う?」


「サクはまだ若くて未熟者です。様々なことで悩んで、今はきっと迷走しているのでしょう。けども私は、彼との付き合いが長いこともあり、良いところもたくさん知っています。だから言えるのです。彼は今を乗り越えれば必ず素晴らしき軍人になる。そして強きアイヌのリーダーになるだろうとね。」


「それを見届ける前に、俺が殺されるかもしれないがな。」


「まあそうならないように、常に目を光らせております。」


「いっそのこと、事故という名目で消すか?」


「それはなりませぬ。もしその事実が表に出れば、我々の目標は遠く彼方へ飛び去りましょう。」


俺は、注文した鮭のお造りをツマミに、無言で酒を飲んだ。
本音を言えば、俺はサクに対してすでに疑心暗鬼になっており警戒の対象でもあった。しかし、大将と部隊長の信頼関係が崩れているとなると敵に隙を与えかねない。だからこそ、クッションのような立ち位置にいる先生と、密なコミュニケーションを今まで以上にとることが重要だった。
サクの話題がひと段落すると、先生は話題を変える。


「そろそろ、国家建国の準備を本格化しなくてはいけません。」


「法律とか方針とかのことか?」


「もちろんそれもですが、人材の登用でございます。」


「そうか。確かに8人じゃ、国なんて運営できないよな。」


「もちろんです。それに我らは軍隊を持っていない。今あるのは、AIMから借りた兵士たちです。我々独自の部隊を作らねばなりません。」


「何か良い案は無いか?」


「2つございます。1つはSNSを使った方法です。
今、日本国の世論は国に対しての批判が強まっています。確かに、私たちや、その他独立国を作った人々を否定する人間は、半数以上を占めております。
しかし、全体の40パーセント近い人々が、新しい政府の誕生を支持しているのです。
つまり、SNSで呼びかければ、食いついてくる人材は多くいるでしょう。」


「アカウントを作っても、すぐに消されるのでは無いか?」


「そうとも限りません。我々をテロ組織扱いしているのは日本政府だけです。海外の企業が運営する媒体であれば、そのリスクは極めて低いでしょう。」


「なるほど。それなら使える手段ではあるな。」


「そして2つ目は、ヘッドハンティングです。」


「どこかの国から人材を取ってくるのか?」


「いえ、もっと身近なところからです。」


俺はまさかと思い小声で言う。


「AIMからか?」


先生はニッコリとした。


「さようでございます。直接話せてその人の仕事ぶりも観れる。こんなに良い人材の集め場所はここ以外ないでしょう。」


「イソンノアシに申し訳無くないか?」


「そういう考え方もありますが、今後必ず来るであろう出来事をお忘れですか?」


俺はハッとさせられた。なぜなら、この北海道戦争に目を向けすぎていて、その先どのようなことが起こりうるかを忘れかけていたからである。
俺はつい笑ってしまう。


「はははは。先生の言いたいことがわかった。ようは、俺たちの目標である日本再統一をする過程で、この北海道およびAIMも配下に加わることになる。だから、ここから優秀な人材を引き抜いて、申し訳ないなど思う必要がないということか。」


「その通りでございます。そして優秀な人材を引き抜くために、この戦争で成果を上げて、優秀な人材からの信頼を得なくてはならないのです。」


「その通りだな。大事なことに気づかせてもらえて助かったぞ。」


先生は謙遜していたが、彼のおかげで見失いかけていた野望への道を、また見つめ直すことができて非常に助けられた。


「最後に資金についてです。新潟や山形、仙台、そしてここ帯広など、いく先々で営業をしてみたところ以外にも反応が良くて、協賛してくださる企業がございました。それ故に、予想を超えた額の調達に成功しております。」


この報告を聞いて、俺は更に自分の夢に対して、現実味と自信を持てた。なぜなら、協賛してくれる人がたくさんいる。それはつまり、大勢の人が、俺たちが始めたこの活動を応援してくれていると考えられるからだ。
俺は、ますますやる気に満ち溢れてきた。怪我をして、療養のためのつまらない非番になると昨日までは思っていたが、どうやら気力も体力も回復できた最高の非番になったのかもしれない。
俺と先生はその後も、政治や夢、くだらない話に花を咲かせてそのお店を退店した。最後の締めで食べた十勝の豚丼は、まるでこの1日に花を添えるかのような、最高に美味い一品であった。





出発日の前日。兵士達の訓練を終えた部隊長たちは、各々休憩を取ってから参謀室に集まった。
俺は、なるべくサクと目を合わせないようにしていたが、彼も同じことを考えているのか目を背けていた。
全員集まったところで、イソンノアシが言う。


「アイトゥレが、阿寒摩周国立公園の制圧に成功した。我々本軍も遅れは取ってられぬ。早急に北見を陥落させて彼らと合流するぞ。」


そういうと彼は、部隊の配置や人員など細かい内容の発表する。今回は、イソンノアシが総大将で、先生は参謀。俺とサクは、先鋒隊として部隊を率いて戦うことになった。
先生の策謀だろうか、それともイソンノアシの意思だろうか。俺と彼は同じ立場である。そして、俺の元には、3千人の兵士が配属されることになる。
戦いで成果を上げることが大前提ではあるが、裏ミッションでもある人材集めも忘れてはならない。
会議が終わり部屋に戻った俺は、入浴をすませるといつもより早く床についた。
そして思うのであった。また目まぐるしく、忙しい死と隣り合わせの日々が始まるのだと。







(第三十九幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み