22

エピソード文字数 677文字

「何か変わったことがあれば、すぐに学校に知らせてね」

「はい。わかりました」

 紗紅の非行は教師には話せない。
 父が亡くなったあと、苦労して私達を育ててくれた母を、これ以上悲しませたくないから。

 紗紅のことは、私の力で解決してみせる。

 職員室を出て、私は真っ直ぐ紗紅の教室に向かった。先生の話したことを確かめたかったから。

 1年1組の教室。
 廊下で複数の男子が騒いでいる。

 数人の女子が、廊下の窓際で楽しそうに談笑していた。

「あの……斎藤紗紅の姉です。ちょっといいですか?」

「あっ……はい」

 女子は背筋をピンと伸ばし、驚いたように私を見つめた。

「紗紅が男子と喧嘩した時、どんなことを言ったか知ってる?」

「あー、あれですか?仕返しが怖くて、みんな先生には話さなかったんだけど……」

「あなた達から聞いたことは、紗紅にも先生にも言わないから。教えて」

 女子が顔を見合わせ、『どーする?』『生徒会長だよ』と、小声で相談している。私はその女子に頭を下げた。

「お願いします」

「斎藤さん二学期以降ずっと荒れていて、昼休憩の時間に男子と喧嘩になったんです。その時、男子の胸ぐらを掴んで……凄んだの」

「紗紅は何を言ったの?」

「『あたしのバックには、黒紅連合がついている。これ以上バカにしたら、あとでどうなっても知らねぇかんな。このことをセンコーにチクッたヤツも同罪だぞ』って。ね、そうだよね」

 女子が顔を見合わせコクンと頷いた。

 黒紅連合……?

 バックに……?

 まさか、あの彼が……!?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み