19

エピソード文字数 600文字

「あたしの彼氏が驚いてた。信也はもう恋人なんて作らないと思ってたって。あんなことがあったんだ。無理もねーけど。
 黒紅連合の総長と付き合うなんて、信也もやるね。けど、元恋人と同じ名前だなんて、微妙じゃね?しかも、紗紅と似てるって噂だよ」

 あたしが……
 元恋人と似てる?

 だから……
 あたしと付き合ったの?

 あたしは……
 信也の恋人なのかな?

 信也はあたしを抱きながら、亡くなった恋人の名前を呼んだ。あの時、口から無意識にこぼれ落ちた名は『紗紅』ではなく『咲』……。

 切ない声が……
 今も鼓膜から離れない。

 体が繋がっても、心は繋がっていない。

 それでもいいと思ったから、あたしは信也に抱かれたんだ。

 でも……
 なんかスッキリしない。

「どうしたの?紗紅」

「何でもねーよ。何かムシャクシャしねぇ?今夜ぶっ飛ばそうぜ」

「そうこなくっちゃ。でも、今夜は月華が埠頭で集会する日だよな。ヤバくね?」

「月華なんてカンケーねぇよ。あたしらはやりたいようにやる。公道は月華の所有物じゃねぇ」

  黒紅連合は数年前に出来たレディースで平均年齢16歳。まだメンバーも少ない。都内一の人数を誇り、この界隈で恐れられている月華とは比較にならない。

 でも今のあたしには、縄張りとか、他の族なんて関係ない。

 あたしは走りたい時に走る。
 月華も警察も怖くない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み