第三六話 姫対マムシ……そしてヤツが来た

エピソード文字数 3,234文字

 ◆天文十五年(一五四六年)二月中旬 尾張国(おわりのくに) 正徳寺(しょうとくじ)

 選抜した那古野勢精鋭の八〇〇を率いて、斎藤道三との会見場所の正徳寺に昼過ぎに到着した。
 史実の信長と同様だが今日は信長ちゃんも、狩衣(かりぎぬ)長袴(ながばかま)という男子の正装に着替え、会見に臨む。
 ポニテで男子正装の信長ちゃんは、凛々しい若武者の風体(ふうてい)だ。

 眼光の鋭い目の前の痩せた老人が鋭い声を掛けてきた。美濃の(まむし)こと斎藤道三(どうさん)である。
「斎藤山城(やましろ)である!」
 さすが、戦国屈指の梟雄(きょうゆう)。かなりの迫力だが、信長ちゃんの対応はどうだろう。           
「で、あるか! 織田三郎じゃ。此度(こたび)はご足労(そくろう)(かたじけな)いのじゃ」左に座る信長ちゃんが、堂々と答える。

「お見事な武者ぶり、やはり新九郎(斎藤義龍)では、物足りぬのか」
 探るような視線の道三は、信長ちゃんの器量を推し量るつもりなのだろうか。
「美濃はそのうち変がございますゆえ、危ういのでお断り致しました」
 対して我が信長ちゃんは、あっさりと悪びれず返答する。

 よし、いいぞ! さすがのマムシも虚をつかれた様子。
「危いじゃと?」
「いずれ新九郎殿を立てて、美濃で変が起こるのは必定(ひつじょう)かと。その際には、この義姉(あね)の元に逃げられるのじゃ」
 信長ちゃんの妹を、美濃に嫁がせる縁談については、既に道三からは了承の旨の返信が届いている。
 信長ちゃんは『美濃で政変が起きたら、お前を支援するぞ。逃げてこい』って言ってるわけ。道三は五五歳で美濃国主。対する信長ちゃんは、数え十三歳だ。なんて凄まじい度胸なんだろう。

「なるほど、よく見える目を持っているな。気に入ったわ。義姉(あね)よ、よろしく頼む」
「ワハハ、ふつつかな義姉(あね)であるが、よしなに頼むのじゃ」
 道三も心当たりがあるのか、失礼ともいえそうな信長ちゃんの物言いに、まったく怒らない。それどころか、上機嫌の様子。この世界でもどうやら、道三と信長ちゃんの相性は抜群みたい。

「ワシの奥の縁者に面白き男がいるので、連れて帰り鍛えてくれ。此度(こたび)の婚儀の引き出物代わりじゃ。
 明智十兵衛(じゅうべえ)という。ワシの秘蔵だ」

 えっ!? まさかのラスボスが降臨なのか?
 ドクンドクンと心臓の鼓動が早くなって、心拍音が聞こえる気さえする。
 明智十兵衛といえば明智光秀。どう考えても人違いじゃない。

 もちろん光秀は、本能寺の変の首謀者だ。それにあの本能寺の悪夢の際も、謀反を起こしている。
 いつか接点があるとは思っていたが、予想以上に早い光秀の登場に、寒い季節なのに、背中がじっとりと汗ばんでしまった。

 落ち着け。
 美濃のマムシの前で、動揺を気取られるわけにはいかない。
 ふぅうっと、深く呼吸をひとつ。
 本能寺の変の再来が明日明後日に起こるわけじゃない。まずは、監視を徹底するぐらいだ。

 マムシは三間半(六.三メートル)の長槍三〇〇、鉄砲三〇〇、弓二〇〇を率いた信長ちゃんに、先見性と頼もしさを覚えたのだろうか。
 いくらウマが合うとはいえ、まさか優秀な光秀を寄越すとは思わなかったぞ。

 史実の光秀は、息子の義龍に道三が滅ぼされた後は、長い間放浪生活を送ることになる。織田家への仕官は、現在から二〇年以上も後のできごと。どんどん史実との乖離が、大きくなっていくな。

 史実とのズレも気になるけれど、光秀をどのように信長ちゃんが評価するか、とても気になってしまう。何といってもラスボスだからな。
 斎藤家からの客将という立場だし、難癖をつけて誅殺をするわけにもいかないぞ。とりあえずは、織田家で力を発揮してもらうしか道はない。きっと優秀な光秀は、期待に応えてくれるはずだ。

 光秀が現段階で信長ちゃん配下になると、史実で光秀が重要な役割を果たした足利義昭(あしかがよしあき)との伝手がなくなってしまう。
 天下統一のための上洛(じょうらく)の大義名分を、どのようにするか悩むけれど、現在はまだ十二代の足利義晴(よしはる)の時代だし、おいおい考えればいいだろう。

 光秀はおれより少し歳下のようだ。涼し気な目元が印象的で、一言で言えばイケメンである。
「かの左近殿に、ご指導を(たわま)れるとは、感激の極みです」などと爽やかな笑顔で挨拶をしてくる。
 人柄も良さそうで礼儀も欠かさぬ常識人だ。
 くっ。勝てる要素が見つからねえ。

 ◆天文十五年(一五四六年)二月中旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 がたがたっ……だーんっ!

 正徳寺から那古野に戻って自宅でくつろいでいると、信長ちゃんが訪ねてきた。
 ちょうどいい。ラスボス光秀のことを聞いてみよう。信長ちゃんの人を見る目には、定評がある。

「さこん、ともにぽかぽかしようぞ」
 彼女は一瞬ニコッと微笑むと、小走りに駆け寄ってくると、左横にささっと座る。
 なんて可愛い動作なんだ。信頼され、愛されている実感があって嬉しい。
「姫、(まむし)相手に見事でしたぞッ!」
 会談を成功裏に終えた信長ちゃんを労う。
「で、あるか!」
 彼女はニンマと満足げな表情だ。

「明智十兵衛のこと、いかが思われる?」
 本題ともいえる気になることを尋ねてみた。
「男ぶりよく女子には人気が出ような」
 はい。不細工ではないけど、いたって普通顔のおれは勝てません。
 最初から白旗だな。

 しかし、光秀はきっとハゲるぞ。キンカン頭と言われたエピソードもあったはずだし。あ、いや。問題は髪の毛ではなく、光秀が本能寺の変の首謀者だってこと。

「十兵衛は使える御仁ではあると思う」
 ヤツは史実で大出世するんだ。きっと仕事もできるはず。間違いないだろう。
「誇り高き男かもしれぬな」
 確かに信長ちゃんのいうとおり、プライドが高いかもしれないぞ。

「追い込まれると、諦めて捨て鉢になり、思わぬ事をしでかす弱さがあるかもしれぬな」
 信長ちゃん、ザッツライト。ヤツは、本能寺の変を起こしちゃうんです。
 本当に、この姫の観察眼には恐れ入るな。
「おれは思わぬことで、十兵衛が姫の害にならぬか恐れております」
「ワシがいざというときは、さこんが守ってくれるのであろう?」
 上目遣いのすがるような目で見上げてくる。
 この目におれはまったく弱い。

「はっ! 必ずや姫を守ります」
「いかに追い詰められようと諦めずに、ワシを守ってほしいのじゃ。さこんは十兵衛と違うのじゃ。左様であろう? さこん」
 再び縋るような眼差しだ。

「任せてください。おれが、絶対に姫のことを守ります」
「左様に(したた)かで、頼もしい左近が好きじゃ」
 ド直球の告白がきたぞ! これが肉食系ってやつなのか?

「おれも姫の事が大好きです」
 素直にストレートに言うしかないよな。
「うふふ、嬉しいぞ。こうして好きなさこんといると楽しくて心が踊るのじゃ」
「おれも姫とこうしていると、楽しく心が踊ります。これをラブラブと申します」
「らぶらぶじゃな? この様子をらぶらぶというのじゃな?」といいながら、頭をおれの肩に寄せてくる。

 他人が見たら、もう言い訳の仕様がない状態だ。
 だけど十三歳の中学生で、姫であり上司であろうと、おれの素直な気持ちなのだからしょうがないだろ。

 ――だが。
 信長ちゃんと二人で最期を迎えた本能寺の悪夢が、段々と実現しつつあるのが恐ろしい。それこそ光秀を今のうちに始末すれば、本能寺の悪夢は回避できるんではないか、などと実現不可能な考えをしてしまった。

(第一部 鳳雛編 了)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み