第一七話 いざ出陣

エピソード文字数 2,772文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月上旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 いよいよ、大殿信パパとの試し戦の日を迎えた。
 控えや当たり判定を担当する者も含めた那古野勢の百数十名が、出陣式が開催される二の丸に既に集合している。
「左近、いよいよでござるなあ。姫のこと頼むぞ、ワッハッハッ」
 柴田権六(ごんろく)勝家が、バンバンと肩を叩いてくる。痛い、痛いってば。面倒見がよく、剛勇さと、年長なこともあり、 信長軍のまとめ役にもなりつつある。
 頼むよ、勝家。その破壊力はおれでなく敵に向けてくれ。

「フハハハハハ! この関兼定(せきかねさだ)の十文字槍が血に飢えてるわーッ」
 怪しい気勢をあげているのは、森三左(さんざ)可成(よしなり)。普段は物腰丁寧だが、槍を持つと性格が変わるヤバいやつだ。勝家・可成が信長軍の猛将(マッチョ)二枚看板だ。
 可成、今日は試し戦だから、関兼定の槍じゃないでしょ?

「左近、いやはや盛り上がってきましたな。うふふ」
 何やらつらつらと、帳面に書き付けているのは、太田又助信定(のぶさだ)(牛一)。きっと、出陣メンバーなどの記録をしているのだろう。
 戦もちゃんと頼むよ。牛一は見かけによらず抜群の弓の腕前があるから、問題ないとは思うけど。

「左近殿! 一巴(いっぱ)殿の足を引っ張らないよう励みます」
 優等生な挨拶をしてくるのは、丹羽万千代(長秀)だ。大丈夫。長秀はデキる子だから、きっと大丈夫だよ。今日は鉄砲隊の一員。

「フフフ。鉄砲隊の指揮はお任せあれ」
 不敵な笑みを浮かべてるのは、橋本伊賀守(いがのかみ)一巴。ちょいワル系とか言うんだっけ? 渋いイケメン中年スナイパー。こんな感じに歳を取りたいぞ。信長ちゃんの鉄砲の師匠だ。
 女性にモテそうだけど、牛一情報によると、いわゆるガンマニアらしい。二刻(四時間)ほども、『お前は素晴らしい』、『お前が愛おしい』と、銃に語りかけていたという。
 やはり、一芸に秀ですぎると怪しくなるんだな。

「左近殿! おれっち、兄者二人に毒を盛っておいたっす。なんなら、死んでもらったら、おれっちが家督を継げるんすが」
 小豆坂(あずきざか)七本槍(しちほんやり)佐々(さっさ)隼人正(はやとのかみ)(政次)、佐々孫介(成経)の弟。佐々与左衛門(よざえもん)成政だ。
 むちゃくちゃ言いだしたぞ。ダメだよ、織田家が弱くなってしまう。
 今日は馬廻(うままわ)り(親衛隊)の一員だ。

「皆の者揃ったかぁあ!」
 (いくさ)装束に身を固めた信長ちゃんに、おおおおおおーっと総勢で応える。
 今日の信長ちゃんは、髪をおろして白い鉢金(はちかね)鉢巻(はちまき)。白い鎧に赤い鉄砲隊用のマントだ。姫武将の信長ちゃんは凛々しくていいなあ。似合ってる、似合ってる。
 おや? 両耳の下に下ろした髪を、水色の蝶のような形の和紙でまとめているぞ。
 髪飾りをつけてみたりと、だんだんと色気付いてきたのかな? お兄さんは嬉しいぞ。

熱田(あつた)神宮からの神託(しんたく)なのじゃ。ワシには気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)神功皇后(じんぐうこうごう))の加護ありなのじゃあっ!」
「おおおおおおーっ!」
 信長ちゃんの(げき)に、那古野勢総員が大喚声で応える。おそらく、意味を正確に分かっている人は、それほどはいないだろうけれど、こういうのはノリが大事だからな。士気があがれば、何を使ってもいい面がかなりある。
 史実の信長も桶狭間決戦の直前に、ヤラセの神託を利用したようだし。
 うまいうまい、信長ちゃん。打ち合わせ通りだ。

「姫様もご立派になられて……」
 平手政秀爺も涙ぐんでいる。爺はおれに対して、気合をぶつけてくることがあるので、まだちょっと苦手。
 信長ちゃんの味方なのは、間違いないんだけど。

 各将の前に、打鮑(うちあわび)勝栗(かちぐり)昆布(こぶ)の三品が運ばれて、それぞれに酒が振舞われる。三献(さんこん)の儀と呼ぶそうだ。『敵に打ち(・・)勝ち(・・)よろこぶ(・・)』と言う意味がある。
 もぐもぐ。うん、鮑と昆布はイケる味だな。
 あ、信長ちゃんにはお酒は二ミリリットルぐらいでいいからね。頼むよ。

 つつがなく儀式が終わったので勝どきをあげる。
「いざ、戦さ場に向かうのじゃ。織田備後(びんご)(信秀)を打ち負かすぞ。えい! えいっ!」
「おおおおおおーっ!」と、信長ちゃんの掛け声に総勢で応える。
 我が那古野勢の士気は最高潮でいい雰囲気だ。

 ◆天文十四年(一五四五年)八月上旬 尾張国 那古野近郊

 試し戦の前に、改良型火縄銃の試射を、信パパに見せることになっている。火縄銃の観閲(かんえつ)のために、大至急で鉄砲鍛治の国友善兵衛を、近江から招聘(しょうへい)して、急ピッチに銃の改良をしてもらっていたのだ。
 信長ちゃんの鉄砲隊が、強力な戦力になり得ることを、信パパ以下の織田家の面々に見せつけるため。
 成功すれば、家中での信長ちゃんの地位は飛躍的に高まるはず。

 試射の準備ができたようだ。射手は信長ちゃん、橋本一巴、そしておれ。
 それぞれの射手に、助手が四人が付いている。射手は撃つたびに鉄砲を助手に手渡し、掃除や弾の装填が終わっている助手から、新たな鉄砲を受け取る。
 今日は射手が一人につき、助手四人と鉄砲四丁の組み合わせ。
 射手が入れ替わっての三段撃ちには、射撃、掃除、弾ごめの全スキルが必要だ。入れ替わる場所や労力を考えたら、あり得ないだろう。

 半町(五五メートル)ほど先に、射撃の的代わりの鎧が各射手の前にセットしてある。
 なに。止まっているものを撃つならば簡単だ。練習通りに撃てば問題ないだろう。
 信パパは先日の謁見時と違って朗らかな笑顔。信長ちゃんの様子は? ――うん、大丈夫。ニコっと笑い返してきた。余裕もかなりありそうだ。助手たちも、撃ち方の準備ができている。

 赤地で白い縁取りの鉄砲隊専用マントで揃えた三名で、信パパに対し一礼をする。
 射撃準備完了。さあ、いくぞ。
 信パパ、そして古渡勢の度肝を抜いてやる。

「放てッ!」
 バアアン!
「放てッ!」
 ババアン!
「放てッ!」
 バアン!

 七秒間隔ぐらいで撃てているだろうか。
 あたりに白煙がたちこめ、硝煙の香りが漂う。
 だが、構わず三人で撃ちまくる。
「放てッ!」
 バババアアン!

 牛一、しっかり書いておいてくれ。鉄砲戦術が変わった歴史的瞬間だぞ。
 尾張の虎、しっかり見ておけ。これが貴様の娘の実力だ!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み