締切去ってまた締切

文字数 637文字

 締切祭りが終わった。いや、正確には完全に終わってはいないのだが、年間を通して最大最恐の一大締切が終わったので、勝ったも同然だ。
 しかし、である。あ、例の終わりました? じゃあこちらお願いしますねー、と非情な言葉とともに十日以内締切の案件がどかどかっと新規で五つやってきたのだ。ええい、どれも超高速でやればそれぞれ一日で終わるわい! ちっくしょお。
 ところで、先日テレビで、体調や感情などで体臭が変わる、と言っていた。るんるんハッピーな人からは萌黄色の甘い香り(非常に説明が難しいが、植物系の爽やかで甘めのもの)がするのは何となく気づいていたが、先ほどまだ陽のあるうちにふらふら風呂に入ったところ、己から雨に濡れたイヌの臭いがしてきて愕然とした。これはいよいよ自分がヒトである自信がなくなってきたぞ。
 身動ぎできぬほどの疲労困憊ではないにしろ、疲れているのは確かだ。どのくらい疲れているかというと、湯に浸かって半分寝ながら、直木三十五を、直木……あーいくつだっけ、十五だったっけ、とか思ったくらいである。オザキじゃないっての。だから、疲れた人は(少なくとも自分は)イヌになるのかもしれない、と無責任にテキトーに考えている次第である。うん疲れてるわ。
 そういえば以前、人を識別するのに体臭でもって覚えている、という同僚がいた。そうすると、体臭のベースは変わらないってことなんだろうか。
 あ、たった今、なるはやでお願いします! ともう一件やってきたぞ……。ううううう………わん!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み