158

エピソード文字数 1,103文字

 ◇

 ――どれくらい眠っていたのだろう。

 意識を取り戻すと、そこは病室だった。
 あたしはパジャマ姿で、側には母が寄り添い、手を握り締めていた。

「紗紅……紗紅……。よかった……気がついたのね。本当に……よかった」

 母は声を上げ号泣した。

「……母さん……あたし……」

 ――あたしはずっと……
 瓦礫の下に……?

 だとしたら……
 これが……現実世界……。

「1週間前に埠頭で原因不明の陥没事故が起きたの。深さ10メートルもの巨大な穴の中に倉庫が崩れ落ち、多数の死傷者が出たのよ」

 ――あの忌まわしい記憶が脳裏に蘇る。

 あの夜、あたし達は月華に拉致され暴行を受けた……。

 倉庫の中には、瀕死の状態で美濃が横たわっていた……。

「……母さん!美濃は!美濃も倉庫にいたんだ。美濃は助かったんだよね!」

 母は泣きながら、首を左右に振る。

「美濃は……今も行方不明なのよ。遺体も発見されていないわ。もしもあの場所にいたのなら、生存の可能性は極めて低いそうよ……」

「……そんな」

 あたしはベッドの上で、母と一緒に声を上げて泣いた。

 ――美濃を殺したのは、あたしだ。
 あたしが、美濃を殺した。

 母は当時の事故現場の様子を話してくれた。あの事故で、対立していたあざみも月華のメンバーも、雷竜会の男達も死んでしまったと理解したが、心のどこかで、喜与(きよ)那知(なち)璃乃(りの)は逃げ延び生きていると信じていた。

 何故なら……
 母は3人のことを、何も話さなかったからだ。

 陥没直前に3人が逃げ延びたなら……
 美濃も……一緒に逃げたのかもしれない。

 ――そして……
 信也も…………。

 検査の結果、あたしは軽い気道熱傷を起こしていたものの大きな外傷もなく、1週間もの間、どうして発見されなかったのか、火災も起きなかったのにどうして気道熱傷を起こしているのか、医師は大層不思議がったが、その原因が夢で見た本能寺の火災と結びつくことはなかった。

 頭は混乱し、本能寺で生き別れた信長の声が、今も鼓膜から離れない。

 ――とてもリアルな……
 夢だった……。

「あなたに伺いたいことがあります。
 実はあの事故で意識不明となった重症患者が1人いるのですが、先ほど意識を取り戻しました。
 事故のショックから錯乱し、意識障害を起こしていて、自分の名前も住所もわからないのです。生存者はあなたしかいないため、面会していただけませんか?」

 男性が1人……
 生きている!?

 あの時、現場にいた男は……
 雷竜会の2人と、信也……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み