第8話 別れ

文字数 463文字

 シリルが疾病院に運ばれた。それは、彼女が病気になった事を意味していた。
 シリルは見るに堪えない姿でやってきた。
 美しかった白い肌はしわくしゃで、顔はやせこけ、青い目から輝きが失せていた。
 疾病院に運ばれた時点でシリルはかなり弱っていた。診た医師は原因不明の病として匙を投げた。 
 ヘクサは時間が空けばずっとシリルの傍にいた。
 目が見えないのか、シリルはヘクサを見ることはなく、ずっと天井を向いていた。
 シリルは日に日に弱っていった。それに対してヘクサはどうすることもできなかった。
 そんなある日、シリルはぽつりと言った。
「わたし、死ぬのかなあ……」
 そんなことはない、ヘクサはすぐにそう言えなかった。
「悔しい」
 シリルは両目から一粒ずつ涙を流す。
「やっと外に出られたのに。これからだったのに。もっと生きたかった……」
 この時、ヘクサは果てしない無力感に苛まれていた。同時に治せない、何もできない自分が憎いと思った。

 ヘクサは黙ってしわくちゃになったシリルの右手を握りしめる。
 夜になって、シリルの手が完全に冷えるまでずっと。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ヘクサ

……大樹から人の姿へ変化した植物の化身

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み