第五十幕!オホーツクの奇跡

文字数 11,357文字

全身に激しい痛みが襲いかかる。真冬の凍てつく海の中は、空間そのものが凶器である。身体のありとあらゆるものが凍りつき、いつの間にか死んでいるのではないだろうと思い込まされてもおかしくはない。
海は思いのほか深く、泳げない俺にとっては酷でしかない。そもそも海に飛び込むまで、自分がカナヅチだと言うことを忘れていた。なんと間抜けな話なのだろうか。
海水が目に染みる。それに耐えながら、目を開けてあたりを見回した。まだ日が昇りきっておらず仄暗い。だけども全く見えないわけではなかった。
ふと上を見上げると、氷が流れてきて水面を覆い始めた。早くサクを助けださねば閉じ込められる。できないクロールを頑張りながら海底へと進んだ。
底までたどり着いたがサクの姿が見当たらない。もしかしたら、自力で脱出したのだろうか。サクであればやれないこともなさそうだ。息も少しずつ苦しくなってくる。とりあえず海面まで上がって呼吸を確保しようとしたその時、岩の隙間にまるで固定されるかのように挟まるサクの姿があった。
もう一度上を確認すると、氷がいつの間にか海面を覆い尽くしている。俺は呼吸を諦め、一気にサクの元まで泳いだ。そして持っていた短刀で彼を縛るロープを切ろうとする。しかし、思うようにロープが切れてくれない。苦戦しているうちに窒息しそうになり、意を決してロープを思い切り引っ張ると短剣を勢いよく振り切った。
人間は必死になった時、予想以上の力を発揮するものである。サクの足を締め付けていた重り付きのロープは、見事に真っ二つに切れた。
俺は、サクを岩場から引きずり出したが、あまりにも強引だったため、彼は多少の切り傷と打撲を負った。申し訳なかったが、そうでもしなくては2人して魚の餌になっていただろう。彼を背負うと、海面に向かって泳ごうとした。
しかし、身体が思うように動かない。元々泳げないことに加えての度重なる戦いでの疲弊、それからこの極寒の海の寒気にやられて身体がおかしくなっているのだろうか。足がまるで棒であって、機能を果たそうとしてくれないのだ。
息苦しさもピークに達していた。もがきにもがいたが、ふとした瞬間に意識を失う。





「ここはどこだ...。」


海の中にいたはずだが、目の前に広がる光景は原っぱである。雪は降っていないが少しだけ肌寒い。周囲を見渡してわかったがここは帯広だ。それにしても、なぜこんなところにいるのだろうか。とりあえず見覚えのある道があったので、AIMの本部まで向かうことに決めた。
歩き始めること数分、隣を一台の自転車が通り過ぎていく。学生カップルが、仲良さそうに2ケツをしていた。ふと俺は、昔カップルに嫉妬して2ケツしている場面を見つけたら警察に通報して、罰金を取らせて楽しんでいたことを思い出した。今思えば情けない男であった。
そんなことを考えていると、カップルは自転車を止めて土手へと降りていく。俺は、さりげなく横目で彼らを見る。女性に方は、色白で垢抜けていて綺麗系の絶対にモテるタイプの美人。紗宙に瓜二つである。そして男性の方は...。
顔を見た瞬間に驚いた。その男は紛れもなくサクであった。サクも同じく海の中にいたのでは...。
いや、それ以上に彼の顔は、俺の知っているサクの数倍若々しい。ここで、俺の中で何かが繋がった。
きっとこれは、サクの記憶の中なのだ。なぜ俺がここにいるかはわからないが、とりあえず彼の記憶の中にいることは確かだ。どうにかしてここから出なければと考えたが、夢からの覚め方など誰にもわからない。諦めてしばらく彼の記憶を追いかけることにした。
高校生のサクは、紗宙に似た女性と熱いキスを交わしている。多分この女性が、例のミナなのだろう。俺は、自分ができなかった制服デートというものを見せつけられて、若干イラつきを覚えていた。
サクは、俺がここにいるのにも関わらず、ミナの制服のボタンを外して中に手を入れ始める。俺は頭にきて、つい声をかけてしまった。


「おいサク!助けに来たぞ!!」


しかし、こちらには気づいていないようだった。俺は思い切って彼らに近づき、そこで再び声をかけた。だが、反応は一切ない。
もしかしたら、俺の姿が見えていないのだろうか。思い切ってサクの肩を叩いた。すると案の定、手はすり抜けてしまい、俺の存在は彼には届かなかった。
そしてすり抜けたと思ったら、今度はどこかの学校の校舎の屋上に来ていた。景色がものすごく綺麗な場所で、帯広の街だけではなく十勝平野まで見渡すことができた。これもサクの記憶の一部なのだろうか。
そうこうしている間に階段へ続くであろう扉が開いた。入ってきたのはサクだ。彼は、俺の真横を通り過ぎると、フェンスに手をかけて広大な景色を一望している。しかし、その手はなぜか震えていた。
彼に理由を尋ねたいところだがきっと声は届かないだろう。すると扉がまた開き、今度はミナが入ってきた。相変わらず紗宙そっくりだ。
サクは、なんかもじもじしながら彼女と話している。近づいて聞いてみると、どうやらこれは彼がミナに告白した日の記憶だ。時系列が違ったので内容を把握するのが大変だった。
この後も俺は、サクから思い出話を聞かされているかのように彼の記憶を旅した。父であるイソンノアシとの思い出。先生との出会い。ミナと過ごした日々。札幌の夜景を見ながら、彼女にプロポーズをした思い出。
俺の知らなかった彼をたくさん知ることができた。
そして場面は野山へと移る。サクとミナは成長して大人になっていた。見た目は俺の知っているサクとほぼ同じ。ただ少し違うとすれば、この時の彼の目の色や雰囲気は、今と違って凄く暖かかった。
2人は、木陰で楽しそうにお弁当を食べている。本当に仲睦まじく羨ましい限りであり、ひねくれ者の俺でも、彼の記憶に寄り添っているうちにいつの間にか彼らを応援したくなってしまっていて驚きだ。だが、そんな輝かしい時間も突然終わりを迎えることになった。
AIMの兵士らが彼らを連行して行ったのだ。きっとあれは、彼の叔父であるエシャラの手先だろう。
この後の展開は、紗宙から聞いていたため知っている。あまりにも残酷な結末を思い出し、ここでこの映画を打ち切ってくれと叫びたかった。だが場面は容赦無く切り替わる。
帯広のAIM司令部。エシャラの前に引きずり出されたサクは、配下の兵隊によってボコボコにされた。それから、憎き松前大坊の登場だ。ミナを人質に取って、サクに無理難題を突きつけていた。
サクは、ミナを守るために民族の誇りを捨てると言った。それに対してミナは激怒。松前の股間を蹴っ飛ばして抵抗の意を示した。結果、松前の配下の手で顔の原型がわからなくなるまで殴る蹴るの暴行を受け、そして松前によって顔を踏みつぶされて命を落とした。
サクは泣いていた。松前は、彼や彼の父、ミナ、アイヌのことを馬鹿にするような発言をしながらあざ笑っている。俺は、当事者でもなんでもないのに目から涙が溢れ出て、松前に対して憎悪の念を抱いた。
記憶を見させられた俺ですらこうなってしまったのだ。サクが、松前および和人に対して抱いた恨みや憎悪は計り知れない。俺は目から溢れ出る涙をぬぐい、地面に這いつくばるサクを見た。
そこにいたのは、心に闇を抱き、どこか表情に悪意がにじみ出ていた俺の知っているサクだった。
その後の記憶も壮絶だ。
彼は、ミナを殺された恨みを晴らすかの如く、官軍に対しては時に残忍に、そして時には卑怯な策略も使いながら戦争を戦った。だけども、札幌官軍は強く、次第にAIMは追い詰められていく。
しかし、俺がそれ以上に悲しかったことは、ミナの霊の存在だった。
記憶を旅している俺には見える。ミナの霊がサクのそばでいつも彼に語りかけていた。


『サク、もう人殺しはやめて。』


届く筈が無いのに懸命に...。


サクは、相変わらず和人に対しては厳しかった。遠征先で和人を見つけると、スパイの容疑をかけてヒグマの餌にしたり、新兵器を作る時の実験体にしたり、俺顔負けの残忍な行為を連発していた。
ミナが殺されてから、人が変わりはててしまったようだ。そんな彼の姿を見ていると、どこか自分を見ているかのようで悲しくなった。
きっと俺の残忍なところも、社会への恨みという部分も大きいのだろうか...。





あっという間に記憶の階段を駆け下り、登場人物に俺や紗宙が出てくる。
サクは、紗宙にミナの姿を投影して好意を抱いていた。それ故に、紗宙と付き合っている俺に対して、まるで和人の代表を見るかのように憎悪を浮かべていた。
いつの間にか、恨むべき相手が官軍ではなく俺になっていたのだ。そして挙げ句の果てに、見栄を張って騎兵隊に敗北。信頼していた部下を自分のせいで死なせてしまう。
己の愚かさに気づいた彼は一騎で北見に戻り、少女や灯恵を助け出した。しかし、彼自身は騎兵隊にされるがままに痛めつけられて拉致された。
そこで記憶の旅は最終局面を迎える。
岬の先端で立たされたサクは、最後まで紗宙の為にどうしたら良いのかを考えていた。そして、彼女が殺したように見せかけて自ら海へと身を投げる。彼女と紋別市民の命を守る為に...。





彼が海へ落ちた瞬間、俺の目の前は真っ暗になった。
暗闇の中を1人手探りで前へ進む。すると目の前に紗宙が現れた。
いや、違う。ミナである。


「私のことが見えているようね。」


「俺のことがわかるのか。」


「ええ。この記憶の世界にあなたを引き込んだのは私なのだから。」


不思議に思い、彼女に尋ねる。


「なぜあいつの記憶なんて見せたんだ?」


「あなたしか、彼を救えないと考えたから。」


俺は首を横に振る。


「いや、ダメだ。もう動くことすらままならない。きっと死んでしまったから、あんたが見えるんだ。」


ミナは強めの口調で言う。


「まだ死んでない!お願い、サクを助けて!」


「どうやって?」


「あなたはまだ泳げる。一度全身の力を抜いて冷静になるの。そして、ここぞってタイミングで、思い切り海面へ向かって地面を蹴って。あとはがむしゃらにクロールすれば地上へ出れる。」


「しかし、海面は凍りついていて出られない。」


「もう朝日が昇ってきてる。きっと氷が溶けて薄くなっている場所がある筈。そこを狙うのよ。」


「しかし...。」


するとミナは言う。


「大切な人と約束したんでしょ?」


そこで俺は、紗宙のことを思い出す。そうだ、彼女に生きて帰ると約束したんだ。限界を超えた精神と肉体に、少しだけ力が湧いたような気がした。


「ミナ、ありがとう。俺はあと少しで、彼女との約束を破るところだった。」


するとミナは、首を優しく縦に振った。


「そうと決まれば、泳ぐしか無いね。」


「ああ、わかったよ。俺はまだ死ねない。」


「そうでなくっちゃ。」


すると、ミナの身体が徐々に消失していくのがわかった。


「いなくなるのか?」


「ええ、もう私の役目は終わったみたい。」


「サクのこれからを見届けなくていいのか?」


「大丈夫!彼には、あなた方の革命団やAIMの仲間たちがついてるから!」


俺は、自然と目に涙が溢れていた。この旅を始めてから泣いたのはこれで何回めだろうか。
彼女は、付け足すように言う。


「それに、彼は必ず幸せになれる。」


そして彼女は、一呼吸置くとにっこり微笑む。


「だって、私が選んだ婚約者なんだから。」


目に溜まっていた涙が堰を切ったようにこぼれ落ちる。俺は、震えを抑えながらゆっくり言葉を絞り出した。


「そうだな...。俺が必ずサクを助け出すよ。」


彼女の表情から力が抜けた。


「それが聞けて安心した。」


そんな彼女に聞いてみる。


「ミナ、サクへ何か伝えることはあるか?」


彼女は、言葉を選んでいるようだが、少し間を空けてから口を開く。


「そうね。じゃあ一言。」


ミナは、俺の耳元でそれを呟くと目の前から姿を消した。周りはいつの間にか真っ黒から真っ白に変わっている。
俺は、その空間でしばらくサクのことを考えていた。そして、再びオホーツク海からの脱出の決意を固めるのだった。





次第に息が苦しくなってくる。目を開けると、再び厳しい自然という現実が立ちはだかった。
ミナに言われた通り、冷静になって身体の力を抜き、ここぞというタイミングで思い切り地面を蹴って海面まで泳いだ。
窒息死までは時間の問題だ。俺は、無我夢中で海面の氷の薄い部分を探す。時間がない。海水で痛む目をこじ開けながら、生にしがみつくかのように血眼になって探す。
そしてついに、明らかに薄そうな氷を発見した。しかし薄いとは言え、押したくらいでは破れそうにない。俺は拳を潰す覚悟で何度も氷をぶん殴った。薄いヒビを入れたが、割れる前に拳が壊れてしまった。手が思うように動かない。しかし急がなければ、俺もサクも沈没船になってしまう。俺は、意を決して氷に頭突きをした。おそらく人生で一番死に物狂いで行動をしている。何度も、また何度も頭突きをした。
目の前に赤い液体が浮かんでいる。寒さで気付かなかったが額から出血していた。頭蓋骨が割れてしまったのか、そんなことは関係ない。痛みを堪えて、無我夢中に氷に頭突きを繰り返す。体力も何もかもが限界だった。
そして、ついに氷を打ち破ることに成功する。あとは這い上がるだけである。持てる限りの力で流氷にしがみついた。数分しか潜っていないのに、竜宮城から帰ってきた気分だ。
外気は、水の中よりも冷たく感じる。濡れた俺の顔へ、オホーツクの寒風が容赦なく吹き荒れた。 誰か助けてくれ、そう泣き叫びたいくらいだ。
最後の力を振り絞ってサクを流氷の上に押し上げたが、俺は以前として半身が海の中である。神々しい朝日がオホーツク、それから道東の大地を照らし出しだす。まるで暴虐な神々が滅び、本来の神々が戻ってきたかのようだ。
そんなこと考えてる暇があるなら大丈夫。きっと誰もがそう思うはずだろう。だが、それは違う。そんなことを考えていないと、現実を見た瞬間ショック死してしまうかもしれない。そんな状況なのだ。 せっかく呼吸ができるのに生きた心地が全くしない。腕の力が抜けていき、凍傷による痛みすら曖昧だ。
日差しが俺を照らし上げる。ああ、俺は天国へ行くのか。
だが、こんな状況であっても、紗宙のことを考えたら死ぬことなんて考えられない。周りを見渡たすと、海岸までそこそこ距離がある。
こんな時、先生ならどうするのだろうか。まず、泳いで海岸まで向かう力が残っていない。それどころか、氷の上に自分を持ち上げる力すらない。流氷をビート板がわりに泳ぐなんて到底できないだろう。助けを呼ぼうにも寒くて大きな声が出せない。出たとしても海岸に届きそうにない。居場所を知らせる為に旗でも振りたいところだがそんなものは持っていない。
どうすれば良いのか。不安に押しつぶされそうになると、頭の中に紗宙の顔が浮かんでくる。彼女にまた会いたい。そう考えると、死にそうな自分を励ますことができた。
しかし、いくら精神的に頑張ったところで物理的に無理がある。手の力が抜けきった俺は、極寒の海という絶望に飲み込まれそうになる。
でも、神はまだ俺を見捨ててはいなかった。俺の力尽きた腕を誰かが掴むと、俺は流氷の上へと引きずりだされた。太陽が流氷とオホーツク海を照らし出す。
顔を上げるとそこに座っていたのは、俺がついこの間まで憎んでいた男。そう、イソンノアシの息子、サクだった。
彼は、精一杯の声で言う。


「これでおあいこだな。」


相変わらず皮肉な野郎だ。しかし、俺の顔には自然と笑みが浮かんでいた。
それは彼も同じだ。


「サク、ありがとう。」


「何が??」


「助けてくれて。それに灯恵や紗宙のことも。」


サクは照れ隠しなのかツンツンしている。


「別にお礼なんていいよ。困ってた人がいたから助けただけだ!」


「身体は大丈夫なのか?」


「おう、大丈夫。多分な。」


俺は、彼といつのまにか普通に会話ができるようになっていた。しかし、2人とも全身びしょ濡れで凍え死ぬ寸前である。


「なあ蒼。救ってくれてありがとな。お前への恩は一生忘れない。」


俺は、首を横に振る。


「お礼を言うならミナに言え。彼女のおかげで今があるようなもんだろ。」


サクの目が鋭くなる。


「どう言うことだよ?」


「海の中で気を失った時、ミナに会ったんだ。」


彼は驚いていた。


「なんだって!どうして?」


「わからん。ただ彼女は、戦いや殺しに明け暮れて心が荒んでいくお前を止めようと、いつも必死に叫んでいた。もしかしたら、その想いに俺が引き寄せられたのかもしれないな。」


サクは、汚れきった自分の拳を見つめた。


「彼女は、サクをよろしく頼むと俺に言った。そして、海底から上がってくる方法を教えてくれた。彼女がいなかったら、俺とお前は今頃魚の餌だ。」


「ミナがお前に...。」


「そして彼女は最後に言った。」


彼は俺の顔を見る。


「サクに伝えて欲しい、『今でも大好きです』って。」


サクは俯いていた。そして、極寒の海に浮かぶ流氷の上で号泣する。
彼は、こぼれ出すようにぼやいていた。


「ミナ....ミナ......。本当に....ごめん....。」


俺も腫れ上がる手足の痛みや頭の傷のことなど一切忘れて感傷に浸った。


「蒼、迷惑ばかりかけてごめん。俺が悪かった。ごめん。」


「もう忘れたよ。そんなこと。これからは友達だろ。」


彼は、泣きながら頷いていた。
極寒の世界に差す日差し。この環境は、現実という世界の厳しさと、その中に存在する微かな優しさを映し出しているようだ。
ある程度気持ちが落ち着いた頃、重い腰を上げて立ち上がろうと踏ん張った。


「そろそろ行くか。」


「その身体で、どうやって岸まで行くってんだよ。」


「守りたい約束があるんだ。こんな氷の上で待っていても助かる可能性は低い。だったら無茶してでも俺は泳ぐ。」


「紗宙との約束か?」


「ああ。」


するとサクは、いきなり海に飛び込んだ。


「一緒に泳ごうぜ。2人なら怖くないだろ。」


俺も転げ落ちるように海へと飛び込む。それから、流氷を掴んで水面に顔を出す。


「怖くなんてねえよ。」


サクは笑っている。その顔を見て、彼が変わったことを実感した。彼の目は、ミナが生きていた頃のように優しく、そしてこれまで以上に強さを秘めていた。
俺とサクは、流氷に上手いことつかまりながら、凍りつく寸前の身体を引きずるように海岸へと向かった。





俺たちは、寒さで生きた心地がしなかった。流れる氷に時々押し流されながらも、ようやく砂浜へ到着することができた。
刃物のような寒風が吹きすさぶ砂地に2人して膝をつく。全身の感覚をすでに失い、もう歩く気力すらも失いかけていた寒さのあまりに震えて声が出ない。俺は俯きながら、その場に倒れこみそうになった。
その時、誰かが俺を優しく包み込む。暖かく、まるで天国に持っていかれるかのようだ。現実世界が極寒であるため、この暖かさを天国と勘違いしても間違ってはないだろう。


「あと...少しだ...。待ってろ...紗宙...。」


俺は、包み込む暖かさに身を任せながら、入らない力を身体に入れようとしていた。
すると、耳元から声が聞こえたきた。


「待ってた...。」


紗宙の声だった。この温かいぬくもりは、彼女だったのだ。俺は、再会できたことが嬉しくて涙が流れた。彼女は、俺の背中を優しくさする。


「今回は泣かなかったよ。」


俺は、冗談混じりで聞いてみる。


「なんで?」


すると、優しい声が返ってくる。


「信じてたから。蒼は必ず約束守るって。」


とか言いながらも、涙を堪えているようだ。
そんな彼女が可愛くて癒される。


「だろ。俺は言ったことを必ず成し遂げるんだ。隣を見ろ、サクも生きている。」


サクは、恥ずかしそうに紗宙から目をそらす。


「サク...。」


その瞬間、堪えていたものが溢れ出したようだ。彼女の涙が俺の頬を濡らした。


「2人が死んだらどうしようって本当は不安だった。」


俺は、彼女に顔を埋めながら答える。


「悪かった。不安にさせて。」


サクは、照れ臭そうにそっぽを向き、素っ気なく謝る。


「さ、紗宙。ごめん。」


彼女は、横に首を振った。


「別にもういい。こうしてまた再会できたんだから。」


俺は、重い身体を回転させて彼女の顔を見た。彼女は、目が合うと強がって微笑んだ。





こんな会話をしているとどこか遠くから、結夏、カネスケ、典一の声が近づいてくる。
結夏は、息を切らしている。


「あー2人とも無事で良かった!!」


カネスケも同じだ。


「おい、2人とも大丈夫か!!」


典一は、全身に傷を負いながらも、体力的にはまだ余力がありそうだ。


「リーダー!ご無事で何よりです。」


とはいえ相当激しくやり合ったようで、返り血と生傷が目立っている。
俺は、3人対しての感謝の気持ちで一杯になる。


「みんな...。ありがとう。」


典一は、ドヤ顔をしている。


「俺たちにかかれば、こんなもんですよ。」


「さすが典一さん、って感じだったね。」


結夏に褒められて、彼はデレデレしている。
するとカネスケが言う。


「水を差すようで悪いが報告だ。松前大坊の姿が見当たらなかった。」


典一は、拳を振るわせながら言う。


「散々やっておいて逃げ出すとは卑怯な男よ。」


俺が首をサクの方へ向ける。彼の顔は曇っていた。それからカネスケの方へ向き直る。


「拳銃を貸せ。」


カネスケは、言われるがままに拳銃を渡した。それを受け取ると、サクへ差し出す。


「なんだよ?」


「まだ動けるんだろ?」


「ああ、俺はまだ動ける。」


「松前の足を滅多刺しにした。あいつは遠くまで逃げられないはずだ。」


それを聞いたサクは、俺が言いたいことを察して拳銃を受け取った。


「蒼...、ありがとう。俺の手で決着をつけてくる。」


紗宙は、心配そうな表情を浮かべる。


「大丈夫なの?」


サクは、立ち上がると彼女と向き合った。


「平気さ!なんたって今の俺には、信頼できる仲間がいるんだからな!」


俺たちは、顔を見合わせた。そんな彼にカネスケが言う。


「馬に乗れるのか?」


「もちろんだ。スノーモービルよりもそっちの方が付き合い長いぞ。」


カネスケは、そんな明るいサクを見て彼の肩に手を置いた。


「あそこの小屋に、騎兵隊が残していった馬が数頭繋いであったぜ!」


サクは、カネスケにお礼を言うとすぐさま馬小屋へと向かう。そして、慣れた手つきで馬にまたがると颯爽と小屋を出ていった。
松前が落ち延びるルートはここしかない。長く北海道で暮らしてきたサクは、自分の感を頼りに北へと馬を走らせた。





松前大坊は、付き人の兵士に担がれて紋別の町から落ち延びていた。川向川を渡りきったあたりで、付き人の兵士が倒れこむ。典一の猛攻から身体を張って松前を守り抜いたからである。今頃になって内臓が破裂したのだろうか。屈強な付き人は、そのまま紋別の土になった。
松前はなんとしてでも生き延びようと、四つん這いになりながら意地でも北を目指す。沙留まで行けば札幌行きの船が出ている。生きて必ず再起を測ろうとする彼の生命力は、まるでゴキブリのようであった。
そんな彼の前に誰かが立ちはだかる。松前は顔を上げると、奇跡が起きたかのように喜んだ。


「おお、美咲!助けに来てくれたのか!」


美咲は、冷たく吐き捨てる。


「使えない男だな。」


松前は、喜びから一転、生意気な女へ怒りを見せる。


「あ?早く助けろよ?」


「助ける気はないさ。」


「んだとこの野郎!俺を見殺しにしたことを知事が知ったら、お前はただじゃ済まされんのだぞ?」


「知事から許可を頂いている。松前大坊を助けるな、助けたらお前を見損なうってね。」


松前は、驚愕して何もいえない。美咲は彼をなお詰める。


「お前はやりすぎた。その行動が無駄にAIMを刺激したことも戦争が激化した原因の一つ。北海道の治安をめちゃめちゃにしたのは、紛れもなくお前なんだよ。」


松前は、それを聞いて発狂。


「俺は、お前なんかよりも才能がある、コミュ力も実力も強さも何もかもだ。俺が何をしても悪くはない。そうだろ?なあ?」


美咲は、彼を見下すと冷めた目で睨んだ。


「AIMは、私が壊滅させる。お前は用済みだ。」


そう言うと彼女は、極寒の雪原に松前を置き去りにして立ち去ろうとする。
背後から、松前の怒号が響く。


「絶対生き延びてやる!そしてお前を拉致して、頭がラリるまで強姦して屈服させてやる!!」


美咲は、立ち止まると高らかに笑う。


「ハハハハ、もう会うことはないさ。なんとでも言え。」


そして、彼女はスノーモービルにまたがり、雪原の果てへと姿を消した。
松前は、悔しがって地面を何度もぶん殴った。







彼が再び前へと進み出すと、後方から馬が走る音が聞こえてくる。味方が来た。そう思った彼は、後ろを振り返り手を振った。


「おーい!ここにいるぞ!早く助けるんだ!」


だが次の瞬間、銃声が響き振っていた腕がどこかへと飛んでいった。


「ぐおおおおおおおおおおおおおおお!!!」


松前は、うめき声をあげてのたうち回る。
そこへ、1人のアイヌの青年が馬から降りて松前の後ろに立った。


「き、貴様はサク!!!!」


サクは何も言わず、松前の顔を思い切り蹴っ飛ばす。松前は、血を吹き出しながら吹っ飛び雪原へと倒れ込んだ。サクは、松前の身体に馬乗りになると、無我夢中で彼の顔面を殴り続ける。まるで鬼神にでも取り憑かれたかのように10分以上も殴り続けた。
松前は、片目を潰され、ほとんどの歯が折られた。それでも彼は、不敵な笑みを浮かべる。


「クハハハハ、いくら俺を殴ったところで、あのミナとかいう女は戻ってはこんぞ。」


サクは全ての力を込めて、松前の鼻をへし折った。松前は、気持ち悪い叫び声をあげながら鼻血を吹き出す。しかし、サクの拳も限界がきていた。松前にペンチでへし折られた小指が悲鳴をあげている。
サクは立ち上がり、松前に銃口を向ける。


「死ぬ前に言うことがあんだろ?
ミナに、そしてこの北海道を愛した全ての人間に。」


松前は、笑みを浮かべる。


「おう、あるぜ。」


サクは怒鳴りつける。


「言え!!!」


松前は、不気味な目つきを浮かべる。


「あの世でも、徹底的に陵辱してやるよ。」


そして彼は、ニヤニヤと笑った。
サクは目を見開いた。


「お前に生きる価値はねえ!!!!!!!」


銃声が響く。1発、2発、3発。
松前の顔は粉々に砕け散り、ヒグマですら食べたくなくなるような無残な姿で雪原に散った。
サクは、雪が降り積もる大地に座り込む。そして眩い太陽に向かって呟く。


「ミナ。お前の仇、討ったぞ。」


太陽の光は、冷めきったサクの心を眩く温めた。ミナの思いを受け取り、そして仇も取ったサクの顔にもう曇りは一切なかった。
しかし、北海道の戦争はまだ終わったわけではない。
彼は馬に跨ると前を向いて走り出す。もう後ろを振り返ることはないだろう。





松前大坊、北広島氷帝が死亡したことで、紋別騎兵隊は完全壊滅となった。
紋別の街は、アイトゥレと龍二の軍によって制圧されるが、町の人々の中には、まだ洗脳が解けずに反抗する者もいた。しかし、それらも時間が経つにつれて減っていく。
紋別陥落から間も無くして、網走監獄が白旗を上げる。これにより、道東全ての官軍拠点が陥落。AIMは、道東全土を勢力下に置くことに成功したのだ。
監獄に囚われていた、多くのアイヌ民族やAIM関係者は解放される。彼らは、故郷に戻る者もいたが、AIM軍への加入を志願する者も多かった。
そして、俺、サク、紗宙、カネスケ、結夏、典一の6人は、AIM軍に救出され、すぐに灯恵が入院している美幌の病院へと入院を余儀なくされた。
AIMの本拠地である帯広では、AIM軍があの紋別騎兵隊を打ち破ったこと、そして俺が極寒の海からサクを助け出し2人で生還したことが話題に上がる。
これらの出来事は、『オホーツクの奇跡』として長らく騒がれることになる。
それと同時に、AIM軍は日本最恐の軍隊を打ち破った危険な存在として、今まで以上に日本政府から目をつけられることになった。





帯広に帰る前日の夕方。俺は、西の空に沈む夕日を見つめていた。
そして思うのだった。これから何回夜が来ようとも倒れる訳にはいかない。この国を変えると言う野望を叶えるまでは...。
夕闇が、病室を徐々に覆っていった。






(第五十幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み