第4話(7)

エピソード文字数 901文字

《お茶の間の皆さん、お待たSE! 2回戦の開け幕DAー!》

 あれから1時間後。俺達は例の魔法陣を潜り、雪山フィールドに降り立った。
 ふっふっふっふっふ。ここでもあの手この手を使って、優星の怖さを広めるぜぃ。

「二戦目こそ、血祭りにあげてやる。血液で染まるのはどんな奴らなんかねぇ」
《あっとここで、本部よりメッセージが届きましTA!》

 対戦相手の入場を待っていたら、ベロリンガル五世が大声を上げた。ぁ訂正、ベロリンガル七世だった。

「ぁぁ? なんなんだよ」
《『前の試合は激しくて、みんにゃボロボロだみゃ。ウチらネコネコさんチームは、棄権しますにゃん』。よって2回戦は、魔王使いチームの不戦勝となりますPYOー!》

 あらら。そっちの1回戦は、実力が拮抗してたんだな。

《いや~、みなさんラッキーですNE。宇宙で一番、キッラーDAっ!》
「てめぇ、ざけんなよ。こちとら、戦えなくてムッカムカしてるんだが?」
《ノンノンっ、それは意味が違うんですYOっ。ラッキーは、不戦勝をさしてはいませんZEっ!》

 なんだ。戦わずに進めたのを、そう表しているんじゃないのか。

「審判さん審判さんっ。どーゆー意味で言ったのー?」
《あのNE。ネコネコさんチームは全員が…………ネコ耳をつけて三毛猫柄のブーメランパンツを穿いた、マッチョマンなんだHO……》

 そんなの目視したら、眼球が腐る。審判キミは、見なくてよくなったのがラッキーだと言いたかったんだな。

「二回戦の相手は、『猫(ねこ)ムキ族』だったのね。あそこは皆が皆ネコに憧れていて、ネコになりきっているのよ」
「ニャンコは、服を着ない。だから、体毛を再現した最低限の物しか着けないんぜよ」
「そーだ思い出したーっ。冬場はみんなが体調(たいちょー)を崩す、で有名(ゆーめー)な一族さんだったねー」

 猫ムキ族、頑張りすぎ。寒いなら服を着なさい。

《とにもかくにも、幸福だったでSU。準々決勝は一時間半後となってますので、再び控え室で英気を養っていてくださいNA!》

 はいNA! そういうワケで、俺たちゃ見事2回戦を突破したYO。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

黒真レミア 16歳の少女


魔王、でありながら伝説の勇者の能力を持つ。冷徹でクールな容姿と声音を持つ美少女だが、性格はほわほわでお子ちゃま。『にゅむ』という独特な言葉を多用し、時にはにゅむのみで会話を行おうとする。例「にゅむーむ。にゅむ。にゅむりん」。

なお愛用の武器である聖剣は魔王の天敵であるため、使うと痺れる。

金堂フュル 16歳の少女


伝説の勇者、でありながら伝説の魔法使いの能力を持つ。元気一杯の猫っぽい女の子で、高知県の英雄・坂本竜馬の大ファン。そのせいで『ぜよ』と中途半端に覚えた土佐弁を使い、主人公のことは『師匠』、仲間のことは名前のあとに『先生』とつけて呼ぶ(例えばレミアの場合はレミア先生)。

なかなかにおバカな女の子。

虹橋シズナ 17歳の少女


伝説の魔法使い、でありながら魔王の能力を持つ。大和撫子然とした容姿を持つ美少女であり、主人公の義理の従妹。

重度の怒られ好き。

とにかく変で厄介で面倒くさい人。

茶操ユニ 18歳の少女


伝説のドールマスター、でありながら伝説のプリーストの力を持つ。キグルミ族という一族の人間で、閉園したテーマパークのキャラクター・二足歩行ウサギの着ぐるみを着ている。口癖は、ミョン。

実はお笑いにうるさく、親戚は某有名人。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み