Dr.ニコルの検死FILE

エピソードの総文字数=1,949文字

 カツ、コ、コツ……、カツ、ココッ、カツ……。
 暗闇に支配されたイースト・エンドの街角に、女性の不規則な足音が響き渡る。
 ここは十九世紀のロンドン。
 霧の都というその名の通り、あたりにはにわかに霧が立ち込め始めていた。
「ったく。なかなかお客が見つからない上に、今度は霧ときたもんだ。ついてないねぇ……」
 厚めの化粧に、ところどころツギハギのついた安っぽいドレス。そして、右手には栓の開いたドライ・ジン。そんないかにも娼婦を絵に描いたような女性が、かくも寒々しい場所で、一人恨めしげにぼやき声を上げていた。
「やってられないよ、まったく……」
 いや、ぼやくのも無理からぬことだろう。
 なにせ季節はすでに秋も深まり、もうすぐ冬が訪れようかという頃合。おかげで夜更けの冷え込みようは殊更厳しいところだった。その上、夜霧まで出始めたともなれば、その冷え込みはなお一層のこと。これで客となるような男でも見つかればまだマシとも思えるのだろうが、その気配もいまだほぼ皆無となれば、憂さも溜まる一方というものである。
 だからこそ次の瞬間には、その溜まった鬱憤を晴らさんとばかりに、手にしていたドライ・ジンの瓶を口元へと運び、ぐいっと傾けていたのだ。
「んっく、んっく、んっく……、プハァーッ!」
 ただ、傾けた過ぎたせいか、口の端からはジンが一筋、顎先を伝って、路上へボタボタとこぼれ落ちていく始末だった。
 しかし、そんなことなどお構いなしの酔っ払い女。さして慌てることもなく、手馴れた調子でその濡れた口元をぐいっと拭うや、
「客になりそうな男でもいないもんかねぇ……」
 酒気とともに愚痴をぶちぶちこぼしながらも、また覚束ない足取りで歩き始めていた。
 カツ、コ、コツ……。
 ガス灯もまばらな夜の路地裏に再び鳴り響き出した、娼婦の千鳥足が奏でる酔いどれのリズム。その変拍子の独奏を、止めるものはなにもなかった。なぜならイースト・エンドの中でも、ここいら一帯は特に寂れたホワイトチャペル地区。こんな夜分にこの女の足音以外、他になにも聞こえてくるものなどなかったからだ。
 おかげで酔いにまかせた女の足取りは、留まることを知らず、人気のない通りもこのまま一気に通り抜けるかに思われた──が、その時、
 カツンッ!
 それまで不規則なリズムを刻んでいたヒールの音が、突如ピタリと止んだ。
 そして、ビルの物陰になにかを見つけたのか、
「そ、そこにいるのは誰だい! ま、まさか、噂の切り裂きジャックじゃないだろうね!?」
 その酔いの勢いを駆った怒鳴り声で、物陰の奥へとがなり散らしていた。
 だが、しばらく反応を見るも、答える者など誰も無し。
 ゆえに、このままだんまりを決め込んでいてもしょうがないと、娼婦もやむなく意を決したのだろう。やがて、ごくり唾を飲み込んで、恐るおそる右足を一歩踏み出していた。
 だんだんと暗闇に慣れる眼。
 ドクドクと、早鐘の如く打つ心臓。
 緊張の糸がピーンと張り詰める。
 しかし物陰の中を確認するや、途端そんな緊張など何処へやら。重っ苦しい空気は、跡形もなく一気に霧散していた。
「なんだい。おどかすんじゃないよ、アイリーン」
 なにしろそこに見つけたのは、見知った同業の顔だったから。
 赤いドレスを身にまとい、酔いつぶれたのか、路上で眠りこけている女性の姿があるだけだった。
 おかげでホッと安堵の溜め息を漏らす娼婦。
「こんなところで寝てると、風邪ひくよ」
 景気づけとばかりに、まだ微かに震える手でジンを無造作にあおった。
 ただ、またもや傾けた勢いが強すぎたのか、はたまた震える手が悪かったのか、女の口元からはジンが無数の筋を立て、顎先からぼたぼたと音を立ててこぼれ落ちていた。
 いや、ジンがこぼれたのは、そのどちらのせいでもなかった。
 微かな震えは、いつしか大きな震えへと変わり、
「ひっ!!」
 短い叫び声を上げて、娼婦が一歩後ずさっていた。
 そう。たしかに物陰でうずくまっていたのは、間違いなく同業の女だった。ただし、その身体は無残にも無数の傷を刻み込まれ、元は白地であったであろう絹のドレスも、ところどころ引き裂かれた挙句、その血で真っ赤に染め上げられていたのだ。
 焦点の定まらぬ眼はしっかと見開かれ、力なく垂れ下がった腕からは、ポタリポタリと血が滴り落ちている。まさしく生気の感じられない、厳然たる死の姿がそこにあった。
 そんな目の前の惨状に、娼婦はぺたんとへたり込まずにはいられなかった。
 そして一瞬の静寂の後、
「きゃぁぁぁぁぁぁあ!!」
 甲高い、絹を引き裂くような叫び声が、闇夜のイースト・エンドに遠く響き渡っていった。

TOP