きみの町

文字数 427文字

長生きをするのが幸せならば、なに不
自由なく、私は孤独に飲み込まれて死
 んでしまいたい。

成功より願望を抱いたまま、日暮れ、
鉄塔に刺さる赤い雲の、流れるままに、
誰かに恋をして、ただ。

 誰かを想いながら、愛される夢の中
で、星、炎が淡く揺れるように、狭い
箱の中で、目を閉じる。

きみは成長していく。きみは成長して
いる。きみは成長していく。きみは成
長している。

人を愛するということは、自分を愛す
るということだ。夕日がまぶしい町の
 片隅で祈りたい。

 否定することのない巨大な岩石のよ
うにその足元には無数の命が輝いてい
るはずだから。

 きみの生まれた町。
 きみに出会った町。
 きみと成長した町。

「結婚したら大きな庭があって、そこ
でみんなとお月見でもできるのなら、
それがきっと幸せだと思う」

おとめ座の移り変わり、神々の足跡、
コウノトリ、過ぎ去っていく虚勢、純
粋な野良犬、汗を流す農夫。

本の間に挟んだ栞に染み付いた埃の匂
いが懐かしく、今夜は久しぶりに夜空
 を眺めて映画を見て。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み