解き放て!

エピソード文字数 1,068文字

 アレックスは私の後ろへゆっくりと廻り込んだ。
 
「1番の頭を打ち抜くことだけを考えるんだ。いいな」

      *

 まだ、この場には誰も来ていない。
 彼だけが教官として付き合ってくれている。

「まずは構えを確認しよう」

 彼の言葉に黙ってうなづく。



 対象(ターゲット)を正面に見るように立ってから、右足を半歩引く。
 先端を支える左手は伸ばし過ぎず、やや肘にゆとりを持たせる。

「左肘はもう少し曲げた方が良い。反動(フォロースルー)に備えるんだ」

 右手でグリップを握り、左肩越しに狙いを定める。

「もっと脇を締めろ。脇が甘いと狙ったポイントが外側にずれるぞ」



 一連の動作を始めから繰り返す。

「グリップを強く握り過ぎると、体全体に力が入ってしまう」

「そう、いい感じだ。上半身をもう少し起こして」

「左手はしっかりホールドした方が良いかもしれないな」

 自分でもしっくりくるようになった頃、アレックスに肩を叩かれた。

「それじゃ、本番だ」



 並べ終えると彼が離れた。
 再び廻り込んで、私の左後方に立つ。
 視界に入らないよう、配慮してくれたのだろう。

 練習の通り、一つずつチェックしながら構えていく。
 顔を上げると【1】と書かれた文字が迫って来るかのように見えた。

「いいか、ターゲットが動くことはないんだ。落ち着け」

 見透かされているかのように、アレックスからのアドバイスが聞こえる。
 そうだ、向こうは動かない。
 大丈夫。出来る。
 狙いを定めていく。

 駄目だ。
 緊張してグリップを持つ右手が小刻みに震えている。
 いったん構えを解いて一歩下がり、大きく息を吸った。

「時間はあるから。気にするな」

 彼の声を合図に、もう一度構えに入る。

「1番を見るな。狙いさえ合っていれば必ず当たる」

 構えたままうなづき、手前のポイントへ視線を移した。
 グリップを握る右手の人差し指を伸ばす。

 いけーっ!







 カーンッ!

 乾いた音が響く。
 固まっていた色とりどりのボールが緑のラシャの上を一気に散っていく。

「いいショットっだったな。7番も落としたし」

 キューを突くとき、人差し指を浮かせ気味にすると余分な力が入らない。
 そう教えてくれたアレックスの言葉通りだった。
 苦手にしているのを見かねて助けてくれた、彼に感謝しなくては。

 あの音、ボールが散る様こそ、ブレイクショットの醍醐味だ。
 んー、カ・イ・カ・ン。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

「対象(ターゲット)」より


 失敗は許されない。

「その時」まで、あと五分。

 やるしかない。

「風に吹かれて」より


「ふふふ。どうかなぁ」笑ってはぐらかす。

 いつも、そう。

「お楽しみはこれからだ!」より


さぁ、これから何が始まる?

初めての体験は……。


BL? 性描写あり? ぜひ、その目で確かめてください。

「モンスターへ乾杯!」より

あるモンスターハンターの独白


2×××年、今年もモンスターたちを一斉捕獲する時期がやって来た。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み