第9話 雨にうたれて

文字数 749文字

 シリルの遺体は王城から離れた都の辺境、墓場の一角に埋められた。
 その日はずっと雨が降っていて、参列者は皆、傘をさしていた。
 だが、ヘクサだけは傘をささずに最後まで葬式に参加した。
 シリルの遺体が墓に埋められ、参列者がいなくなっても、ヘクサだけはずっと墓の傍で片膝をつき、しゃがんで離れなかった。
 打ち付ける雨が激しくても、ずぶ濡れになっても、離れなかった。
 離れたくなかった。




 激しい雨音の中、ヘクサは聞いた。
「うまくいきましたね」
「シリル。あの娘、罪人の娘のくせに王子に手を出すもの」
 人間より耳がいいヘクサには今の言葉がはっきり聞こえた。
 そしてその声には聞き覚えがあった。
 一人はヘクサを離宮から疾病院に飛ばした女王だった。だが、もう一人の男は分からない。耳を澄ますと、女王が言う。
「誰も気づかないでしょうね。家来を使ってあの娘の食事に毒を混ぜたなんて」
 その言葉にヘクサは硬直した。
「女王様。代金の方を」
「待ちなさい。今払うわ。それにしてもいい毒だったわ。ありがとう」
 大量の金貨がこすれあう音。そして足音。
 静寂が訪れた後、ヘクサはやっと顔を上げることができた。
(病気じゃない? シリルは、殺された?)
 それにシリルは王子に手を出していない。実際に手を出したのは王子の方だ。
 それなのに、事実とは異なる嘘のせいで、シリルは少しずつ毒を盛られ、病気に見せかけて殺された。
 ヘクサは両手を握りしめる。爪が食い込み、掌から赤い液体が流れても、握りしめることを止めなかった。
 ヘクサは立ち上がると、耳を澄ませ、足音がした方角へ歩き出した。




 その後、ヘクサは姿をくらませた。
 守護署はヘクサを探したが、見つからないと判断すると解雇した。
 それから数か月は何事もなかったかのように平穏な日が続いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ヘクサ

……大樹から人の姿へ変化した植物の化身

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み