43

エピソード文字数 737文字

 私にはまだ状況が理解出来ずにいた。まるでタイムスリップしたかのように、目の前には髷を結い、羽織袴の城主が座っている。

 これは……
 夢だ……。

 現実ではない。

「わしの名は斎藤道三(さいとうどうさん)。そなたの名は何と申す。わが国は日本国、そなたは異国の人間か?わしの言葉が理解出来るのか?」

 私はコクンと頷いた。

「言葉は通じておるのだな。口が聞けぬのか?」

 私は口を開くが息が漏れるだけで、声を発することが出来ない。

「文字は書けるのか?」

 私はコクンと頷いた。

 城主は墨の入った硯と筆を私の目の前に置いた。私は正座し震える指で筆を握る。筆に墨を含ませ半紙に自分の名『斎藤美濃』と書いた。

斎藤美濃(さいとうみの)とな?南蛮人ではないのか。わしと同じ苗字とな?はて、縁者にそのような者はおらぬが。年は幾つだ?」

 私は半紙の上で、筆を走らせた。

「17とな。ふむ、帰蝶よりは年上であるが……。これも神の(おぼ)し召しやもしれぬ。美濃とやら、わしに着いて来るがよい」

(はい)

 私は城主の言葉に頷き、その後ろに続く。城主は離れの座敷へと私を通した。座敷の中央には布団が敷かれ、青白い顔をした少女が眠っていた。

「き、帰蝶(きちょう)……!?」

 少女の傍らに座っていた女性が、私の顔を見て目を見開き、怯えたように声を上げた。

「その者は生き霊か……」

小見(おみ)、狼狽えるでない。この者は帰蝶ではない。斎藤美濃と申す者だ」

「……斎藤美濃とな?殿、帰蝶が……帰蝶が……」

 女性は城主に縋り付き、少女の容態が悪化したことを告げる。

 少女の唇は紫色となり呼吸も浅く、重い病気におかされているように見えた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み