会長としてすべきこと。 ⑥

文字数 3,541文字

****

 パワハラ被害に遭っていた社員全員の証言が揃い、島谷課長が退職勧告を受け入れて会社を辞め、わたしと村上社長が謝罪会見を開いたのは三月三十日。年度末ギリギリのことだった。

『マスコミ各社のみなさま、本日はご足労頂きまして、誠に恐縮でございます。ただいまより、弊社社員により行われておりましたパワハラ事案について、弊社社長・村上及び〈篠沢グループ〉総帥・篠沢絢乃会長によります謝罪会見を行います』

 広報部の女性社員の挨拶に続き、マイクの置かれた会見席に着いていたわたしと村上さんが立ち上がり、ゆっくりと謝罪した。

『弊社におきまして、昨年秋から半年間に渡り起きておりました一部管理職によるパワハラ事案につき、当該部署の社員及び世間のみなさまに多大なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、誠に申し訳ございませんでした!』

 この日のわたしは紺色のスーツに、ブルーがかった白のシンプルなブラウス姿。スカートはタイトで、靴も黒のパンプスだった。
「服装からも、その経営者が本当に反省しているのかどうかが感じ取れるんです」とは、貢の直属の上司にあたる秘書室の広田(ひろた)妙子(たえこ)室長の言葉。彼女は勤続二十年以上、秘書室勤務だけで十年以上のベテランである。

『今後はこのようなことが二度と起こらないよう、再発防止のために全力を尽くして参ります。ですので、新年度から弊社に入社されるみなさんは、安心して弊社で仕事に励んで下さい』

『――では、報道陣のみなさま。ご質問のある方は挙手をお願い致します。順番にこちらから指名させて頂きますので、所属名とお名前をお願い致します』

 もちろん、報道陣の人たちにしてみれば訊きたいこと、知りたいことだらけだろう。あちこちから手が挙がった。どの人の表情も険しかった。
 謝罪会見の本番はここからだと、わたしは気を緩めることなく、いっそう背筋を正した。

「――会長さんに質問なんですが。先ほど、問題が起き始めたのは半年前だとおっしゃってましたが、どうして今になって公表に踏み切ったんでしょうか? もっと早くに公にしようとは思わなかったんですか?」

 この質問をしてきたのは、新聞社の記者だと名乗った三十代後半くらいの男性。目つきが鋭く、口調にもトゲがあって、ちょっと怖かった。

『それは、この問題自体、発覚したのがつい最近のことだったからです。ですから、このタイミングになりました。もっと早く公表することは不可能でした』

 それでもわたしは、(ひる)んでしまいそうな自分を奮い立たせ、(おく)することなく質問に答えた。

『わたしたちがこの問題を知るキッカケとなったのは、被害者だったひとりの男性社員の身内の方のお話でした。そこで初めて、弊社でのパワハラ事案の存在が明るみに出たわけです。すぐにわたし自ら調査を始めたところ、この問題の被害者は彼だけでなく、その部署全体の実に九割存在していることが発覚したんです』

 わたしは彼の名前と所属名は伏せて、この会見に至る経緯を話した。

『わたしはその事実を知った時、迷わず公表することに決めました。隠蔽することは賢明な判断ではございませんし、いずれ発覚することなら自分たちで公にしてしまった方が、弊社及び当グループが世間から受けるダメージや批判も小さいはずだと。――それは社の体裁を守るためではなく、社員やそのご家族の生活を守るためです。それが、わたしが会長として一番にすべきことだと考えました』

「――半年も前から問題が起きていたのなら、人事部へ報告が入っているはずですよね? それを会長がずっとご存じなかったのはどうしてでしょうか? 気づけなかったことで、会長は責任を感じられなかったんですか?」

 今度は別の男性記者から質問が飛んできた。

『それは……』

 わたしは返事に詰まった。ことが最初に起きたのは半年前。その時にはまだ父が会長で、わたしはこの会社と直接は何の関わりもなかった。
 でも、父でさえこの問題を知らなかったのだ。それでどう答えろというのだろう?

『この件に関して、会長には何の責任もありません。ですから、彼女を責めるのはやめて頂けませんか』

 そんなわたしをフォローしてくれたのは、村上さんだった。

『半年前は、彼女はまだ会長に就任されておりませんでした。彼女のお父さまが会長でしたが、彼もその頃にはすでに体調を崩しておりまして、この件は把握しておりませんでした。社長である私ですら、この件は知りませんでした。ですから、責任があるとすれば会長親子ではなくこの私です』

 彼も記者の不躾な質問に怒りを覚えていただろうに、それをお首にも出さずに冷静を保って答えていたのには、わたしも脱帽だった。

「――ところで、パワハラをしていた当事者であるその管理職の処分については、どうなさったんでしょうか? 会長、お答え願います」

 また別の女性記者が質問してきた。

『当該部署の管理職は、今月末付けで依願退職と致しました。解雇ではなく依願退職にしたのは、先ほども申し上げたとおり、彼のご家族の生活を守るためです。問題を起こした当人は責められても仕方ありませんが、彼のご家族には何の罪もございませんので』

「それでは甘いんじゃないですか? 解雇すべきだったのでは?」

 ……やっぱりツッコまれた。でも想定内だったので、わたしは素直に認めた。

『それは、わたし自身も思いました。ですが……、彼にはまたゼロからやり直してほしいんです。彼にもまだ未来がありますから。年齢的にも、再就職が難しい年代です。そんな彼に、これ以上マイナス要素を増やすようなことはしたくありませんでした。人は誰しも、(あやま)ちを犯します。彼もまたその一人です。ですが、彼もわたしにとっては家族のようなものなんです。わたしは彼に過ちを悔いて、前を向いてほしいと思っております』

 この考え方も甘いのだろうか? 恐る恐る報道陣の反応を窺ってみると、やっぱりあちこちからヤジが飛んできて、バッシングされ続けたわたしのメンタルはもう限界寸前だった。

「――では最後に、御社の再発防止策についてお聞かせ頂けますか?」

 同じ女性記者から、最後の質問がきた。それには村上さんが答えてくれた。

『弊社と致しましては、心理カウンセラーの先生を外部からお呼びして、被害に遭っていた社員のメンタルケアに努め、管理職にはコンプライアンスの徹底を呼び掛けていくつもりでおります。個人個人の意識を変え、「パワハラはいけないことだ」と思わせることが、再発防止として最善の策だと考えております。――会見は以上です』

 メンタル面でやられているわたしを(おもんばか)ってか、どよめく報道陣を尻目に、村上さんが会見を打ち切った。広報部の社員がその場に残り、報道陣にペコペコと頭を下げていた。

「――村上さん、先ほどはありがとうございました。貴方が一緒で助かりました」

 最上階へ上がるエレベーターの中で、わたしは村上社長に助けてもらったお礼を言った。

「『会長はひとりじゃない』と申し上げたはずです。あなたは僕にとって娘のようなものなんですから、お父さまの代わりに甘えて頂いて構わないんですよ? ――会見、お疲れさまでした」

「……はい。お疲れさまでした」

 本当に父親のように微笑み、わたしを励ましてくれた彼は、先にエレベーターを降りていった。
 この一件でいちばん責任を感じているのは、わたしよりも社長である村上さんだったのかもしれない。いざとなったら、わたしを(かば)って責任を取り、社長職を退任する覚悟だったのだと思う。

「――ただいま」

 会長室へ戻ると、わたしは留守番をしてくれていた貢に声をかけ、デスクではなく応接スペースのソファーにぐったりと座り込んだ。

「おかえりなさい。会見、お疲れさまでした」

「疲れたぁー……。もう今日は仕事する気力もないわ」

 彼にだから、弱い部分もさらけ出せる。正直、この日ほど会長の責任がしんどいと感じたことはなかった。
 でも不思議と「会長を辞めたい」と思わなかったのは、彼を守ることもわたしがすべきことだと分かっていたから。

「会長、ありがとうございました! 僕との約束を守って下さって」

 彼は九十度に腰を曲げ、〝最敬礼〟の姿勢でわたしにお礼を言った。わたしの誠意は、彼にも十分伝わっていたらしい。

「桐島さん、頭上げて! わたしは会長として、当然すべき務めを果たしただけよ。貴方のこと、本気で守りたかったから」

 彼のため。――それがわたしの本心だった。どんなにカッコいいことを言ったって、結局はそこに辿り着いてしまうのだ。わたしは彼のことが好きだから。

「はい!」

 顔を上げた彼は、満面の笑み。わたしはそれを見られただけで、この件への達成感を得ることができたのだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み