1 旅行者

文字数 539文字

 館長は、しばらくじっとしていたが、やがて、そっと図書館を出ると、どこかへ行ったようだった。
 そして、それきり、彼の姿を見たものはいなかった。
 
 次の日。
 リダンは、早起きをした。気がはやって、一刻も早く、図書館へ行きたかった。一人で行こうとすると、外に、誰かが待っていた。
「ユティじゃないか!」
「わたしもつれてって。でも、どこいくの?」
「気分は落ちついた?」
「ええ」
「図書館へ行くんだ」
 ユティが、後ろから、さっと何かをかけてくれた。
「これ着てたら。もらったんでしょ」
 それは、ラーベスのくれたマントだった。
「あなたが、一番にあうと思うの」
 リダンはそれを着て、二人は出発した。
 マントは、元気よくひらめく。
 リダンは、ちょっと困っていた。このマントは、旅行者しか着てはいけないんじゃないかと思ったのだ。
 彼は、旅に出るかどうか迷っていた。何と言っても、自分が消えてしまうのはこわかったし、ラーベスも、旅に行くかどうかは君の自由だ、と言ってくれた。
「リダン、そのおひげ、そらないの?」
 リダンは、ユティの方を向いて言った。
「このひげ、そんなに気になるかい?」
 ユティは、笑っただけで、だまってついてきた。
 そして、図書館に着いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リダン|大陸の旅人

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み