第59話

文字数 1,185文字

 長政を喪い、ふさぎこんでいたお市だったが一年の喪が明ける頃、ぎこちないながらも笑顔らしきものが戻ってきた。

 信長は妹に対する負い目もあるのか、滅多に顔を見せなかった。だが妹と三人の姪たちのことは常に気にかけており、贅沢な暮らしをさせていた。華やかな衣装や調度品に囲まれる日々は、多少なりともお市の心を慰めたようだ。

 織田家家中の者たちも、かつての高嶺の花が戻ってきたことを素直に喜んだ。筆頭家老の柴田勝家も、主君信長の名代としてお市に会う機会も増えた。それに伴い小十郎も、於小夜との逢瀬を限られた時間の中でかわす。

「於小夜、浅井どのの喪も明けた。そろそろお市さまに我らの事を打ち明け、我らが夫婦だと公にしないか」

 正月の参賀のために、お市と共に岐阜城へ登城した於小夜は、真夜中に小十郎の訪問をうけた。二人がひっそりと夫婦になって早三年の歳月が流れている。相変わらず小十郎は柴田家の足軽頭という身分だが、これ以上出世すると忍びとしての活動に支障がある。於小夜も、すっかり最古参の侍女として責任のある立場になってしまった。

「小十郎どの」
「もう人目を避けて逢うことに疲れた。於小夜は我が嫁と大声で知らしめたい。せっかく頭領さまのお許しも頂けたというのに、これではあんまりだ」

 二人とも三十代になった今、そういつまでも独り身でいるわけにはいかない。現に縁談の話がいくつか小十郎には舞い込んできており、角を立てずに断る日々にうんざりしているのだ。だが於小夜には躊躇がある。お市が心に深手を負っているにもかかわらず、己だけが幸せを掴んでも良いのかと。しかし忍びといえども於小夜も一人のおなご。三十歳を迎えた今、子を為すならば最後の機会との思いも強い。

「お市さまのことを案ずる気持ちも判る。しかし、俺は於小夜と所帯を持った以上、人並みの暮らしをしたいのだ」
「それは……わたしとて同じこと。でも」

 一年前の、お市の慟哭が於小夜の耳に残っている。今もお市は夜ごと枕を涙で濡らし、癒えぬ哀しみに耐えている。

「俺は頭領さまと約束したのだ。二人の間に子が出来たら、男女を問わず忍びにすると」

 新井の家は代々忍びを輩出している。叔父である庄助には、子がなかった。於小夜の姉も既にこの世に居ない今、新井の血を受け継ぐ子を産めるのは於小夜だけだ。忍びとしてもっと働きたいと思う気持ちもあるが、平凡なおなごの幸せを望む気持ちも強い。お市の産んだ三姉妹の世話を続ける内に、そのようなことを思う。残された時間は短い。

「……お市さまに、申し上げます」

 言葉に出してしまうと、今まで悩んでいた気持ちが消えた。同時に小十郎への想いが一気にあふれ出て、思わず我から夫の胸元へ頬を埋めた。

「於小夜……」

 妻の馥郁たる体臭が小十郎の鼻腔をくすぐり、たまらず男を刺激する。思わず、やや(しし)置きがついてきた身体を掻き抱く。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み