150

エピソード文字数 566文字



 ――その頃、“明智光秀は挙兵のために一旦坂本城に戻り準備を整え出立、丹波亀山城に入る。亀山城を出陣し、羽柴秀吉の毛利征伐(中国攻め)に向かう途中、沓掛で休息、重臣を集め反旗を翻した。”

「殿、どうされましたか」

「毛利征伐には向かわぬ。皆の者!敵は本能寺にあり!」

「な、なんと……!?」

 “雑兵達は君主織田信長討伐とは知らされず、織田信長の命で徳川家康を討伐するものと思っていた。”

「二手に別れ桂川を越え、本能寺を包囲せよ!」

「「おおー!」」

 夜明け未明、本能寺周辺を明智軍が包囲する。

「殿、本能寺には一体誰がいるのですか?」

「殿、我らの敵は誰でございますか?」

 光秀は雑兵の問いには一切答えず、無言で本能寺を見据えた。その気迫に満ちた眼差しに、重臣の誰もが息をのみ口を噤んだ。

 “明智軍は13000の軍勢、織田軍は僅か100の軍勢”。向かう相手が天下の武将織田信長であろうとも、力の差は歴然。

 勝敗は戦う前からわかっていたといっても過言ではない。

 まさに……
 合戦の火蓋は切られたのだ。



 ――あたしは夜通し馬を走らせ本能寺に向かう。

 美濃が光秀の謀反を食い止めてくれると信じていたあたしは、信長がすでにそのような事態に陥っているとは、想定外の出来事だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み