王都3

エピソード文字数 954文字

ぷはぁぁぁ。

はあ、はあ……ここまでくれば大丈夫

 うん、もうおいしそうな匂いはしなくなった。

 そのかわり、なんか臭いかも?

うっ、ここ……どこだろ……

 さっきまでいた場所に比べると、どことなく薄汚い感じがする。

 ゴミが散らかっているし、壁にもたれて座っている人の表情は暗い。

どうしたんだい、お嬢ちゃん
――ひゃ!?

 後ろから急に声を掛けられて慌てて振り返る。

 身なりのよさそうな三人組のお兄さんだった。

え、えっと……

 もしかしてこの人たちがスリなのかな?

 でも笑ってるし、悪い人には見えないような……。

もしかして迷子? どこへ行きたいの。

よかったら連れて行ってあげるよ

 よかった。やっぱり私の早とちりだったみたい。

 さっきおじさんが困っているときにもすぐに助けてくれた人がいたし、このお兄さんたちも優しいんだ。

実は王立学院に行きたいんですけど迷ってしまって
王立学院ってユースが集まるっていうあの?
そうなんです! 

私もそこに入学することになってて

 お兄さんたちが顔を見合わせている。

 もしかして私が本物のユースなのか疑ってるのかな?

本当ですよ。

ほらほら

 ポケットにしまってある王立学院の招待状を見せる。

 王都に住んでる人ならきっとわかってくれるよね?

なるほど。たしかにあそこの紋章が入った封筒だ
じゃあ、この子は本物のユースなのか?
ユースっていったら国の宝だしな。

俺たちが連れて行ってあげるよ

 やっぱり、この人たちはいい人たちだった。

 きっと王都にはいい人ばっかりいるんだね。

ありがとうございます!
荷物重いだろ。

持ってあげるよ

あ、いいえ、大丈夫です。

そんなに重くないですから

 着替えとかしか入ってないしね。

 っていうか、男の人に自分の着替えを持ってもらうのはちょっと恥ずかしいっていうか。

いいからいいから。

遠くから旅をしてきて疲れてるんだろ? 学院までちょっとあるから持ってあげるって。

他人の好意は素直に受け取らないとな

 そう言って、ひょいと荷物を持ち上げられてしまった。
じゃあ……すみません。

ありがとうござます

こっちも預かっておくよ
 腰から剣が抜かれる。
あっ! 

それはダメです!

 返してもらおうと手を伸ばしたけど、身長が全然足りないからとても届かない。
いいっていいって。

じゃあ、行こうか

 その背中を慌てて追いかけた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

サダーシュ=シュラインベース

本作の主人公。ブレイドユースなのだが愛用の使い古しの剣でしかその実力を発揮できないでいる。ただしその剣で戦う時は誰よりも強い。


イーサティア=ニアステリア

王都で困っていたサダーシュを助けてくれた女性。サダーシュと同じく学院に所属する。

ブレイド、ブロウ、スラスト、マジックの4つのユースを持つフォーユース。

トゥシス=アズウェイ

イーサと一緒にいた美男子。サダーシュに対してどこかトゲトゲしい感じがある。

ブロウとガードのダブルを持つ。

カーモリア=アナディール

王立学院の学院長。

ニシキーン=ネオビューズ

学院でブレイドの師範をしている。

央国五剣の一人。

ケントール=フィルマウス

学院でガードの師範をしている。

男子に対して特殊な趣味を持っているもよう。

ジュリウス=リベスパーン

学院でマジックの師範をしている。

方術具の制作者としても著名。

ゴウローン=フラマウンス

学院でブロウの師範をしている。隻眼。

シンゴラス=リースバリー

学院でスラストの師範をしている。

ジンバルク=アプキャッスル

サダーシュたちの担任でありマジックユース。

方術よりも古の神秘である魔法に傾倒している。

ハージェシカ=イーツテリア

学院生徒の一人。女性だがしゃべり方がそっけない。

ブレイドとブロウのダブルユース。

ハヤード=アンウィスト

学院生徒の一人。

スラストのユースで弓を得意とする。

ケインズ=サウスマウンズ

学院生徒の一人。ロウマインド流の門下生。

マジックのユース。

ゲンザール=スプラウェル

学院生徒の一人。ロウマインド流の門下生。

ガードのユース。かなり年配。

シンハース=ロンストア

学院生徒の一人。ロウマインド流の門下生。

ブレイドのユース。

ヘイステイシア=ウィスホール

学院生徒の一人。ロウマインド流の門下生。

ブロウのユース。


レフターナ=フィルパディ

学院生徒の一人。ロウマインド流の門下生。

スラストのユース。

汎用男性1

汎用男性2

汎用男性3

汎用女性1


汎用女性2

汎用女性3

モンスター

描写に合わせて適宜ご想像ください。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色