プロローグ

文字数 2,209文字

 ──六月のある晴れた日。ここは東京(とうきょう)新宿(しんじゅく)区内にある、〈篠沢(しのざわ)グループ〉が経営する結婚式場。

「わぁ、スゴい。わたしじゃないみたい!」

 真っ白なベアトップのウェディングドレスに身を包み、式場スタッフによるヘアメイクを終えたわたしは、控室の大きな鏡の前で顔を(こう)(ちょう)させてはしゃいでいた。

 わたしは篠沢絢乃(あやの)。まだ十九歳だけれど、日本国内では五本の指に入る総資産を誇る大財閥・〈篠沢グループ〉の会長である。
 というのも、わたしは先代会長だった亡き父・篠沢源一(げんいち)の一人娘で、わたしに会長の椅子を()がせたいいというのが父の遺言(ゆいごん)だったからだ。

 篠沢家の当主は母・加奈子(かなこ)なのだけれど、それは父が婿養子だったためである。
 母もまた先々代の会長だった祖父の一人娘で、祖父も本当は母を自分の後継者にしたかったのだと思う。でも、母はまったく別の職業を選んだ。中学校の英語教師という道を。
 そんなわけで、母と見合い結婚した父が祖父の引退後に会長に就任したのだった。

 ──それはさておき。

「梅雨の時期にこれだけいいお天気に恵まれるなんて……。わたしと(みつぐ)の結婚は、みんなから祝福されてるのかな」

 独りごちたつもりだったけれど、後ろから返事が返ってきた。

「──そうみたいですね、絢乃さん」

「貢! いつからそこにいたの!?

 わたしを〝さん〟付けで呼んだ、白いタキシードにブルーのタイを結んだ彼こそ、今日からわたしの伴侶(はんりょ)となる旧姓・桐島(きりしま)貢だ。
 彼はわたしより八歳年上なのだけれど、わたしが会長に就任した日から秘書を務めてくれている人で、普段から年下のわたしに敬語で接している。

「ああ、すみません! 控室のドアが開いていたもんで、もう入っていいのかと思いまして。ひと声かけたらよかったですね」

「ホントだよー。急に入ってきたらビックリするじゃない!」 

 わたしは口を尖らせてから、レースのショートグローブで覆われた手で控室のスツールを示して「そこ、座って」と彼を促した。

「――ねえ貢。わたしたちが出会ってから、色んなことがあったよね」

「そうですね……」

 彼はわたしの言葉に、また敬語で相槌を打った。
 出会った日からずっと、彼はわたしに対する敬語をやめない。いくら「やめてほしい」と頼んでも、だ。
 そりゃ、彼にとってわたしは元雇い主の娘で、今の雇い主でもある。でも、結婚する以上は対等なのだから、これからは普通に打ち解けて話してほしいと思うのはムリな話なのだろうか?

 けれど、わたしはもうそこをツッコむのを(あきら)め、思い出話に戻ることにした。

「最初の出会いは、パパの誕生パーティーだったっけ。貴方(あなた)がわたしに一目ぼれして」

「……それはもう忘れて下さいよ」

 思い出し笑いをするわたしを、彼は(にら)みつけた。
 一目ぼれって、そんなに恥ずかしいことなのだろうか? それとも、年の離れた女子高生が相手だったから決まり悪かったのかな?

 でも、わたしは彼と出会ってから起きたこと、日々の彼の優しさや思いやりをひとつも忘れるつもりはない。 
 だって彼は、わたしが生まれて初めて好きになった男性(ひと)だから。

「あの出会いは、わたしたちにとっては運命だったのよ。たとえ、どんなキッカケだったとしてもね。だからわたしは絶対に忘れたくない」

 「絢乃さん……」

 キッパリと言い切ったわたしを、彼は(ほう)けたように見つめる。
 これだけは、胸を張って言える。この先、誰から結婚のなれそめを()かれても、わたしは堂々とこの話をするだろう、と。

「――絢乃さん、今幸せですか?」 

「うん」

「ホントに(ぼく)でいいんですか?」

「うん」

 自信なさげに質問を連投してくる彼に、わたしは力強く(うなず)いて見せる。
 だって彼は、自分から「お婿さんにしてほしい」と言ってくれた人なんだもの。

「わたしは、貴方と一緒じゃないと幸せになれないから。それに、天国のパパも他の人を認めてくれないと思うの」

 十九歳で結婚なんて早すぎるかな……と思ったけれど。父が生前、彼のことを気に入ってくれていたからこそ、わたしは彼との結婚を(ちゅう)(ちょ)しなかったのだ。

「そうですね。お義父(とう)さまもきっと今ごろ、天国でお喜びになっているでしょう」

「うん。きっとそうね」

 彼の言葉が(うれ)しくて、わたしも同意した。


 ――彼はふと、鏡の前の台に置かれたブーケに視線を移した。

「このブーケって、プリザーブドフラワーでできてるんでしたっけ」

「そうよ。半永久的に枯れないお花。わたしたちの関係も、そうなれたらいいなあと思って」

 結婚式のブーケをオーダーした時、生花(せいか)を選ぶこともできたのだけれど、わたしはこちらを選んだ。
 予定では式の後、ブーケトスで幸せのお裾分けをすることになっている。半永久的に枯れないこのブーケは、受け取った人の幸せを枯らすこともないだろうと思う。
 今日は幸い、この晴天だ。間違いなくブーケトスは行われるだろう。

「――それにしても、あの日はホントに大変だったよね」

 わたしは再び、出会た夜の話題に引き戻した。

「えっ? ……ああ、僕と絢乃さんが出会ったあの夜のことですね」

「そう、あの夜」

 わたしは頷く。二人のなれそめを語る時、あの夜の出来事を切り離すことはできない。
 まだお互いのことをほとんど何も知らず、わたしと彼は出会ったのだ。組織のトップの令嬢(むすめ)と、父親が所有するグループ会社に(つと)めるイチ社員として。

 ――二人の出会いは、今から二十ヶ月前。二年前の十月(なか)ばまで(さかのぼ)る――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み