第54話  俺だけのワンダーワールド 2

エピソード文字数 2,734文字

 ※



 本日も晴天なり。そろそろ気温もあがり過ごしやすい季節へとなってゆく。

 着こんで来なくて正解。シャツ一枚で全然快適だ。


 

 電車に乗り込むこと十五分。四駅ほどの場所にどうやら同人誌が発売されている場所があるらしい。

 ちゃんとネットで道順も調べており完璧である。


 乗る電車を間違えそうになったが、無事に目的地である駅から降りると、妙に緊張してきた。



 一応降り立った駅は、この地区では一番の繁華街であり、人がごった返している。


 思わず人の波に押されてしまい、道に迷うというハプニングがあったが、何とかググールの地図を便りにとうとう店を発見した。

 やべぇ緊張してきた。何だか人が多くて皆に見られているような気がすると、マスクやグラサン掛けてきた方が良かったんじゃないかと思ってしまう。



 俺はこんな同人誌を販売してる店は初めてなのだ。超ビギナーであり、モグリのレベルである。


 更にいわせて貰うと、ド田舎で住んでたので、電車が何種類もあるとか。かなり苦難の道であった。



 あまり目立たないようなビルの五階か。ぱっと見ても全然分からないがここらしい。エレベーターで上がると、ドアが開いた瞬間に店内が見える。



 そしてそこには……俺のワンダーランドに似たような世界が広がっていた。 


 

 だがこんな場所で田舎者丸出しにはなれない。あたかもこの店に通い詰めてる玄人のような素振りを見せて店内を散策する。

あぁっ。すごい。こういう場所に来たかったんだよ。

 ネットで見かけるようなタイトルがチラチラ見えると無性に興奮してくる。普通の書店では見かけない本が所狭しと並んでいるのだ。


 まずは新刊である同人誌を手に取る。これで俺の極秘任務は終了だ。しかしせっかく来たのだから色々見て回ろうと思った。


 エロコーナーやフィギュアには興味がないので、俺は真剣に、そしてゆっくりと気になるタイトルを探してゆく。いつの間にか俺の手には五冊の同人誌を持っていた。



 早速レジに並ぶ。さっさと帰ろう。



 バイトをしていて本当に良かった。こんな大名買いを出来るとは思わなかったぜ。これはマジでバイトの日数増やそうかな。



 その時だった。後ろで本の落ちる音がしたので、思わず振り返ると――



 俺は見てはいけないものを見てしまった。

え?

 その瞬間、身体がぶつかってしまう。

 すると、相手も俺も戦利品を店内にぶちまけてしまった。

あ、すみませぬっ

 そう答えた彼女は落とした本を手に取ると、こちらを見上げる。


ん? はに?

こ、こんにちは。白竹さん……

あっひ! あうぁ~~~!


く、くりょしゃわくん?

ど、どうも。白竹さん……
 俺のワンダーランドに迷い込んだのは白竹さんであった。


 

 うん。やばい。非常にヤバイ。洒落にならん。

 とんでもなくヤバイ雰囲気に、目も真っ白。頭も真っ白に枯れ果てた。 



 ※

 言い訳は出来ない。


 白竹さんとエンカウントしたのは同人誌を扱う店の中。そしてレジ前。お互いがお互いの戦利品を手に持ったまま、決定的証拠を見られてしまったのだ。



 その後は無言でレジで同人誌を購入すると、二人は同じエレベーターに乗り込んだ。しかも都合が悪く、他にも人が乗り込んできたので何も喋れない。



 同じエレベーターに乗り込んだカップル。どうやら人目も気にせずコアな話題を平気で喋っていた。あぁこれ絶対俺には出来ない。などと思っているとあっという間に一階に到着。





 そして暫く歩いてから人がいない道に入り込んだ白竹さんは、こちらを振り向くなり泣きそうな顔で俺に訴えた。

な、内緒にしてくださぁい。お願いでしっ
こっちこそ。お願いします。こんな事がバレたら俺は……
絶対内緒です。内緒なんです。うへぇ~~!
こっちも絶対内緒で……俺も泣きそうっす!

 そんなやりとりが十回ほど続いた。

 そして、お互いがお互いの立場を理解した時、二人の間で固い約束が交わされた。

内緒です。白竹さん。絶対誰にも言いませんから
お願いします。わ、わたしもぉ。黒澤君の事。ぜぁ~ったい秘密にしますから。ね?

 ようやく事態が収拾すると、二人の間に笑顔が芽生える。


 用事が済んだ二人は、いつしか並んで駅に向かうと、何気に同人誌の話になってしまい、駅前のバスターミナルにあったベンチに座る事態へと発展した。

黒澤君もそれ買ったんですねぇ。えへへ。私もそれ目当てでした
店頭販売限定でしたからね。これは行かないとと思って

もうねっ。コレが楽しみでして。

今日のテスト所じゃありませんでしたっ! 二時限目辺りからずっとソワソワしてて

(俺は帰ってから気がついたけど)


 うんうん! 俺もテスト中は心ここにあらず状態でしたし。

 何だかやたらフレンドリーになってしまった。

 しかし。白竹さんとベンチで並んで座っていると……


 男がみんな振り返るこの現象はなんなんだ?

 

 そして次に俺を見るのはいいのだが、まるで生ゴミを見るような目をするんだけど。

参りましたね。道行く人達がみんなこっち見てるし。

黒澤くん。あのですね、変な事いっていい?


私ね、こうやって、知らない人達が通り過ぎるのを見てると……


どこかに暴徒が潜んでいると思ってしまうのです。

え? ぼ、暴徒っすか?

もしかしたら、すぐ近くにいるかもしれませぬ!

そういう時の為に、常に周囲を警戒しろと。魔樹がいつも言うのですね。

(そういう事か)

ははっ。魔樹もうまいこと言いますね。

確かに。何処に何が潜んでいるか分かりませんからね。その心構えは大事ですよ。

もし。次の瞬間にバイオハザードな事が起こっても、

わたひはどのルートで逃げるのか常に考えているのですよ。

ゾンビ対策もバッチリなんですね。

じゃあゾンビの群れを切り抜ける為には武器も必要ですよ。

んまっ。私が戦うとか。無理でし。

すぐにやられてしまいますよ

大丈夫です。俺が丸太振り回して無双しますから。
あはっ! 黒澤くんも丸太さん好きですか?

(おお~~キラーパスが通った)


ですね。丸太は最強武器っすから。

 ちなみに丸太が通じるのはゾンビじゃなくて吸血鬼なんだけどね。


 このネタがリアの人間に通じるとは思わなかったし、通じた時の感動は素晴らしいものだった。


 そこからはあまり周囲の目を気にする事なく喋っていたが……

 どうせなら外じゃなくて、違う場所で喋りたい。

あの白竹さん。もし良かったら喫茶店でも行きませんか?

うん。いいよっ! 行きましょう!

もっとお喋りしたいですっ!

魔樹。黒澤くんはとても優しい人で大事なお友達。

だから二人きりでも大丈夫なのです。

 せっかくの機会なんだから、ちょっとお喋りしましょう。


 同人繋がりという話題があるなら、楽しく喋れるかもしれないし、俺のワンダーワールドにも理解のある人なのかもしれないと思った。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

キャラのプロフィールは、章の始まりにも記載しています。


ここに記載されているのは主要人物です。

その他の登場人物は章の始まりなどに記載しています。


読者視点は神視点。

物語の中の人達が知らないことを全部見る事ができます


また、二章からはキャラの心の声まで聞こえます(フキダシが灰色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年


 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 とても弟思いの良いお兄さん(お姉さん)

 ★ 白峰楓蓮 しらみねかれん


  蓮の女性の姿。白峰というのは偽名。

  黒澤家とは繋がりを見せないように演じる。


  心の中は男の子なので、女の子のファッションやらに興味が無い。

  とても美人なのにあまり自覚がなく、女性の姿はオマケだと思っている。

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生


 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。



 ★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは家族だけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。


 ★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。


 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。

 など、全てを兼ね備えている人。


 二人目の主人公。

 ★ 白竹 美優 しらたけ みゆう


 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。

 自分の家の喫茶店で働いており、メイド服で接客をこなす。


 学校と喫茶店では、雰囲気がまるで違うのには理由があり……

 

 三人目の主人公。 

 

 ★ 白竹魔樹 しらたけまき


 蓮の隣のクラス。美優は双子の姉弟。


 学校ではとてもクール。喫茶店では男の娘?

 双方を知る蓮にとっては、非常に疑問な人物。


 四人目の主人公

 ★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的。学校ではいつも笑顔で誰にでも優しいが……

 

 五人目の主人公

 ★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲



ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色