51

エピソード文字数 744文字

 光秀は納得した上で、小見の方にこう申し出た。

「叔母上様、この者の指南役を務める前に、帰蝶に逢わせては下さらぬか」

「わかり申した。光秀、ついてくるがよい」

 光秀は私にも同席するようにと命じた。
 離れの屋敷には家臣も侍女も立ち入ることは禁じられ、帰蝶はひっそりと病に伏せていた。

 そこには数名のお(さじ)(医師)が付き添い、その容態を見守っていた。

 光秀は帰蝶の痩せ細った手を握り、声を震わせた。

「帰蝶……わしじゃ。光秀じゃ。わかるか?」

 帰蝶の呼吸は浅く唇は紫色に染まり、光秀の言葉に反応することはなかった。

「なんと……お(いたわ)しい」

 光秀は帰蝶の手を握り締めたまま、涙を溢した。従兄弟でありながら、光秀の心は帰蝶への想いで溢れている。

 その様子を目の当たりにし、光秀が帰蝶に深い情愛を抱いていると感じた。

 ――その日から、小見の方に代わり、光秀に学問や織田信長の人となりを教わった。

 織田信長が清洲城下に数騎で火を放った話や、松平竹千代(徳川家康)と幼少期を過ごした話。

 奇妙な行動も多いが、身分に拘らず民と戯れていたことも。

 気性は激しく時に激昂し、家臣の忠言耳に逆らう。

 私が嫁ぐ織田信長は、天下を納めた名高き戦国武将ではなく、最悪な男性のようだ。

「信長は天文3年皐月の生まれと聞いた。帰蝶より1歳年上になるが、言わずと知れた尾張国の大うつけじゃ。心して嫁ぐように。そなたは帰蝶や信長よりも年上である。決して間違うでないぞ。帰蝶は天文4年に生まれたのだ。よいな」

 信長は天文3年皐月(5月)の生まれ……。
 今は、天文17年睦月(1月)

 と、いうことは……。
 信長は今年の誕生日で……15歳!?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み