第1話 幸せの物差し

エピソード文字数 813文字

〇小説中には実在した人物も登場していますので、最初の登場部分に

をつけてあります。大東亜戦争に関しては、できるだけ史実に忠実にを心がけましたが、証言に食い違いがあるものは取り上げませんでした。最後までお付き合いいただければ、望外の喜びです。


 4歳になる娘のすみれが、食卓でトーストを頬張っている。
「すみれ、パンだけ先に食べちゃダメよ」フライパンを動かしながら、妻の早紀が肩ごしに振り返る。

 咀嚼(そしゃく)のリズムに合わせるように頷きながら、すみれは足をぶらぶらさせている。
 一足先に朝食をすませた鳴海修作は、吹雪いた庭にスノーダンプを掛けなくてはと、時計を気にしていた。

 換気扇の回る音。フライパンで弾けるオイルのリズム。朝の何気ない風景。ありふれた食卓の香り。

 どこにでもいる家族。しかし、どこにもない組み合わせ。ここにしか咲かない、陽だまりに寄り添う野辺の花。



 人に訪れる不幸の形はさまざまだけれど、共通点がひとつある。それは、定規で線でも引いたようにくっきりとしているということだ。なぜなら、その訪れは瞬時だから、幸と不幸の境界線が刃物傷のように生々しいのだ。そしてその色合いは言わずもがな似ている。

 かたや、幸せの色や形はさまざま。それを測る物差しはかなり曖昧(あいまい)で、定義もあやふやなもの。だから、対象物を失って初めて、幸せだったと過去形で気づいたりする。

 問われたことも、立ち止まって考えたこともなかったけれど、幸せかと訊かれれば、確かに幸せだった。何疑うことなく、心穏やかだった。

 失ったのではなく、実は得てさえもいなかったもの。その正体は、あまりにも(むご)いものだった。

 鳴海の視線に気がついたすみれが、口の端にイチゴジャムを付けたまま満面の笑みを浮かべた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み