プロローグ 本能寺の変

エピソード文字数 2,588文字

「一大事じゃ! 早く起きるのじゃ!」
 甲高い女性の声と同時に、乱暴に肩を揺さぶられて、目が覚めた。

「えっ? 何があった?」
 寝起きの働かない頭で何とか答える。重い瞼を開けると白い服を身にまとった女性が、おれの顔を覗き込んでいた。
 全く記憶にない若い女性の顔。白い着物にポニーテールが似合う美人だ。誰だよ、いったい。

「ぬかったわ! 明智(あけち)日向(ひゅうが)謀反(むほん)のようじゃ。早く起きろ!」
 え!? 明智日向といえば、明智光秀。歴史に残るクーデター、本能寺の変の首謀者だ。得意の歴史に関するフレーズを彼女が口にしたため、段々と脳が活性化してきた。

 おれを起こした若い女性が、白い着物を(ひるがえ)して、部屋の隅二ヶ所にあった照明の行灯(あんどん)を乱暴に蹴倒す。薄暗かった畳敷きの部屋の床にこぼれた灯油が引火して、オレンジ色の炎が揺らめいて周囲を照らし始める。

「一体何を……?」
 女性の乱暴な行動に思わず問いかけたおれに対して、
「知れたこと! 表は小姓たちがしばし支えるであろう。ヌシも早く起きて奥へ行くぞ!」
 彼女は真剣な眼差しの強い口調で叱りつける。

「分かった」
 剣幕に押されて起き上がったところ、彼女は布団の脇にあった短めの日本刀をおれに渡してきた。
「ヌシは脇差を……太刀(たち)は必要あるまい。奥へ急げ!」
 彼女は、刀置きに残された大ぶりの日本刀にきつい視線を送ると、提灯(ちょうちん)片手におれの左腕を取って、急ぎ足で暗い板張りの廊下を導いていく。

 まったく、何が何だか意味が分からない。遠くから、金属と金属がぶつかる音や、喚声のようなどよめきが散発的に聞こえてくる。
 大ピンチなことは間違いないだろう。

「何が起こってるのでしょう?」
 おれを先導している彼女に問い(ただ)す。
「考えるのは後じゃ! だが、明智日向の軍勢がワシらを討ち取ろうとしている。まあ、ここでよかろう」
 歩みを止めた彼女は廊下の脇の引き戸を開けて、一室におれを導き入れる。そして素早く戸を閉めて、手頃な棒で固定した。
 貯蔵庫なのだろうか。樽のようなものがいくつか見てとれた。

 またもや明智日向守(ひゅうがのかみ)光秀か。間違いない。ここは本能寺なんだ。
 だとすると、おれは織田信長で討ち取られる運命なのか。
 嫌だ、夢なら覚めてくれ!
「何でこんなことに……」
 おれが呟くと、彼女は提灯と腰に差していた脇差を床に置いて、おれをきつく抱き締めてきた。

「なにゆえ日向が謀反したかは分からぬ。あと一息だったのにな。だが最期ぐらいは二人でいたいのじゃ」
 夢にしては生々しい。おれの背中に回した彼女の腕の感触も、甘い体臭も、部屋に漂う味噌のような匂い。すべてがリアルで実感できる。
 おれが信長だとすると、彼女は誰なんだ?

 大胆な抱擁につられるように、震える若い女性をしっかりと抱きしめた。
 彼女の顔を薄暗いながらも凝視すれば、意志の強そうな大きな瞳に、きつく真一文字に結んだ薄めの唇。色白で鼻筋も通っていて、かなりの美人だ。いや美少女といっていい。
 年齢はおれより二、三歳下ぐらい。女子高生といったところだろうか。

 本能寺の変の際に、信長の正室(せいしつ)(正妻)の帰蝶(きちょう)濃姫(のうひめ))は、信長と運命を共にしたとも、変の前に早死したとも伝わっている。
 腕の中の美少女が信長の妻の帰蝶なのか分からないけれど、一緒に布団で寝ていたことだし、ごくごく親しい仲なのは確実のはず。

「姫……おれは……おれは……」
 彼女をどう呼べば分からないので、単に姫と呼んで、おれは震える身体をさらに強く抱きしめる。

「ふふふ……。ヌシは斯様(かよう)なときにも姫と呼ぶのか。だが、よかろう。普段どおりであるからな。冥土への土産をもらっておくのじゃ!」
 美少女は不敵な笑みを浮かべて大きく背伸びをすると、おれの頭の後ろに腕を伸ばして、激しく唇を重ねてきた。
 冥土への土産、と彼女は物騒なフレーズを口にするが、甘酸っぱい果実のような香りが心地よく、本能的に彼女の唇を貪る。
 彼女もおれの行為に応えて、更に愛情を感じさせるように激しく。

 ――だが。至福の時間は、唐突に破られた。
 狭い部屋の外の木張りの廊下から、数人の荒々しい足音が聞こえてくる。

『こっちか!?』
『おいっ! 先ずは左の部屋を探せ!』
『承知!』
 ガタンッ!
『上様、お覚悟!』
 足音の様子から想像すると、四、五人のようだ。敵は建物内をしらみつぶしに、おれを探し当てるつもりなのだろう。

「おれたちを探しているようです……。抜け道などは?」
 彼女に耳元にそっと小声で(ささや)く。絶体絶命のピンチからなんとしても脱出したい。
(しま)いのようだな。是非もなしなのじゃ。あの日向に抜かりがあるわけないわっ!」
 美少女は吐き捨てる。そして、さっとおれから離れると、室内に貯蔵されていた樽を一つ転がして、提灯を投げ捨てた。樽の中味は油だったらしい。静かに確実にオレンジ色の炎の舌が、周りを舐め回し照らし始める。

 火炎に映える美少女は、はっと息を呑むほど美しい。
 いや、待て。どう考えても彼女は天運が尽きたと、自害するつもりだろう。
「姫……逃げよう!」
 彼女は答えず、ふっと微笑むと再びおれに抱きついて、耳元で小声で呟くように言う。

「あの世とやらで、ヌシとまた会いたいものじゃ。先に逝くぞ!」
「待って! ダメだ!」
 翻意をさせようとしたおれには構わず、
「クッ!」
 美少女が小さな呻きをひとつして、倒れ込んできた。彼女の胸には短刀が深々と突き刺さっていって、黒い染みがみるみる広がっていく。
 いけない。死んだらいけない。

 部屋のすぐ外の廊下から、辺りに響き渡るような数名の足音が聞こえてきた。
『ここは探したか?』
『これからです!』
『開けるぞ。槍を構えておけ』
『はっ!』

 ――ガタガタガタッ!
 棒で固定してある引き戸を乱暴に開けようとしているようだ。
「もう、やめろぉお!!」
 すっかり生気が抜けて脱力した少女を抱きながら、大声で怒鳴った――――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み