第22話

文字数 3,584文字

 コンテストの翌日、優月の事務所では失格としたHOWLING FLOWERSに対して、法的手段も辞さない方向での対応が決まった。
先のあるミュージシャンの卵を、そこまで叩き潰さなくてもよいと優月は強く反論した。
マネージャーやスタッフは感情的にも許せないと息まいていた。いつもならば周りの意見は素直に聞き入れる筈なのに、頑なに拒否する優月の様子に事務所社長の豊田は何かを悟る。

豊田は出社してすぐにネット上で、ある噂が立ち始めていることを知らされていた。更に、警察が話をしたいので時間を頂きたいという連絡も時を同じくして入っていた。
ここ数カ月、ある暴力事件が都内で起きているらしく、次第に凶悪さが増していた。

初めは、特定の地域で同業同士の揉め事のような事例が多かったのが、目的というか犯人の嗜好の質が変わってきているようなニュアンスの変化を捜査関係者は嗅ぎ取っていた。
容疑者らしき人物はハミングのような声か呻きか、メロディーらしき何かを残していくらしかった。いずれも優月の歌に似ていて、ファンであるという噂で騒がしくなってきているとのことであった。

豊田は当初、「いい迷惑だな」程度の感情しかなかったが、優月の反応に胸騒ぎは大きくなる。マネージャーとスタッフを退出させ、自ら紅茶を入れると優月の前に置いた。
「しばらく、何もせずこのままにしておいてください」
「そんなに、深刻に捉えなくてもよいと思うが、危機管理の一つだから」
「そうじゃないんです」

豊田は優月の家庭の事情を唯一知っている人間であった。優月は彼には何でも話し、任せるようにしていた。
「弟のことです」
豊田はやっかいなことだと悟った。
「見つかったの? 」
そう口にしたが、頭には最悪の事態がよぎっていた。

会議室の外では金田が、中々終わらない話し合いにいらついていた。そのような時に、嫌な知らせがスタッフより耳打ちされた。優月の盗作疑惑がネットやツイッターで大きく騒がれ、遂には主要メディアに反響が飛び火しつつあるとのことであった。
「あのガキども」
金田が『ハウリング・フラワーズ』をネット検索にかけると、今日にライブの予定があることが判明した。

そこに豊田と優月が現れ、「しばらく様子をみる」との決定が下されると、金田は報告と感情をゴチャ混ぜにしながらぶつけた。反論したが只謝って頭を下げるばかりの優月に何も言えなくなって、その場は、分かりましたと話しを治めた。そうはいっても納得できる筈も無く、金田は個人として調査をするべくライブハウスへ向かうことにした。

 ライブハウスの周辺では若い子達が残念そうに文句を言っているのが聞こえた。
貼りだしてあるボードに記された【HOWLING FLOWERS】の名の上に、出演取り消しと書きなぐられていた。
金田の部下が電話をした時に、「every,YES」は盗作の疑いがあるとライブハウスのオーナーに話してしまったようで、その件を言われたメンバーがブチ切れて帰ってしまったらしい。

金田は、上手くいかない状況に苛立ちながら、入場券を買うのも腹が立ち、強引に入店しようとして揉めてしまう。
騒ぎを聞きつけ出てきたオーナーは金田の傲慢な仕草に、威圧的な態度をとったが、大手の音楽事務所の名刺を受取ると態度を豹変させた。金田もどちらかと言うと間合いがせまく、女子に嫌がられるのだが、オーナーは更にその半分の距離感に詰めてまくし立てるので、金田は自分のことはさておき嫌な表情を露骨に表して憮然と言った。
「近いです。人の距離をとれないオヤジは嫌われますよ」

金田にダイレクトに言われても気にせずオーナーは唾を飛ばしながら、「先々月位前にとったビデオ映像がありますよ」と手を掴んで引っ張っていくのだった。
「なんで、こいつらこんな曲出来るんだろうと思いましたけど、カバー曲なら分かるな」
金田はもう一度聞いた。
「これ、いつのライブって言いましたっけ?
そんなに前です? 本当に?」
優月がデモを持ってきたよりも先ってことかよ」
少し寒気がした気にもなったが無理な理屈を頭の中でねつ造させて、どうにでも落ちつけようと迷走し始めている。

地上に上がると、出演キャンセルを知ったハウリング・フラワーズのファンは更に増えている。金田は生の情報を少しでも知りたくて、誰彼となく取材を始めていた。
もともと、ヘブンリー・ドールズというバンドであったが、【HOWLING FLOWERS】に名前が変わってからガラっと音楽性が変わったらしい。それまでも、彼女たちの人気はジワジワと上がってきていたが、音楽面よりもビジュアルや立ち振る舞いから匂い立つイメージが人気先行していたようだ。

どうも正規のメンバーではないのだが、もう一人の子が関わっている曲でLIVE演奏されたのは今のところ数曲程度らしかったが、謎のメンバーのギター演奏はすごいという声はかなり早い時点で起きていたようだ。
だがステージには決して上がらなかったようだ。

「あるライブでさ、スリーピースのバンドなのに、ギターがふたつ聞こえて、どういうことって思っていたら、ステージのそでにある短い階段に座って弾いている男の子がいたの。上手いって訳ではないんだけど。自由であらゆるものを音で操るような非現実さが、聞き手の魂を奪っていく感じなのかな・・・・」
「名前は?」
「知らない。見た目もジェンダーレスな感じで、もう存在だけそこに居てくれれば、余計なことは聞きたくもなかったの」
「その子が作っているのかな?」
金田はすでに鳥肌がたっていた。

「一度、ちょっと話したの、『スロウスマイル』のカバーやってた時に。
優月好きなの? って。
でも「嫌い」の一言。
じゃあ、なぜ、カバーするんだろうって思ったけど、聞いているうちに、優月の方がカバーしたんじゃって思うようになっていたの。その子がいなくなって、気付いたって言うか、我に返った変な体験だったな」

金田は立ち尽くしていた。
ふと気付き、慌てて、時間を取り戻すように煙草を探した。
あちらこちらから聞こえる会話すべてを聞き逃したくなく、焦りと興奮で足を縺れさせながら渡り歩いた。傍からは、酔っ払ったオヤジのように思われて胡散臭いものを見るような態度をされたが、事務所名を出すと、態度を変えて嬉しそうにいろいろ話してくれるのであった。
多くが、バンドのキャンセルについての残念な思いと共に、彼女らに対しての熱い思いを語り、その中の幾つかには興味深いモノもあった。

「ハウリング・フラワーズだって、そもそもは盗人だって話だぜ」
「この辺りが地元で遊んでいる奴らは知っているよ」
「ストリートミュージシャンか、よくわからないけど、その誰かの歌だよ。聞こえてくるんだ」
「会った奴がいるのかはわからない。それぞれ、自分の求める姿で見えているとしか思えないね。ただ、街を歩いていると歌がいつの間にやら耳に染み入って、知らないうちに口ずさんでてさ、ダチにその曲何? なんて言われて、エ何が? て感じ」

金田はちょっと付いていけなくなった。
優月がハウリング・フラワーズをカバーしているという情報にも神経は小刻みな震えを強いている上に、更にそのハウリング・フラワーズが誰かの曲を盗んでいる?

「・・・・そう、そういえば、その後、よくパトカーや警察を目にするよな、偶然だと思うけどね」
そんな意見も聞いたりした。

金田は居ても立っても居られない気分になって豊田社長に電話をかけると、こちらが話を始めるより先に「直ぐに事務所に戻ってくれ」と言われた。事務所に戻ると受付の子が目配せをして「優月さんもまだ残っています。お二人にも話しを聞きたいという事です」小さな声で手短に説明をした。

 応接室に入ると、男が直ぐ立ち上がり「新宿署の大島です」と言うと、丁寧に頭を下げた。
刑事が言うには、ある事件において公表していない目撃情報があると伝えた。
詳しくは話してくれなかったが、「優月のファンか、場合によっては関係者に繋がりのある者も捜査対象になるかもしれない」そんな嫌らしく静かな威圧をしてくるのであった。

豊田社長は訳がわからないような表情をしたままであったが、肝心の優月は何か秘めた確かさがあり、刑事の質問にも上手く答えている。このようにしっかりしているような時の優月は、心をしっかりガードして何かのミッションを遂行しているプロフェッショナル。
金田は確信した。
優月には秘密があると。

大島刑事の話しぶりから推測するには、自分ほどの情報は持っていないようだ。
あの街の人間は警察に対して素直にしゃべる人種ではないから。だが、時間の問題ではある。
優位に立っている自分の立場を思ってニヤつきそうになったが、唇を噛み堪えながら挨拶をした。対する大島は攻撃的な口元をする金田をしょっぴいて懲らしめたい気分になっていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み