一文小説集「シール/シール/シール」

文字数 160文字

 半額シールが貼られている弁当が並べられている中に、一つだけ、ドクロマークのシールが貼られているものが混じっている。

***

 一人暮らしの部屋で、ある朝目覚めると、胸に「壊れ物注意」のシールが貼られている。

***

 ハートマークのシールがびっしり貼られている骨壺が、ゴミ捨て場に置かれていたので、中を見ると何も入っていない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み