96

エピソード文字数 808文字

【美濃side】

 明智城から落ち延びた私は、光秀に与えられた小さな屋敷で、ひっそりと暮らしていた。

 その屋敷に光秀は頻繁に足を運び、長い時を過ごすようになったが、永住することはなかった。

 世間知らずの私は、光秀と情を交わすようになり、光秀には長年連れ添った妻と子があることを知る。

 光秀は妻子の存在を隠していたことを詫びたが、私は光秀を責めることはしなかった。

 私に光秀を責める資格はなかったからだ。

 私は織田信長の正室。
 身分を偽っているものの、夫のある身。

(頭を上げて下さい。どうか、奥方様の元にお戻り下さい)

「帰蝶……。織田家の家臣が帰蝶が落ち延びたことを薄々感付いておる。あまり長居をしては、この屋敷のことを気付かれるやもしれぬ。一緒にいてやれぬが、許してくれ」

(……はい)

 私は妻子のもとに帰る光秀を見送る。強がってはいるものの、胸中は寂しくてたまらなかった。

 ――それから数年の時が流れた。
 明智城で離れ離れとなっていた多恵が、光秀を通じて私の元へと訪ねてきた。

「帰蝶様!?ああ、よくぞ……ご無事で……!」

 多恵は私の手を取り号泣した。

(多恵こそ、よくぞ無事で。息災であったか)

「はい。明智城を命からがら逃げ延び、織田家に舞い戻り、吉乃様の侍女として奉公しておりましたが、帰蝶様が生きておられるのではないかとのお噂を聞き、お暇をいただき明智光秀殿の元を尋ねた次第でございます」

(わらわが生きておると……)

「はい。明智城にてご遺体が発見されなかったゆえ、織田家の家臣が躍起になって、帰蝶様を捜しております」

(……そうか)

「実は、御殿様の側室であられる吉乃様が徳姫様出産後、産後の肥立ちが悪く、御殿様は自ら生駒屋敷に赴き、小牧御殿に移り住まわせ足繁く見舞っておられます」

 私は側室である吉乃が重症であると聞き、心が痛んだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み