アリスと新しい生活(4)

エピソード文字数 2,590文字

 お昼も食べずに、アリスことで、父親と母親が話し合いを始め。

 30分経過。
 2人とも同意見で納得。
 アリスの好きなようにさせる。

 しかし、一見納得はしてみたものの、母親は、小説家になるべきだと、その才能を伸ばすべきだと、思っていた。

 少し遅いお昼になり。
 その頃アリスは、自分の部屋にいた。泣き疲れ、ベッドに倒れるように眠っている。

 母親は様子を見に。 
 ドアをノックすると、返事は無く。
 ドアを開けると、眠っているアリスを見て、毛布を1枚掛け。
 手に持っている、ノートを机の上に置き。何か探している。
 すると、机の上に何も書いていない1枚の紙を見つけ。ペンを握り、何か書いている。
 書き終えると、母親は部屋を出た。

 しばらくすると、アリスは目を覚まし。毛布に気づき。机の上にある時計を見た。

 すると、ノートに気づき。
 机の所に行くと、母親の手紙が。

 手に取り。
 読むと。

 アリスへ。
 お父さんも、お母さんも、アリスが決めたことなら、それを応援する。アリスの好きなようにしなさい。
 7歳なのに、何処か大人の雰囲気。しかし、7歳。よく考えて決めなさい。
 あなたには、小説家の才能がある。きっと有名な小説家になる。お母さんも、お父さんも認めています。
 サンドイッチとミルクティーを用意しています。母より。

 アリスは、決断をしていた。科学者になるのか、小説家になるのか。しばらくして、1階に行くと。
 母親はソファーに座っている。
 アリスに気が付き、母親は、何も言わず、サンドイッチとミルクティーを持ってきた。

 アリスはソファーに座り、一言、母親に、「ごめんなさい」と。

 翌日。
 朝食、いつものように3人一緒。
 無言の食事でしたが、アリスは、晴れ晴れとした気持ちでいた。

 食事が終わり、いつものように、アリスは、後片付けを手伝い。

 しばらくして、父親と母親が、ソファーに座り、紅茶を飲んでいる。

 すると、アリスは、父親と母親の目の前に立ち。真剣な表情。
「お父さん……! お母さん……! 私、決めました! 科学者になります! お父さんとの約束、必ず守ります!」

 アリスが母親に言った、一言、「ごめんなさい」は、このことでした。

 父親に約束した。タイムマシンを2人で完成させると。
 この壮大な研究。先の見えない研究だが、諦めないと。

 母親は、これはすり替えられた、夢だと。

 この日を境に、友達と遊ぶのを辞め。朝から、夕方まで、研究所に入りびたり。科学者に必要な知識を得る為、片手に辞書、難しい本を読み。ときには、父親の手伝い。あっという間に半年が経っていた。

 そして、母親の気持ちと裏腹なアリス。科学者を決定づける、事が起きた。アリス8歳になる誕生日、前日。

 アリスは最近、時々、午後から研究所に行くことがあり。午前中は、ここ1階のソファーに座り、その前にある、テーブルに紙と絵具を用意。絵を描くことがある。

 絵で物語をアイディアを考える癖。科学者に必要な発想。ここにも生かされ。

 すると、母親がその絵を見て。
「アリス、相変わらず、絵、上手ね……! その星の絵、綺麗ね!」
「星!? 違うよ、お母さん……! これは、素粒子の集合体」
「素粒子!? 集合体ってなんなの? どう見ても星よね!?」

 その時、父親が休憩を取りに。

 母親が、父親に気づき。
「お父さん……! アリスの絵、ちょっと見てくれる!?」

 どれどれと、言われるがまま、見ると。
「……星の絵か……」
 母親は、やっぱり星の絵だよねと。

 アリスは、立ち上がり。
「もー、お父さんまで! 何言ってるの! これは、素粒子の集合体!」、少し、不機嫌。
「えっ……!? アリス、今、なって言った!?」
「……素粒子の集合体って、言ったけど」

 すると、その絵に描かれている絵を説明しろと。

 アリス、説明。
 真ん中に、素粒子の集合体。右側は、恐竜。左側は、未来都市。
 どうやら、夢を見たらしく、タイムマシンに乗った夢を。

 急に真剣に表情、鳥肌状態の父親。
「……そうか……そう言うことか、その手があるのか!?」
 父親はテーブルにあった紙に、もの凄い勢いで数式のようなものを書き始めた。

 母親もアリスも呆然として見ている。

 30分くらい経ち。用意していた紙、数十枚を全て使い切り。
「いける、これならいける! よくやった! アリス! 大した娘だ……! 科学者の娘! よくやった!」

 父親は大喜び。そこらじゅうを走りまくり、アリスを抱きかかえ、嬉し涙を。
 どうやら、タイムマシンを作るヒントを得たようです。
 そして、初めて褒められたと言ってもいいぐらいアリスには、褒められた記憶がありません。

 その光景を見ている母親は、もう小説家にはならないと。
 次の日、あの集合写真を撮った。

 タイムマシンの実現が可能と判断。今後のことを考え、資金を増やす為、今ある土地を半分売り。市場の100倍で土地が売れ、大金が手に入り。研究所を建て替え、倍の広さになり。一生分、3人食べていくお金は確保。資金は十分。

 しかし、それと引き換えに、木木が生い茂り、緑いっぱいの芝生に覆われていた、景色は無くなり。遊び場、ブランコも無い。家の周辺は、2メートルの高さの塀で囲い。少しの花畑、少しの芝生が残った。
 母親はさみしい気持ちでした。友達たちと元気よく庭で遊ぶアリス。アリスと草花を育てりすること。この時点で、もうそれがなくなったと。あの2人が毎日笑顔でいる、それならいい。見守ることにした。

 それから、4年経ち。
 この4年間は、ひたすら科学者としての勉強の日々。

 これで、本当に科学者の道を進むことに。
 科学者になる気持ちは、変わらなかった。

 アリスが12歳になる前に、何度か母親は質問を。
 本当にこれでいいのか。

 これからは、正式に父親の助手として働く。アリスの新しい生活が始まった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み