31

エピソード文字数 616文字

 倉庫の天井がバキバキと不気味な音を鳴らす。

 みんなは蹌踉(よろ)めきながらも、一斉に出口に走る。倉庫内から外に出るためにシャッターを開けようとするが、建物が歪み思うように開かない。

 信也の姿を目で探すが、あざみに封じられる。倉庫内は霧のように粉塵(ふんじん)が舞い視界が霞む。

 もはや倉庫内は地獄と化していた。落下物で怪我をし動けない者。ガラス片が体に突き刺さり流血している者。

 男達は落下した木材や壁の下敷きとなり、頭や口から血を流し呻いている。

 倉庫内に悲鳴と怒号が(とどろ)き、血に染まり割れた窓に必死でよじ登る女達。シャッターの隙間から、我先に這い出そうとする女達。

「紗紅ー……」

 信也の声が……
 微かに聞こえたが、姿は見えない。

「信……也……み……の……」

 傷を負い動けないあたしの体の下で、さらなる亀裂が広がる。倉庫の床がバリバリと音を立てて裂ける。

 ゴオーと薄気味悪い地鳴りがし、天井がパラパラと落下する。建物の中央がその亀裂に吸い込まれるように陥没し、屋根が一瞬浮き上がった。

 ――倉庫が……
 崩れ落ちる……!

 あたしは目を見開き、天井を見上げた。
 コンクリートの床の地割れは広がり、巨大な口を開けた。

 ――次の瞬間……
 スローモーションのように周囲が歪んだ。

 建物が崩れ落ちたと同時に、あたしの体は巨大な穴に吸い込まれ、暗黒の世界に堕ちた……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み